新着Pick
315Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
貴重なコメント、ありがとうございます。
エネルギー自給率が6%の日本で、万能なエネルギー源は今のところないのですから、エネルギー政策も、最適解を模索する作業になります。まずは発電所事故リスク、エネルギーセキュリティ、温室効果ガス、発電費用といったトレードオフの関係を整理することが必要でしょう。
勉強不足ではあるのですが、電力関係って何を最優先しようとして最適化を図っているのか、いまいち分からないです。火力に頼れば温室効果ガスは増える。原子力に頼れば地震等でのリスクが増える。などなど、全てを完璧に満足する解はないわけで、何を優先するのかが示されていないと、それぞれ別の要因を優先したい人たちの間で議論が空回るだけですよね。
この記事の最後の図の、どこがどの程度優先されるべきか、この連載で納得いく解釈が示されるといいなぁと思います。
世の中の変化があるところに呼ばれるのがコンサルタント。昨年くらいから電力含めたエネルギー関係の引き合いが増えました
個人的にも海外の先行事例などを鋭意勉強中ですが、国によって在り方が違って面白い。ただ、自由化によって価格が下がったかというとそうなってないことの方が多いのが実態です
通信会社はかなり利益を出していたのでそれを消費者に還元する形で自由化が作用しましたが、電力会社自体があまり収益を出していない状態なので、日本においても目論見通りになるかは参入事業者の今後の工夫次第なんでしょう
楽しみな連載。個人的に気になるのは、原発の動向。現在はエネルギーミックスとして再稼働をして、中長期的に比率維持させていく方向だが、動かなければ単なる金食い虫なのは現状明らかになっている。
そのためには設備投資が必要で、かつ新規参入者は資金もそうだが、それ以上にノウハウや事業リスクの大きさとしてできないと思う。そうすると、この論点に対して今後政策パッケージが出てくるはずで、それがどういう根拠や条件で出てくるのかが一番の論点だと思う。
ちなみに、電事法改正はここ数年は確か毎年6月に行われ、ロードマップも出てる。そういう意味で、ストック的な情報価値がある記事。総括原価や地域独占という言葉が説明なしにいきなり出てくるが、その仕組みを分かりやすく解説するところから始めるのが重要だと思う。
占部さんが書かれている通り、(特に短期では)効率化するかわからないというのは要注意。
ディスラプションは明らかな効率化が行われる場合にはいいですが、電力はスマートグリッドへの投資などを控えているので、タイミング的にはもう少し後でもいいような気もします。国からのファイナンスなど、他の方法とセットで包括的に考える必要があるでしょうね。
複雑な背景を持つテーマだけに、分かり易さを期待します。
発電技術は原理原則の要素が大きい。供給システムが発電技術と利用者に与える影響を見える化し、選択の指標に成るような情報が提供されると素晴らしいですね。
内容に関して賛否あるかもしれないが、電力に関してとてもうまくまとまった良記事。個人的には電力会社は地域独占よりも総括原価方式を取っていることが一番の悪だと思っている。そこが崩れるのはとてもいいことだと思う。ただ、記事にも書かれているように多くの問題が出てくることも政策としてしっかりと考えていかなくてはいけないと思う。
記事にはないが、エネルギー・ディスラプションのなかで、電力会社以外に、原発立地自治体の地元経済の崩壊という問題もある。
エネルギー問題、ちょうど勉強すべく図書館で基本的な本を予約したところだったのでタイムリーな連載。エネルギー問題はイデオロギー色が入ることがあるので、本連載では冷静な分析を期待。
2016年4月から電力自由化の対象が、一般家庭や小規模店舗にまで拡大されると、電力会社サイドさらには消費者サイドで大変革が起こる。

消費者サイドで言うと、例えば関東の家庭で、新興電力だけでなく、関西電力や中部電力からも電気を買うことが出来るようになる。すなわち選択の幅が極めて大きくなる。
(料金だけではなく、原発や再生可能エネルギーに対する電力会社のスタンス、提携する通信会社やカード会社など、選択肢は多様になるだろう。)

電力会社サイドでは、例えば、中部電力が東京電力と合弁会社を作り、老朽化した東電の火力発電所(50Hz)を建て替え、東京電力に売った残りを中部電力が各家庭に供給するとか、関西電力などは東北地方に大型の火力発電所(50Hz)を作り関東地方に供給するとか、地域をまたいだ提携や発電所の建設が、今後ますます進められるだろ。

さらに、通信会社や、ガス会社、カード会社などのグループ化が進んでいる。自由化により競争が激化し、異業種を巻き込んだ電力会社の淘汰・合併が進むかもしれない。
国鉄がJRになって、鉄道運輸が大きく変わったように、電力自由化でエネルギー事情が大きく変わるのは間違いない。
あちらを立てればこちらが立たず、リーダーシップを持った人がきっちり方針を決めないと、どういった将来的なエネルギー像を描いているのか読めないですね