新着Pick

マクドナルド売り上げ 12か月連続で二桁減 

NHKニュース
「日本マクドナルド」の先月の売り上げは、商品への異物混入問題などの影響が続き、前の年の同じ月より23%余り減少して、12か月連続で二桁のマイ…
369Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マックの既存店の売上は2012年から基本的にマイナスで推移しているが、2桁マイナスがこれだけ続くのは異常。
鶏肉問題についていえばファミリーマートも同じ仕入先だったのだが、なぜマックはこんな状態なのか。鶏肉以外についても通常であれば1年以上大幅減になるようなものではないはず。
正直何をどうすればここから脱するのか想像がつかない。
連続2桁減が1年続くのはビジネスとしてインパクトありますね。
あの一件で、意識的に避けてたのが、いつの間にか無意識に行かなくなりました。人のルーティーンは結構重要。
今は改善されているだろうに、無意識に行かなくなるなんて。ミス、そしてリカバーの重要性を切に感じます。
特に人間の実力はミスの際により際立つように思います。
マクドナルドは「ベジタブル」推し等で大きく減った家族連れを呼び戻そうと注力しているものの、先月の来店客数は前の年の同じ月を▲10.4%下回る結果。
もはや12か月連続で二桁減は、一過性ではない減少トレンド。
復活していく道筋が見えないのは、本部も同じだろうか。
先日、週末の昼時に久しぶりにマクドナルドに行った。以前は席を取るのも大変だったのに、驚くほど閑散としていた。メニューや注文方法の変更もあまり良いとは感じられず、今後も好転するとは少し考えにくい。
そうとうヤバイね。もう無理かもしれんね
メニューの選択肢を増やしたのは良いと思う。スタッフが元気になって明るいマックを取り戻すことだ。怪しげな素材で不健康な食品を作ることから訣別し、子供にも安心して食べさせられる、アメリカの本物のハンバーガーを提供して欲しい。
それまで、消費者にいろんな不満が溜まっていたんだろうな。もちろん競合ブランドが頑張って虎視眈々と構えていたこともある。ジワジワといろんなフリが蓄積がなされていた。気付かないってこわいな。
下落が一巡する7月の実績で取り組みの成果が評価される。一巡後も回復傾向が数値に表れない様なら、カサノバ氏他経営陣は、総退陣へ
苦戦が続いているのですね。
昨今の外食業界は競合他社がひしめいています。マクドナルドのライバルはファーストフード店だけでなく、ファミレス店、カフェ、コンビンニ、レストラン、フードコート、スーパー、お弁当やさん、自分で作るお弁当など思い付くだけても沢山あります。ランチなのか、休憩なのか、コーヒーなのか利用目的で選択の幅を狭めたとしてもまだまだ沢山あります。

思うことは一度信頼を失うと、数あるライバル店にお客さまは流れてしまい、引き戻すにはとてもパワーがいるということです。そして、柴山さんと全く同じ意見ですが、人の習慣は本当に怖いと思います。自然と選択しなくなっている方々も多いのではないかと思います。

ママとのコラボ企画などもされているようですが、ネット上ではなかなか厳しい意見が多いように感じます。

子供にも安心して食べさせることができる、これにつきます。
2012年時点のハンバーガーチェーン店におけるマクドナルドの市場占有率は75%。今ではどこまで市場占有率がさがって、2位のモスバーガーいかが猛追してるのか、気になるところです。キャッシュフロー的には、まだまだマクドナルドは潤沢なはず。
日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
7,619 億円

業績