新着Pick
180Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2015年4月に発表された「妖怪ウォッチ3」。日本のさくらニュータウンから米国のセントピーナッツバーグへ舞台が移ります。概要見た感じ、マップやBGMはかなりアメリカナイズされてるみたいですね。米国で、というよりは、日本で今やっている子ども向けの新作、のような感じがします。
http://www.4gamer.net/games/294/G029472/20150407070/
夏にはUSJで新アトラクションもできるそうです。ブームの大波は去った感じですが、まだ妖怪おしがところどころで続きそう。

【追記】
妖怪とよく比較に出されるのはポケモン。DS以降のゲームソフト世界累計販売本数。

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 1,763万本(DS)
ポケットモンスター ブラック・ホワイト 1,560万本(DS)
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー 1,272万本(DS)
ポケットモンスター X・Y 1,385万本(3DS)
ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア 994万本(3DS)

ハートゴールド・ソウルシルバーはポケモン金・銀(ゲームボーイ・カラー共通)、オメガルビー/アルファサファイアはポケモンルビー・サファイア(ゲームボーイアドバンス)のリメイクです。販売本数は、正確なデータが1996年からのため、昔のソフトは数値が不明確になるが、出荷本数では赤・緑・青3,137万本、金・銀2,300万本、ルビー・サファイア1,614万本。

妖怪はまだ国内のみだが、3DS向けのこれまでのソフトは全て100万本超えている。最高は「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」の313万本。
4月には海外展開を本格化させると発表していた。海外での妖怪ウォッチのゲームソフト展開は任天堂と協力しており、今回任天堂は英語版「妖怪ウォッチ(YO-KAI WATCH)」を初披露した。
また、2016年春からアメリカ玩具メーカーのHasbroと連携して、北米や欧州で妖怪ウォッチの関連商品を展開する。日本と同様に、海外でもクロスメディアを展開していくと強調しており、テレビアニメや玩具などに幅を広げる予定である。
確かにギャグは全て作り直しでしょうね。
ちなみに国内ですが、以前映画『妖怪ウォッチ』公開16日間で491万人というニュースがありました。政府統計によると今の男子小学生(1-6年生)の合計でも338万人。(平成26年度)女子を合わせて660万人。恐ろしい数ですよね。
この浸透力を是非海外でも発揮してほしい。

ニュース
http://news.mynavi.jp/news/2015/01/06/480/
政府統計
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001055957&cycode=0
わたしの周りのプロの間では、「ヒットは厳しい」との意見が多いです。ただ、それはあくまでアニメとしての話ですので、ゲームとしてはヒットするかもしれません。
海外展開、頑張ってもらいたいですね。
アニメそのものではなく、ゲームの方ですよね。となると、だじゃれとかよりも、キャラクターのみため、ゲームシステムの作り込みなどが重要になる気がします。メダルと時計を使って妖怪を召還するシステムというのは、あながちウケが悪いとも言い切れない気がします。

妖怪という概念が海外ではキリスト教等の宗教文化と相容れないのでは無いかという意見を聞いたことがありますが、どの国でもだいたい、妖怪やお化けの話はありますよね。私もネガティブな意見ばかり聞きますが、個人的にはそこまでダメか?と思います。

子供が熱狂するものって、大人の嗜好よりも、国や地域の差があまりなさそうな気がします。
妖怪ウォッチって、世代別に刺さる様々なコネタを大量に挟んでいると思うんだけど、あれをどうやって英語化するんだろう。
ポケモンに続いて欲しい。レベルファイブのライセンシング展開は日本ではかなり完成されている。アメリカでも通用すると思うのでポケモン越えを目指して欲しい。
ポケモンばりにいけるかどうか。アニメやゲームはうまくいけば、ものすごい収益になりそう。
オリジナルとローカライズのバランスが難しそう
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.66 兆円

業績