新着Pick

「村上ファンド」投資活発化再び「物言う」私の主張は正しかった

産経ニュース
旧村上ファンドを率い、投資先企業に次々と株主提案を突きつける「物言う株主」として証券市場で名をはせた村上世(よし)彰(あき)氏やその関係者が、日本株投資を再び活発化させている。電子部品商社の黒田電気の株式を買い増し、村上氏らの社外取締役選任を株主提案。インサイダー取引事件で有罪判決を受けたことのある村上氏が証券市場に戻ってきた背景には、かつて自身が主張していた企業統治(コーポレートガバナンス...
145Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
村上ファンド挫折の理由はサイズといわれています。

ファイナンス理論では効率的市場仮説が中程度までは成立しているとされていて、基本的に会社に関する情報は全て株価に反映されているとしています。しかし、実際には株価と会社の価値が乖離している会社はある。

数百億円程度のファンドサイズなら、ミスプライシングされている銘柄を探し出し、こっそりとリターンをだしていけば良かった。でも、ファンドサイズが大きくなると、それだけでリターンを出すことは難しく、きわどい線をどんどん攻めていかないといけなくなる。で、やり過ぎると、捕まってしまうわけですね。
本当に会社のことを思う「物言う株主」ならば、社会的意義がある。
まあ村上さんたまに言ってることとやってる事が乖離することあるからな笑。そこがまた面白いんだけど。
株主としては当たり前ですよね。最近の株主総会って出来レースすぎて、ただ不満をぶちまけるだけの場になっている。
シャープの株主総会も紛糾しただけで、全部の会社側の提案が可決されたある意味異常な状況。
村上ファンドが「会社の成長」を考えてモノを言うのであれば、全うだと思います。

ただし、金儲けが前提だけになってしまうと、その企業が食い物にされてしまうので、やはり投資家の「理念」によるところもあり、私はまだ称賛も批判も早いとは思います。
当時、村上ファンドが有罪になった時の事実認定は、法曹界や実務家からは、あれがインサイダーならなんでもインサイダー扱いされる、という点で疑問の声も多かった。しかしそれは最高裁の判例として残っている。

今の日本の風土では、アクティビストファンドはその生業からして、常にインサイダー規制に捕まるリスクが高く、リスクリターンがあまり割に合わないとされて、海外からは敬遠されているし、新規に参入する人もいまや少ない分野。

それだけに"新"村上ファンドは競合無しにこの領域で一人勝ちできるかもしれない。
インサイダー事件で有罪になったことをどう総括しているのか聞いてみたい。株式の機能、株主の責任、株式会社の役割、会社が資本市場に公開することの責任、こうしたものへの考え方に歪みがあったことに未だに気付いてないとしたら、主張するコーポレート・ガバナンスも怪しくなる。つまり、投資家ではなく、古い株主主権主義を振りかざす「相場師」がその本質かもしれない。
下記が村上氏の本件に関する原文。黒田電気は、半導体・電子部品商社。日本は電機メーカーの系列色があったり、企業が集約されていないが、世界的にはAvnetやArrowといった大規模商社が主流。
なお「ここ2年で連結純資産が537億円⇒777億円と増加利益を2年間で240億円も会社に留保している」といった論点があるが、純資産の増加要因は為替換算など評価益部分が多く、2年の純利益合計は126億円。提案が利益全部の株主還元で、BSでの還元は求めていないので、理解したうえでの提案であることは分かるが、だったら単純に純利益で2年で126億円と書けばいいように思う。
http://www.c-i.bz/data/documents/yoshiaki-20150703.pdf
やっと時代が村上さんに追いついてきた感じがする。
アクティビストの必要性が認知されてきたというのは良い傾向だと思いますね。ただアクティビストの発言が正しいか否かは個別案件によりますし、それはまた別問題でしょう。
最近ではポレートガバナンス機能の強化や、ROE向上など、株主利益を追求する流れが強まっています。株主である以上その権利を主張するのもわかります。しかしながら、株主の短期的な利益ばかり主張するのは会社の発展には必ずしもプラスにはなりません。(任天堂の記事に対する泉田さんのコメントを拝見してもそれはよくわかります。)
https://newspicks.com/news/1067279?dl=false
また会社が株主に利益をもたらさず、新たな投資も行わず内部留保し続けるのも会社の発展には繋がらないと。

どちらか一方が強すぎてもうまく機能しないのだと思います。そういう意味でファンドは両者の立場から、その会社のためになるようにアドバイスできれば、その存在意義が高まるのではないかと思います。

あくまでも株主は主役ではなく、会社を応援する一番のサポーターだと思います。