新着Pick
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スナップチャット。私の利用用途ではあまり使わないですが「一度情報を送信したら永遠に消えない」ネットの不を逆手に取ったサービスで安心感があるのでしょう。

スナップチャットで気になるのは「とはいえサーバーには残ってるんじゃないの?」というブラックボックスですが(笑)
(消えるという謳い文句でしたが、どうやら残存している、ということを聞きますし)

スピーゲル氏、確かにインタビュー見たことがない。記事上ではそんなに性格が悪いわけでもなく、マスコミが嫌いなのかな?(さすがにFacebookを袖にした事で企業価値を高めようとしたのはやりすぎですが。。)
自分の仲間は大切にしているようだし、多分、嫌いな人は嫌い!という性格なのだと思います。

が、広告主の立場になってみるとさすがに二の足を踏みますね。ビジネスは信頼性でもある。

明日のマネタイズを楽しみにしています。

が、モバイル2020、連載というより寄せ集め感がすごい。昨日と180°内容が変わった。連載にするなら、途中途中でまとめを入れないと、何だか未来がなんなのか示唆が分からなくなってますね。
この悪ガキっぽいところが母性本能をくすぐるのでしょうか。スピーゲルは、テイラー・スウィフトと噂になった後、現在は、ミランダ・カーと交際中とのこと。

ウェブサービスというのは創業者・発明者の子供のようなもので、その人間の世界観がすべてあらわれます。その意味で、事業内容や戦略だけでなく、創業者の人格・性質をおさえておくと、いろんなヒントが得られますね。
自分がワカモノ文化についていけないと実感させられるスナップチャット。創業者は24歳、330人の会社になっているなどは初めて知った。
タイトルにもある悪童は「特権意識が強く、女性差別的で、生意気な成金の若造」というように見られているとのことだが、「ほかのソーシャルネットワークでは満たされない若者のニーズに焦点を絞っている」「データ偏重の意思決定はしないし、アプリのデザインでも常識は無視。本社があるのもシリコンバレーではない」など一貫した哲学があるのが垣間見えますね。「口は悪くてもスピーゲルの経営は知的」という同僚や投資家の証言がすべてを表しています。
ジョブスも尖っていた。ただ、それでもApple立ち上げたころと復帰した後では、天と地ほどの違いがあっただろうように、色々な本を読む限りは見える。とはいえ、迎合する必要はないが、最初から不必要なマイナスのイメージを作る必要はないと、個人的には思うし、そこはスマートさの一部だし、経営リスクにもかかわるところ。
尖りすぎてハチャメチャな印象がある一方で猛烈な読書家で大人アドバイザーを脇に固め経営をしてる姿勢は好感持てますね。
「バランス取れてる」が褒め言葉の国からはなかなかこういう消費者サービスは生まれにくいですね。
スピーゲルは猛烈な読書家でもある。インタビュー中、急に自分のオフィスに引っ込んだかと思うと、ロバート・ケネディーの著書『13日間―キューバ危機回顧録』を持って戻ってきた。

ジョン・F・ケネディーには、「優秀な顧問が大勢いた。でも、核戦争勃発の瀬戸際で、彼らのアドバイスは毎日、いや1日に何度も変わった。でもそれは、誰もが自分の仕事を懸命にやろうとした結果だ。リーダーはそのバランスを取る必要がある」

スピーゲルは、グーグルのエリック・シュミットや、ソフトバンクのニケシュ・アローラなど、シリコンバレーの大物とも密かに関係を築いている。

「エバンは学習のスピードが速い」と、投資会社ベンチマークのパートナーで、スナップチャットの取締役を務めるミッチ・ラスキーは言う。「競争相手を怖がらせるほどのスピードだ。エバンは私が知る誰よりも速く優れた経営者への道を歩んでいる」(文中敬称略)

こういう風に言われるのはすごいですね。社員数は思ったより多い印象。プラットフォームとしての動きはInstagramやwhatsappよりは先行してるからでしょうか。
AirbnbもUberも、そしてSnapchatも酷く嫌われるが、一方で熱烈なファンがいる。
そこはトレードオフだし、「みんなに好かれる」サービスっていうのはダメなのかもしれない。強烈に嫌われて、強烈に好かれないと。
既に330人もメンバーがいるんですね。サービスに対して評価額の高さばかりに目が行ってましたが、この人数をマネジメントできてる会社なんですね。CEOもサービスも尖ってますが、徐々に実を積んでてポテンシャル高いですね。
若くして問題児なのは「天才」の証かもしれない。この記事を読む限りでは魅力的な人間に感じる。本当に対峙したらすごく嫌な奴なのかもしれないけど。
いいね勢いあって
スナップ(英語: Snap Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、写真共有アプリのSnapchatやスマートグラスのなどを開発・販売する多国籍企業である。2016年9月24日に、スナップチャット(英語: Snapchat Inc.)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
3.94 兆円

業績