新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前別記事に書いて、たくさんLIKEをいただいた以下のコメントと全く同じ主張で驚きました。いろんな統計的な数字も出ていて、こちらの方が詳しく、よりロジカル、そして情熱的です。

以下、コメント
「以前別の記事にも書いたうちの奥さんの意見ですが、女性の社会進出を本当に考えるなら、男性の残業をやめさせるべき。とのこと。家事や子育てを女性がやることを前提とした今の社会では、働く女性にとって結婚は不利なことが多すぎるみたいです。欧米で成り立っているのは、男性が働き過ぎないので仕事の成果を同じレベル感で評価してもらえるからではないかと。女性の働きやすい環境は、「女性が男性のように働ける環境」ではなく、「男性が女性のように働く環境」なのでは」
「子どもの送園があるので国会はSkypeで参加します」みたいな男性議員を増やさないと、女性議員の比率!ばかり追っても本質的解決にならない。文調好きじゃ無いですが主張には同意します。
僕が育休とってそろそろ1年になるけど後輩が計3人育休取ることになった。やれば誰かはついてくるので信じて行動してみるのがいい。
あと、送り迎えや家事は基本なんだけどそれよりの根っこにパートナーへのリスペクト、が大切です。家事が苦手だったり仕事が遅い男性はまずそこから。
全く同感です。追加すれば、男性の長時間労働のかなりの部分が「事務仕事の生産性の低さ」に起因していて、ITの導入により解決できる部分が多いと思うのですが、これがまた「セキュリティ」とか「社内慣習」とか、単に「上の人=老人がITが苦手」とかいう理由で本当の意味での効率化が進まない、という部分もあると思います。
荒っぽい口調はいつもの通り。リアルで話すとめちゃくちゃ穏やかで優しい人なのに、メディアやパブリックの場になると舌鋒するどくなる「メディア弁慶」な方。母校の誇る数少ない著名学者です。
主張は全くもって仰る通り。「女性活躍」と「男性の家事・育児参加」は車の両輪。「女性活躍」という車の片輪だけ回転するとどうなるか?その車は同じところをひたすらグルグル回るだけだと言うのに。内閣官房にはものすごく頑張っていらっしゃる方がいるのを知っているだけに歯がゆいけど、もう少し筋の良い打ち手を期待したいところです。
"やるべきことは、実に簡単。今までどおり総合職を続けながらも、自由に子育てが出来るように、「総合職そのものの労働条件を改善する」。一番なのは労働時間を短くすることです。"
"その意味で、女性の問題というのは男性の問題でもあるんです、当然だけど。女性の妊娠・育児に関わる負担軽減の旗をふるなら、男性の仕事に関わる負担軽減の旗も、同時にふらななきゃいけないの。昔の性別分業から見て、女が男に近づくだけでなく、男も女に近づくこと。"
総合職の女性に、オプション的に「一次的軽減措置」と称して、出世街道から逸らせる。いわゆる「マミートラック問題」ですね。このトラックで塩漬けされ腐ってしまうワーキングマザー、たくさんいます。優秀な人をなんたる無駄遣いでしょうか。
結局、どんな制度を作ろうとも社会全体の態度や慣習が変わらないと無理。ってことに尽きる気がしますよね。だって、制度だけだと、その制度を利用するかどうか、という判断になってしまう。全体の方向性が変わらないと、制度を利用してる私。でしかないし、それが“当たり前”じゃない状況。
海外の数字と比較して、如何におかしいか。というのはもう身にしみてよく分かった気もするし、もっと沢山のロールモデルがでてきてほしい。
現実が生々しく書いてある良記事だと思う。
中小企業より、やはり大企業の方が女性の総合職や管理職に対してかなり冷遇されている。
この現状を考えると安倍首相が「2020までに女性の管理職を3割に」とか言っている暇はない。
というより国連が「2030年までに女性の管理職を5割に」と提言していることを考えると、到底間にある訳もない。
となると男性の育児休暇の普及をはじめとした夫婦での家事・育児の分担はもっと積極的に企業が促す必要がある。
そんな方へは功労金でも上げたらいいのにな(笑)
男の「労働」と女の「家事」を交換条件みたいに設定するところがそもそもスタートとしてどうなのかという気がします。一人暮らししている人ならわかりますが、労働も家事も同じですよね。女が男に近付くとか男が女に近付くとかジェンダーで考えることの限界では。
長時間労働=頑張っていると評価される、という罠から、抜け出さないとね。
ああ、農業女子PJのことねw