新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事以上にWatsonさんのコメントに価値がある(エネルギー・資源関連に興味ある方は絶対フォローしたほうがよいPickerです、いつもありがとうございます!)。
橘川先生の発言は、極めて現実的。政策は目的・意志・現実の摺合せだと思う。だからこそ、専門家には特に現実としてどういう状況なのか、何を論点とする必要があるかという点はどんどん専門家ならではのコメントをすることは価値が高いし、こういった方を議論に巻き込むことは、建設的な議論のために必須だと思う。
自分は現在消極的に原発再稼働賛成(個別原発ごとに寿命と構造を踏まえて、コストメリットがあるものだけ対策したうえで再稼働)。また長期では可能ならば脱原発を目指した方がいいと思っている。そういうスタンスの自分でも、この電源ミックスを前提とするなら、先生の発言は妥当性を感じるもの。
ベースロード電源を考えると原発が20〜22%の割合を占めるのは必要だと思う。発電コストなども考えて今のところいい案だと思う。これから15年で技術の進歩が早ければまた変更することも必要。