新着Pick
384Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
モバイルの20年前はようやくポケベルが普及しはじめたぐらい。当時、20年後に今のスマホが普及した生活は想像すらできなかったはず。下記 Bloombergの記事にもるように、すでに車の選択基準がハードからソフトに移って来ている。これは本当に大きな変化。車がこの20年間で大きな変革が起こる可能性を秘めている事だけは間違いないと思っています。
「トヨタと離別やむを得ない、新しい恋人はグーグルのシステム」
https://newspicks.com/news/1050548
道路は都市の一大機能、なので都市と併せて考える必要がある。一方で、ベンツの事例(ハンドルから手を10秒以上離すと警告音が、それでも鳴る)からも言えることは、技術だけでなく人や法制面の変化は時間がかかる。
イノベーションは「理想買い」と「現実買い」のフェーズがあると思い、「理想買い」は実験的な技術ではできるようになるが、コストやインフラ整備が進んでなくて現実とならずにしぼんでいく。そしてそれがしばらく経ってから現実となり、普及フェーズとなる「現実買い」となる。
その橋渡しは、こういった運転アシスト。先日、クルーズコントロール機能(速度維持機能)付きのレンタカーにのったが、やはり楽。特に高速とかでは、前との車間にさえ気を付ければいいので、長距離は楽。そこを少しずつ進化させるというのが現実論だろう。
自動運転の活用方法は、都市と地方でかなり異なってくるはず。都市では、高速での部分自動運転で十分かもしれません。一方、人手不足や高齢化の進行が激しい地方では、完全自動運転で、労働力を補完するという色彩が強くなる可能性も。
「半自動走行カー」でもって"今後20年、クルマの世界に”月面着陸”に等しいことが起きる"ってのは、あまりにも月面着陸の偉業や世界中にもたらしたインパクトを軽視しすぎだろ!と思いつつも、自動運転カーの時代が到来したら…!と胸踊らずにはいられない。
もっともぼく自身は「技術的に実現できたとしても今の社会システムは人間が運転することを前提に最適化されているがゆえになかゆか浸透しない」という見方をしてます。あり得るとしたら、まだ自動車が普及していない新興国から先んじて整備されて、リバースイノベーション的に世界中に広がる、という順番かなぁと。
アメリカでは自動運転だけで西海岸から東海岸まで走る実験に成功しました。グーグルもサンフランシスコ市内で自動運転車の実験走行を始めたと聞きます。Uberはいずれはすべて自動運転車に置き換えると公言しています。
自動車は日本の基幹産業なのに、日本からの話題が乏しいことに危機を感じます。
自動ブレーキやドライビングアシストをいち早く実写搭載してきたボルボは、そのかいあってか、お払い箱に行きかけていたブランドが立ち直り、まだ伸びています。(http://s.response.jp/article/2015/07/07/255075.html)
ドイツではベンツ、アウディ、BMWの順で、BMWはトヨタと同じく、「駆け抜ける歓び」というキャッチフレーズとともに人が運転することにまた固執している感じがします。
しかし、自動ブレーキを世界て初めて市販車に搭載したのはトヨタのハリアー。業界地図の未来も全くわからないです。
自動運転車で新聞を読むってことはないよね。うーん、やはりオーストラリアや北海道、つくば学園都市のような規模でまずやってほしい。ちなみに自動車が自動化されてインターフェースのOSのようなものがひとつになるというのも多分幻想でしょう。
クルーズコントロールの凄い版。その域を超えるまではかなり時間がかかると思うけど楽しそうな未来。技術的な問題よりも法的な問題の方が障壁になりそう。
21世紀は20世紀よりむしろ19世紀のような革命的変化を目にする。よい時代に生まれた。
自動運転時代の法整備、めちゃんこ難しそう。

前の車の存在を自動検出した自動運転車が、少し遅れて急ブレーキして、後ろの車と衝突した場合、どう処理去れるんだろう。
運転手はいままで責任の担い手だったけれど、自動運転下での責任はどうなるのか。
ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績