TV_bnr_04

フジテレビ大多亮常務が語るテレビの「次」(1)

ネットフリックスと組んだのは、フジテレビが生き残るためだ

2015/07/18
今秋、世界最大の動画配信サービス・ネットフリックスが日本でのサービスを開始する。フジテレビはネットフリックスと組み、オリジナルコンテンツを制作・配信することが決まった。第1弾は新作『テラスハウス』と連続ドラマ『アンダーウェア』(英題:Atelier)。地上波での放送に先駆けてネットフリックスで独占配信する。フジテレビの大多亮常務取締役に狙いと今後の展望を聞く。
『アンダーウェア』

フジテレビとネットフリックスによる第1弾オリジナルドラマ『アンダーウェア』。世界配信(日程未定)も決定している。主演は桐谷美鈴。田舎娘が銀座の高級下着メーカーに就職し、成長する姿を描く

ネットフリックスと組むメリット

──先日、フジテレビがネットフリックスにオリジナルコンテンツを制作・供給することを発表しました。ネットフリックスと組むメリットは何ですか。制作費のサポートがある、グローバルにリーチにできる、グローバルでのブランド拡大といった理由が大きいと思いますが。

大多:基本的にはフジテレビの動画ビジネスを伸ばすのが僕の仕事で、動画ビジネスを伸ばすうえで、フジテレビオンデマンドという本店があるわけです。

民放系のTVOD(Transactional Video On Demand、都度課金制のビデオ・オン・デマンド)では会員数も商材も含めて一番多いことは間違いないんだけれども、これを何倍、何十倍にもするという一番大事な任務があります。

そのためにどうしたらいいかというと、自分たちだけでサービスを拡充していくのは当然なんですが、一方で外的な要因が大きい。

動画配信事業にはTVODやSVOD(Subscription Video On Demand、定額制のビデオ・オン・デマンド)などいろいろある。

このパイの取り合いをする中で3年後、5年後にその一角を、少なくも5社、6社というふうになったときに、フジテレビオンデマンドが生き残るための手立てのひとつが、ネットフリックスとの協業なんです。

資本提携があるわけではないですが、「ネットフリックスと組んでいる」というイメージ、それから彼らと緊密になることが、フジのオンデマンド事業を伸ばす意味でも重要だと思って組みました。

一番困るのは、動画配信事業があと3年後、5年後に数社が残って、フジテレビが自然淘汰(とうた)されてしまうことです。この状況を何としても避けなければいけない。

大多 亮 (おおた・とおる)フジテレビ常務取締役(総合開発・コンテンツ事業・国際開発担当) 1958年、東京都台東区生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、1981年、フジテレビに入社。報道局警視庁クラブ、広報部、第一制作部プロデューサー、編成部副部長、第一制作部企画担当部長、ドラマ・バラエティーを統括する制作センター室長、ドラマ制作センター室長、執行役員 ドラマ制作担当局長、執行役員デジタルコンテンツ局長、執行役員クリエイティブ事業局長を経て、現職。主なプロデュース作品は、「抱きしめたい!」「愛し合ってるかい!」「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」「愛という名のもとに」「妹よ」「プライド」「ラストクリスマス」など多数。映画では、「ヒーローインタビュー」「冷静と情熱のあいだ」「チェケラッチョ!!」「シュガー&スパイス 風味絶佳」「容疑者Xの献身」「アマルフィー女神の報酬」などを企画及びプロデュース。

大多亮 (おおた・とおる)
フジテレビ常務取締役(総合開発・コンテンツ事業・国際開発担当)
1958年、東京都台東区生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、1981年フジテレビに入社。報道局警視庁クラブ、広報部、第一制作部プロデューサー、編成部副部長、第一制作部企画担当部長、ドラマ・バラエティーを統括する制作センター室長、ドラマ制作センター室長、執行役員 ドラマ制作担当局長、執行役員デジタルコンテンツ局長、執行役員クリエイティブ事業局長を経て、現職。主なプロデュース作品は、『東京ラブストーリー』『101回目のプロポーズ』『ひとつ屋根の下』『愛という名のもとに』『ラストクリスマス』など多数。映画では、『ヒーローインタビュー』『冷静と情熱のあいだ』『チェケラッチョ!!』『容疑者Xの献身』『アマルフィー女神の報酬』などを企画およびプロデュース

──Hulu(フールー)と日本テレビが組んでいますが、ネットフリックスはフールーと競合するので組みづらい。そこでフジテレビがネットフリックスと組んで対抗軸になるわけですね。