新着Pick
144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
近年のプロ野球では、試合中にファンが選手の応援タオルを掲げたり、回したり、ジェット風船を飛ばしたり、ユニフォームを着たり、メガフォンや手拍子をたたいたり、とにかく参加できるようになっていて、スタンドが楽しそう。試合後にはグラウンドでのノックなど、各種イベントが充実しているし。記者席から冷静に見ていて、スタンドで楽しんでいる人たちが羨ましくなることが多々ある。
役所ができるのはあんまり歓迎しないけどなあ
ヨーロッパのクラブスポーツの地域密着化を考えるときに、欧米の大企業が必ずしも、大都市に本社を置かずに、創業の地をそのまま本社にしていたりすることが思い起こされます。
日本は東京一極集中がなくなって、地方創生ならぬ、地方自信回復のような状態になる必要があるのではないでしょうか?
ぼくは日本の技術でデジタルエクスペリエンスに賭けることで世界一を作れると思う。49ersのスタジアムは素晴らしいけど「最大のコンペはComfortableな家のデジタル環境」とCEOは危機感を持っていた。パナソニックやソニーの世界最高の技術とソフトウェアをやり過ぎくらいにてんこ盛りした人の集まるスポーツバーやパブリックビューにはスタジアムは絶対勝てない。スタジアムはホスピタリティーゾーン大拡充で選手やピッチとファンや地元との社交に二極化した方がいい。
昨日、夏休みで日本に戻って来ました。休み中ですが、趣味と仕事が一緒ですので、スポーツ業界人と立て続けに会っています。NewsPicksで活躍中のデロイト里崎慎さんやライター上野直彦さんにも今日会いました。明日は、いつもお世話になっているライター木崎伸也とお会いします。皆さん、日本スポーツの明るい未来を信じる熱い方々です。日本スポーツの置かれた現状は、決して楽観視出来るものではないですが、皆さんの強い信念があれば、まだまだ日本スポーツ成長できます!Go Japan! 皆さん、一緒に頑張りましょう!
岡部さんいわく、客席が「敵対ムード」の欧州、「娯楽ムード」の米国。なるほど。Jリーグなら、このいいとこ取りをできるかもしれない。
アメリカ型とヨーロッパ型の観戦文化の違い。確かに、どちらかに偏りすぎると馴染まないですよね。
《スポーツ》ブンデスリーガは、よく観に行くが、なんと言っても観客の声量が凄い。試合に相当の気合を乗せてる手合いも多い。ファンにそれだけの想いを込めさせるのは、ブンデスの重みやチームの長年の歩みに基づく文脈。これらは脈々とと時間を掛けて脈々と織り成すしかない。
スポーツに歴史が必要だって言うのは、選手やファンなどのステークホルダーから、そのスポーツを飛び出して政治家、経営者、教育者を沢山輩出していくことが大事だからだと思う。
野球、フットボール、バスケと比べるとアイドルタイムが少ないサッカーやラグビーにエンタメ要素を盛り込むのは簡単じゃない
SAP SE(エスエイピー・エスイー:英語、エス・アーペー・エスエー:ドイツ語: SAP SE)は、ドイツ中西部にあるヴァルドルフに本社を置くヨーロッパ最大級のソフトウェア会社。 ウィキペディア

業績