新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
五年、十年後の工場のロボット化を今から想定して人事政策に反映していない企業は将来立ちいかなくなる。どれだけ将来を見据えて経営出来るか?ロボット化やAIの進歩が著しいこの十年は、次世代の経営を見据えての胆力が求められる。
単純な仕事はもっともっと自動化されるはず
「金属製パネルを運び、穴を開けてパネル同士をびょうでつなぎ合わせる」ぐらいのことであれば、そもそも人がやる必要がなかった。これまでは機数がそれほど多くなかったため人がやっていた。
こうして人の仕事は減っていく運命にある。30年後には何が残ってるだろう。
人の命がかかる航空機業界でロボットが活躍するなら、工場で働く人はますます仕事が変わっていくな。
「人」に求められることが、根源的なことにだんだん回帰していくー。
《組織》熟練工の育成や引継ぎには多大な時間と労力が必要。かつ熟練工=一部のオペレーションは複数の個人依存となってしまう。であれば、経営上のリスクヘッジとして多少の投資が嵩んでもロボット化を進めるというのは納得。
人口が減るなら、ロボットでカバー!
川崎重工業株式会社(かわさきじゅうこうぎょう英語: Kawasaki Heavy Industries, Ltd.)は、オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶などの輸送機器、その他機械装置を製造する日本の企業である。三菱重工業 (MHI) ・IHIと共に三大重工企業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
3,990 億円

業績

三菱重工業株式会社(みつびしじゅうこうぎょう、英語: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.)は、三菱グループの三菱金曜会及び三菱広報委員会に属する日本の企業。川崎重工業(KHI)とIHIと共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
1.04 兆円

業績