起業QA_bnr

第1回:ベンチャーキャピタリストだけど質問ある?

ベンチャーって、どんな感じで成長するんですか

2015/7/21
メルカリ、nanapi、カヤックなどの超有望ベンチャーへの投資を次々と成功させ、今、最も注目されるベンチャーキャピタリスト・高宮慎一氏の連載がスタート。起業家からの質問に切れ味鋭く答えていきます。まず質問を投げかけるのは、十数年のアップルでのビジネス経験を経て起業したばかりの梶原健司氏。「起業家がベンチャーキャピタリストに聞きたいこと」をすべてぶつけ、本音の回答を引き出します。

会社の価値の成長は連続的ではない

梶原:今日は貴重な機会をありがとうございます。

ビジネスパーソンとしては10年選手ではありますが、自分の事業としてはまだ何も世に出せていないので、そもそも「起業家」と自分自身を呼ぶには大変おこがましいのですが……(苦笑)、とはいえベンチャーキャピタリストとして高名な高宮さんにはお聞きしたいことがたくさんあります。

梶原健司(かじわら・けんじ) チカク社長 1976年生まれ。大学卒業後、Apple Japanに入社。ビジネスプランニング、プロダクトマーケティング、新規事業立ち上げなどに従事。2014年チカク創業

梶原健司(かじわら・けんじ)
1976年生まれ。アップルにて、iPodなどコンシューマへのセールス・マーケティング主要部門を担当後、独立。起業準備中に、執筆する「カジケンブログ」において、SNS上で話題を呼ぶ記事を複数執筆し、個人ブログとしては異例の注目を集める。その後、2014年にチカクを創業し、現在サービスの開始に向けて奮闘中

高宮:どうぞどうぞ(笑)。遠慮なく聞いてください。

梶原:では、いきなり、そもそもの話なんですが、典型的なベンチャーってどういうふうに成長していくものなんですか。起業したばかりの身としては、進むべき道の全体像を知っておきたい気持ちを持っています。

高宮:事業の進め方として、これが絶対に正しいというロードマップはありません。ただ、ベンチャーが急速かつ大きな成長を志向するものだとすると、事業そのものからのキャッシュフローを再投資するだけでなく、外部からのファイナンスの選択肢を考えておかないといけません。

その際に、ユーザー数や売上の伸びという意味での事業の成長が“連続的”なのに対して、“会社の価値の成長は連続的じゃない”ことは意識しておいたほうがよいでしょう。

梶原:ほほう! どういう意味ですか。

高宮:外部から見て会社の価値は、階段状にポコッと上がっていきます。その1個1個の階段、ガウス関数のように上っていくのが、ファイナンスをするうえで達成すべきロードマップです。
 sono1

ではどこで階段が上がるのか?