新着Pick
43Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ということは、CFには影響はないわけだし、マーケットこれをどうとるのか明日がわくわく。中身を見ると、丸井と違ってカード事業が減益になったのが意外。これからの小売業界は、物を売るというビジネスモデルというよりも、自動車同様に、関連金融の伸びをどこまでもっていくかにかかっているように思う。

http://www.j-front-retailing.com/_data/news/1602_1Q_results_J.pdf
2015年2月期の売上高は1兆1,495億円、営業利益は420億円。千趣会で通販事業の強化を図っているが、EC事業は全体の1.3%の156億円とまだまだ規模が小さい。2017年2月期までのEC事業の売上目標は、現在の6割増の250億円。
百貨店事業に関しては、現場の成長に注力している。

千趣会、通販事業を強化
https://newspicks.com/news/949938

経営者にとって大事なのは将来を見通す洞察力
https://newspicks.com/news/987127

大丸松坂屋百貨店/5月の百貨店事業10.5%増
https://newspicks.com/news/992465
200億円の資産を持っているけど、負債も100億円ある会社があるとします。
この会社は差っ引きで100億円の価値があるとされます。
もしこの会社を50億円で買収できたら、とりあえず50億円得したとみなされます。この50億円が負ののれん発生益です。
本当は200億円とされてる資産にそんな価値はないかもしれないのですが、とりあえずは50億円得したと処理します。
数年前までは5年かけて10億円ずつ(50億円÷5年)利益に計上してましたが、今は一括計上です。
追記
福田さん、
負ののれんを一括で利益計上するようにしたのは国際会計基準に合わせたものです。資産や負債の市場価値はちゃんと計算可能だという時価主義の発想に基づいて、価値が目減りしたらまた改めて損失として計上すれば良いという考え方です。
ちまきさん、
その場合は通常ののれんで、負ののれんではないです。
その例えで言うと、負ののれんとは、年収1000万円でイケメンなのに彼女いない人がいて、何かあるのかなこの人?と思いつつも付き合ってみた。という感じです。
やべ、逃してた。負ののれんですか。
これは、正ののれんとは切り離した方がいいと思います。
一括償却というと分かりにくいです。
そもそも負債に計上すべき要件を満たしていません。
基準上では、負ののれんの発生原因はバーゲンパーチェスであるとされ、発生時の利益としています。
また、異常な状況でしか発生しない利益であることから、経常利益として計上せず特別利益に計上されます。
特別利益に促すというのは、昨今の会計基準の流れでは珍しいと言えます。
負ののれんは、基準上においてもそれほど異常なものとされています。
負ののれんは別に珍しいことではありません。PBR 1倍未満の価額で企業を買収したら、負ののれんが発生します。
日本ではPBR 1未満の会社が山ほどあります。有名どころでは、例えば、メガバンク3行、大手上場保険の第一生命とMS&AD、財閥系3商社+丸紅、大手海運の日本郵船と商船三井、これらは全部PBR 1倍未満です。架空の話ですが、もしこれらの会社が現状株価で買収されたとしたら、買収者側で負ののれんが発生します(ここでは買収プレミアムを考慮していません)

なお、負ののれんの一括利益処理は企業の実態に影響はありませんし、機関投資家やセルサイドアナリストにとって一括利益が計上されるのは計算すれば分かる既知の事実なので、マーケットインパクトも多分ありません
負ののれんで上方修正したのをわざわざ記事にして配信するとは。実質にはなんの影響もないのに…
千趣会と提携しEC強化、オムニチャネル推進しているがファッションの商品力、編集力が微妙。ECサイトもファッションは捨ててギフト中心にしてるように感じる。インバウンド需要で好調に見えるが、相変わらず店頭でのポイントアップの連発は続けているようだし今後伸びるように思わないんだけど。。
この株高の時期に負ののれんが発生とは。
株式会社 千趣会(せんしゅかい、英:SENSHUKAI CO.,LTD.)は、大阪市北区同心に本社を置く大手通信販売会社である。東京証券取引所1部上場企業。 ウィキペディア
時価総額
209 億円

業績

業績