新着Pick
492Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
早速使ってみたけど、これは圧倒的。AWAもLINE Musicも勝ち目はないと思う。

補足するとすれば、以下の記事のこの部分に尽きる。
「Apple Musicにはイノベーションがないなどと否定的な意見もありますが、デバイス、OS、販売チャネル、データ管理、プレイヤーを握っているAppleと他企業では、同じ機能を提供しても実現できるUXがまったく異なる」
http://baigie.me/sogitani/2015/06/music-subscription/
いわばmusicはiphoneの原点ですからね
別記事によると既にiTunesで購入している音楽とも融合できるとの事。これは他サービスにないアドバンテージ。
こちらの記事で、Apple MusicとSpotifyの違いがまとめられている。
https://newspicks.com/news/1039042
https://newspicks.com/news/1038995

米国プランだが、月額料金はどちらも9.99ドル、楽曲も公表されている数字としては3000万曲以上。ファミリー共有に違いがあり、Appleは6ユーザーまで月額14.99ドル、Spotifyは追加ユーザー1名あたり月額5ドルという設定。
料金以外の部分に関して、Appleはライト、Spotifyはコア、とユーザーターゲットに違いがみられる。
これ、曲の数、パーソナライズ、ラジオの質、どれをとっても他サービスは勝てないだろうな。しかも、既存のライブラリーとストリーミングのオフライン保存を統合できるために、月額980円で曲増やし放題。
ライブラリを抽出するためにストリーミングラジオのレコメンドも秀逸で、飽きない。また、新たなアーティストの発見も多い。
あと、今なら、アカウントのIDは好きなのが取れそうです。ただ、UIは改善の余地あり。
日本でもサービススタート。利用料金も980円とファミリープラン1480円。米国の9.99ドル/14.99ドルよりも安い設定になっている。他社との価格(全てのサービスが使えるもの)の比較は、

Apple Music / 980円
AWA / 1080円(Liteプラン 360円)
LINE MUSIC / 1000円(ベーシックプラン 500円)

ファミリープラン(最大6人使える)はAppleにしかなく、LINEは学割がある。数ヶ月の間は全てのサービスで無料トライアルができるので使い比べるてみたい。
いろんなサービスが続々きてますが、どれが一番ラインナップ充実しますかね。日本の音楽業界的にはどのアーティスト、どのジャンルを抑えるべきなのか。

この手のサービスはmusic unlimitedでSONYがかなり前に始めてたし(残念ながら、先日終了したようですが)、ドコモはdヒッツですでに何百万のユーザーを登録させてます。
何をいまさらって感もありますが、今さらだからこそ市場に理解されやすいのかなとも思います。


しかしここでまた音楽の安売りが始まっちゃうと、ハイレゾとかより、圧縮音源の音質アップグレード機能にニーズが傾きますかね。
アーティストのみなさんには、今後ぜひ生音、ライブの魅力を高めていってほしいです。
うーん、Apple凄いなー。やはりmapと違ってさすがに音楽はホームグラウンドですからね。
これはiphoneユーザーはざっくりSpotifyから奪い去るのはもちろん、きちんとストリーミング市場を広げてくれそう。ダウンロード、既存の音楽データとの統合はsonyのmusic unlimitedがwalkmanアプリでやってたけど、ちと完成度が違いすぎますね。
Sawayamaさんの「実体験コメント」が一番参考になる。
パーソナライズの精度が感動的。これは音楽の選び方が変わるかもな〜と思いました。
アップル(英: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。 ウィキペディア
時価総額
83.6 兆円

業績