SOFTBANK_HAWKS_bnr (1)

第1回:「野球女子」の火付け役

観客の7割超が女性ファン。球界の概念を打ち破る、ホークスのエンタメ戦略

2015/6/24
プロ野球では読売ジャイアンツが長らく「盟主」とされてきたが、現状をよく見ると、実質的にその座を担っているのは福岡ソフトバンクホークスだ。売上高は12球団トップで、選手への年俸総額も球界最高。三軍制を敷く独自メソッドで自前の若手選手を育て上げ、12球団随一の戦力で白星を重ねている。親会社の潤沢な資金力をベースとする卓越した経営戦略について、現地在住ライターが隔週水曜日にリポートする。
ソフトバンクの公式ダンスチーム「ハニーズ」から選抜された「ミニハニ」

ソフトバンクの公式ダンスチーム「ハニーズ」から選抜された「ミニハニ」

近頃のプロ野球。「カープ女子」に続き、オリックス・バファローズの女性ファンを「オリ姫」と呼ぶことも定着してきた感があり、「野球は男性の観るスポーツ」というイメージも随分と変わってきた。

5月29日には両チームが対戦した試合(オリックス主催)を「Bsオリ姫デー」として開催。平日ナイター(金曜日)にもかかわらず2万9971人が来場し、大当たりの企画となった。

だが、実は10年も前から、女性をターゲットにしたイベントを継続して行っているのが、福岡ソフトバンクホークスである。