新着Pick
522Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界にはAppleとGoogleしかいないかのような振る舞い。でもこれで音声広告がデジタル化するので、手が付いてなかったラジオ広告費がゆらぐか。。。
広告というビジネスモデルで収益を上げているGoogleだからこそ成せる業。Googleを上回る広告収入を上げられる会社は存在しないので、同じ無料モデルでは他社は太刀打ちできない。
ただ、テイラースウィフトは絶対に楽曲を提供しないだろうな。笑
Apple Music、Spotifyなどと比較して、楽曲数や無料サービスに広告が付く点など大差はない。新規ユーザー獲得争いが激化していくことが予想される。有料サービスへの移行率や、報酬などの面でアーティストとの折り合いをうまくつけることも重要だろう。

こちらの記事ではSpotifyについて紹介がある。
http://jaykogami.com/2015/06/11564.html

有料会員数が1,000万人から2,000万に増加したことで、ロイヤリティ料が1.7倍程度に上がるとしている。アーティストがインディーズかキャリアか、トップ10か100か、などによってかなり額が違う。

【2,000万人のケース】
インディーズ/120万ドル
キャリア/260万ドル

トップ100/330万ドル
トップ10/1,390万ドル
節操がない。いつも無料で対抗。無料はサービスをダメにする、と商売をしてつくづく思う今日この頃。
役者が揃いましたね。無料版で他社にはない広告モデルを適用できるところが強み。楽しみ。
グーグルが有料の音楽配信サービスに無料版を追加。無料版は広告がつくとのこと。Spotifyの課金割合は非常に高く20%を超えると言われているものの大半は無料会員。Appleは有料のみだが今後、シェア争いの中でフリーミアムモデルとなるのか注目したい。
地図、本、買い物に続き
人の著作物まで検索、提供し始めているGoogleさんにして、
むしろ遅すぎた参入(^O^)
まあ、ここはApple.SONYにやらせておけばいいと最初は考えていたに違いない
クラウドも後発参入、なんでもかんでも1番というわけにはいきませんね
アーティストやレーベルがフリーミアムサービスとの関係性について見直す動きがある中での無料モデルの投入か。どこまで賛同を得られか注目。
Apple MusicはAppleでしか使えないので、Googleの敵はSpotifyですね。Spotifyは広告付きの無料モデルを展開しているからそこと並ぼうといった感じだと思う。
Spotifyは2000万人の課金ユーザーによって支えられているが、Googleは課金ユーザーは追っていない気がする。なら、YouTubeのサブスクリプションモデルももうすこし考えられる気がするのだが。。。
あまり音楽を聴かないですが、客観的に外から見ているとおもしろい展開。リーダー企業の戦略によってルールが変わり、無料音楽配信の市場が広がっていく動き。既存の有料音楽配信をしている企業にとっては本当に脅威でしかない。全く異なる自分の業界でも同じようなルール変更が起きないか、自分ごととして考えてみたいと思う。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
129 兆円

業績