新着Pick
463Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともとデータ重視の岡田監督。それでもデータは「補助」だったという分析。それがSAPのテクノロジーと結びつき、ビッグデータを用いた「予測」へ。目の付け所、考えの柔軟さ、成長意欲。この人は本当にすごいですね
「おカネじゃないものが世の中を動かして、経済をつくる」という発言がありますが、新たに事業を起こすことであったり、変革を起こすといったことは、最初は全て「ウソ」から始まるものだと思います。その時点では何もないんだから。
けれどもその「ウソ」に魅了されてついてくる人が現れ、お金がついてくるといった連鎖が起こるうちに、いつの間にか「ウソ」が「本当」になる。だから、事を起こすにあたって一番大切なのは信じられるウソ(大義)であり、そうしたウソを信念を持って発信し続けられる人なのだと思います。
すごく謙遜しているが、ある共通の勉強会があって、岡田武史さんはずっと昔から経営者としての勉強をしてきた事を知っている。ようやくそれを思い通りに実行できる環境が整った。
あまり周囲に振り回されずに、己を信じて頑張りましょうよ。
新しい社会統治や成長理論が生まれ出してる感じしますよね。
求められたデータを出すのではなく、コミュニケーションを常にとって、意図をもって提案をする。アナリストというよりコンサルタントに近いのかもしれない。
あの岡田さんでも、オーナーになり視野が広がれば、価値観がすこし変わる。狭量な視野ではダメだと改めて感じました。
岡田さんは人を惹きつけるビジョンを持っているだけでなく、人徳もあるので、これだけのすごい人達が集まるんだと思います。
データアナリストは分析担当ではなく、「コーチ」って視点、大事。専門性を軸に、職域を拡げて考えることがあらゆる職種に必要と思う。
人間味がガンガン出ていて、読んでてすごく体に入ってくる記事ですね。でも、その中に学びが多い。結局どんなに分かったつもりでいても、自分がその役割にならないと、どこまでも人は実感できないし、傍観者なんですよね。逆に、全てを理解する必要も無いのだとは思うんですが、こういった謙虚な気づき、のようなものをしっかりと素直に感じられる自分でいたいな、と。
世の組織は、マネージャーとプレイヤーでできていいる。というか、その区分けが出来てない組織は続かない。それは偉い偉くないではなく、役割の違いだから。優秀なプレイヤーはマネージャーよりも尊敬と待遇を受けて構わないし、結果を出したマネージャーは若かろうが経験なかろうが敬意と報酬を受けるべき。
SAP SE(エスエイピー・エスイー:英語、エス・アーペー・エスエー:ドイツ語: SAP SE)は、ドイツ中西部にあるヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社。 ウィキペディア

業績