[24日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は24日、フェイスブックのアカウントを持っていない人が電話番号などの簡単な登録だけで対話アプリ「メッセンジャー」を利用できるようにしたと発表した。

フェイスブックのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のユーザー数は約14億人。同社はこれまでにユーザーと小売業者、レストラン経営者などを直接つなげることを目的に、同アプリのプラットフォームを外部企業に開放している。

今回、フェイスブックのアカウントを持っていないユーザーにも「メッセンジャー」の利用を解放することで、同アプリの利用範囲を拡大し、将来的に独立したプラットフォームとして運営することに1歩近づいた。

登録は氏名、電話番号、写真だけで完了。「メッセンジャー」サービスの現在のユーザー数は約6億人となっている。