新着Pick
463Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
筋力が優れていても、ストレッチをしない「身体の固い選手」がケガをしやすいように、IQ的な意味で頭の回転は早いのに、メンタル不調になりやすい方は総じて「固い(=頑固)」傾向があります。(これ、マイナスの側面だけでないのですが)

休職者にお会いした際、この「頑固さ」について、どこまで言及して良いかといつも迷います・・。人格に関することに口を出すことになりますので。藤原さんの見立て「頭の回転⇒柔らかさ」への重要性のシフトについては概ね同意です。
学区の事情にも拠るのでしょうが、うちの長男も長女も(すでに大学生)埼玉県の地元の公立小中学校に入れてもらいました。
そこで子供たちが学んだのは多様性です。働かない親の子供たち、海外から嫁いで日本語がままならない母親たち。先入観も働くところでしょうが、子供たちはしっかり多様性を学んで帰ってきました。
親ばかですが、担任の家庭訪問時に長男が成績不振な子供に下駄箱で「いいこともあれば悪いこともあるよ」と慰めていた場面を遠くから眺めていたことを知らされたときは、お受験させなくて本当によかったと思いました。
ご子息の教育は難しいですね。でも知識より人間力が何より大切だと思いました。
長男が中学受験をしたときに、同じ疑問を持ちました。

我が家は、結局以下の5つのうち、5)を選びました。
(1)小中学公立高校大学受験(僕が経た雑草バターン)
(2)日本のインターナショナル・スクール
(3)海外のボーディング・スクール
(4)私立小学校から大学までのエスカレーター式
(5)公立小学校から中学受験をする(公立、私立、国立を含む)

ちょっと長いですけど、皆さんの子育ての参考になれば幸いです。
今、三男まで中学受験を終えています。

子供の教育を考える〜長男の中学受験に思う
http://blog.globis.co.jp/hori/2010/02/post-5c41.html
北畠さんのコメントにOBとしてかぶせると、開成高校は毎年200名前後が東大に合格しますが、そのうち半数の約100名が中学入試組(300名)、残り半数の約100名が高校入試組(100名)。高校入試組はほぼ全員が東大に受かる秀才集団。
やはりレゴの時代!…ではなく、見本がない中で自分がいいと思う形を作っていく「レゴブロック型」の能力が求められるようになったとのこと。
山田さんに同意で、記事の考え方にも、中学受験も関係ない点も、そして「幸せに生きる」が大切とも思う。
見本がない、画一的でないからこそ、自分にとって幸せが何かというのをちゃんと考えて、そこをどう得ていくかというのは本当に重要だと思う。幸せの一要素は「食える」ことだと思うので、一定稼げることは重要だと思うが。
〈追記〉そういえば最近「四当五落」という言葉があるらしい。中学受験を四年から始めると受かって、五年だと落ちる。それを聞いて、自分の友人・知人で尊敬する人たちが受験に燃えた人たちかと考えたらそうじゃなかった。一年一年、年に関係なく大切にしたいものと思った。〈追記終〉
いろんな事経験するのはいいことだよ
表題は中学受験だけど、記事の大事な内容には、中学受験は全然関係ない。笑

藤原さんの考え方はとても共感できる。ただ、息子たちには「稼げる」ことより、「幸せに生きる」ことを大切にして欲しいと思っている。
公立VS私立。この議論で公立派の方が必ず持ち出す多様性。確かに所得も国籍も成績も様々なものが揃った多様性ならば確かにそうかもしれない。所得上位、成績上位2割がごっそり抜けた状態でしかも日本人だけの状態を多様性とは言えない気がする。
それに、私立か公立か、ではなく、建学の理念、中高一貫、などに惹かれて私立を選ぶ人の方が多い気がする
小学校3年生の子どもを持つ親として、本当に切実な問題。
高校までずっと地方公立派だったので、公立で多様な人の中で育ってほしい、という思いがある一方で、大学に多かった東京の中高一貫校を卒業した同級生たちの自由な雰囲気というか、10代を謳歌していた雰囲気を思い出す。
実際、公立の授業が魅力的なら、このまま公立で、と思うのだけど、それが一番心配。
でもうちの職場限定だけかもしれないが、根性と覚悟をもってがっつり働くのは(とくに女子)、気がつくとみんな地方公立出身者だったりするのです。
藤原氏は教育成果や成功の尺度に、"仕事の時給"を持ち出しているけど、なんとなく情けない。チマチマしてる。

個人的には、人間としての器を大きくする経験や志なんかが一番重要なんじゃないかと思う。