新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
任天堂はいままでシューティングゲームを排除してきた。いまやプレステやXBOXのゲームには銃で人の撃ち合いするゲームがランキング上位だが、任天堂はそういうゲームは子供たちに良くないと取り入れないで頑張ってきた。その未参入分野に任天堂が見事な作品をリリースできた。この会社はやはりイノベーションをやってくれる素晴らしさがある。モバイル展開にも期待したい。
このゲーム面白そうなんだけど、なんでこういうキラーコンテンツをスマホライクなデバイスを独自に作る方向性にいかないのかが不思議
かなり、日本のスマホゲームのヒットの思想が入って、据え置きの能力を活かしたゲームだと思います。
初心者でも参入しやすい、そして幅広い年齢層でも楽しめる、これが本当に絶妙なおもてなしで、私も2週間くらい前に参入した身ですが、すんなり入れて楽しめました。

モンストとかパズドラも「いつ初めても大丈夫」。これがオンラインゲームの基本となりそうですね。

今週末もだいぶスプラトゥーンに時間が取られそうです(^。^;)
任天堂は、広く薄くゲーム人口を拡大していく、というのが基本方針となっています。最近の家庭用ゲームは、続編が多く、やり込みがモノを言う。どうしてもご新規は参入障壁が高くなってしまう。その点、本作は操作もルールもシンプルで、対戦が殺伐としない、といった意味で成功だったんだと思います。一方で、シンプルゆえにガチ勢が求めるようなやり込み要素はない。記事後半でも触れられていますが、課金がないのもそのためと考えられます。
やりたいソフトがあることは、ユーザーにとって、どのハードを買うかを決めるには重要なポイント。次の作品にも期待です。

【追記】
ゲームのプレイ時間蓄積や攻略が進むにつれ、最初は楽しかったけど・・・となってくるのは、どのゲームでも避けられないこと。ゲームは、ガチとライトのどちらを狙うかが、本当に際どい。ガチ勢とライト層は、ゲームをどういった状態でプレイすることが楽しいと感じるか、が根本的に違っているから。だから、本来的には両方狙うべきだけれども、なかなかそうもいかないという現実がある。コメント欄は両側からの意見があっておもしろい。任天堂のゲームって本当にバランスいいものが多いのだなぁ。
「スプラトゥーン」はTVCMが流れ出した時、うちの子もとても面白そうなゲームだとテンションが上がっていた。シューティングゲームで単純に撃ちまくることができたり、色彩が鮮やか、陣取りゲームといったところが人気の理由とあるが、やっぱり単純に理解でき参加障壁が低いことはとても重要だと思う。
「みんなで楽しむ」ことに関しては一日の長がある花札屋さん。
サバゲー仲間がハマっていたので買おうと思ったが、Wii Uのことをほとんどフォローしてなかったので、「Wii Uって何?ポータブル機?据置型?」というところから調べなければならなかった。。。で、買いました。届くの楽しみ。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.26 兆円

業績