新着Pick
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
稀有な事態ではあるのでしょうが、「32人抜き」なんてことがニュースになること自体、なんか違うよな〜と感じてしまいます。
経営者って役割ですから「常務→専務→副社長→社長」とベルトコンベア式で上がっていくものとは思いません。また、会社員のキャリアの延長線上に経営者があるものだとも思いません。
こうした「抜てき」人事が「抜てき」などと形容されず、自然と受け容れられるようになればいいのに。
まだ何人抜きとか言ってるのか笑
"妥協したら負け、肉を食いながら交渉" 大企業のトップが若いと、すごい迫力。トップがこういう姿勢だと、下も熱く仕事出来そう。
総合商社は中堅企業の集まりみたいなところがあるので営業の力が強くトップがどうなろうと急には変わらないだろうが、社内的には強烈なメッセージにはなるでしょう
また、最後はトップの営業力みたいところがたぶんにあると思うので、営業力のある社長さんを選ぶのは合理的な気がします
組織力学的には、「抜かれた」人たちがどう処遇されたのかは気になります
序列が順番で示せる組織か。ジョブディスクリプションも明確なものもないのにスゴい。これぞ暗黙知の最たるものだと思った。
ピラミッド発想。そういえば今週のビジネス誌の特集で、商社の勝者ってのがありました。1番勢いがあるのは伊藤忠。資源ビジネスは今は我慢。三井物産は非資源に強い伊藤忠に純利益で間も無く抜かれます。
こういう人の仕事秘話を特集してもらうのも楽しそうな企画だな。
三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
2.89 兆円

業績