新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かに英米法と大陸法の違いはありますね。日本は戦後の民主化のプロセスで英米法の完全導入まで踏み込むべきだったのかも
「米国では失敗は名誉の勲章、欧州では個人的な悲劇」とする文化の違いは大きい。日本は欧州型か。「シリコンバレーの合言葉は、速やかに失敗し、頻繁に失敗する」を日本にはまだ当てはめられない。日本では、会社破産も上場廃止も不名誉なこと、忌避すべきこととの観念が強い。
ニューヨークタイムズのこの記事は極めて示唆に富む。米国と欧州におけるイノベーションの見解の相違についてだが、この欧州と日本を重ね合わせることが出来る。私も30年以上のネスレという欧州を代表する企業のキャリアを通じて、イノベーションに関しては米国に太刀打ち出来ないと感じている。むしろ、ネスレ日本がイノベーションをグループ内でリードしている。そのリード役の私にとっても、イノベーションのモデルは米国のシリコンバレーのリーンスタートアップにあるのだ。小さな失敗を重ねながら成功に結びつける。失敗の許容無くしてイノベーションは起こせない。
面白いし、コメント含めて考えさせられる記事。コメントあるような法律体系や文化の違い、また米国のようにならないといけないのか。加えて、アメリカもシリコンバレーとその他の地域でも違うというツッコミも出来る。
自分は、文化や制度は社会や産業集積に影響与えるから、学ぶべきは学ぶが、同一になる必要はないと思ってる。また世界全体でもその方が多様性があり、脆弱にならないとも思う。また目立つところだけがイノベーションではなく、例えばスマホチップのベースとなってるARMは英国の会社。
テックは米国が圧倒的というのは確かにそうだとおもうのですが、モノ作り系はそこまで米国圧倒とは思わないけどなー。自動車関係とか。
独禁の文脈でも最近もボッシュがDOJと司法取引して罰金の支払いに合意してますし。
あと、英米法は字義の如く、そもそも欧州のイギリス発祥です、念のため。
イノベーションは重要に違いありませんが、保守的な部分も多様性の観点から考えれば軽視すべきものでもない。要はバランスで、排他的にならないことが大事かと。
ギリシャ問題が端的に違いを表す。多様性を一つの国の中で認める米国と多様性を複数の国の中で集合体で運営する欧州では、ルールの数と質が全然違う。米国内は本当に壁が少ない。欧州内は法的なものではなく、言語、人種、文化、あらゆるものをぶつけながら、ルールの元、なんとか一つに繋ぎとめようとしている。
【国際】興味深い記事。たしかにアメリカが失敗にも寛容である点はイノベーションの源泉であると思う。一方でアメリカ東海岸を見ると、ヨーロッパの伝統企業と遜色ない伝統的な大企業が存在するのもまた事実。つまりアメリカは良くも悪くもビジネスの層が厚いということでもあると思う。この辺にアメリカ衰退論が過去何度も出てきては消えた理由がありそう。様々な問題を抱えつつも、常に説得力と実行力のあるアンチテーゼが生まれる土壌があることが、シュンペーター的な「新結合」を生み出すのだろう。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
103 兆円

業績