新着Pick

B787の試験機、最後のフライトで中部国際空港に着陸 無償譲渡、今後は一般公開へ

SankeiBiz(サンケイビズ)
米ボーイングが中部国際空港会社(愛知県常滑市)に寄贈する中型機「787」の飛行試験機が22日、関係者らが出迎える空港に降り立った。2009年に初飛行に成功して以来、計1300時間、500回以上のテスト飛行を重ねた機体の最後のフライトとなった。
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バッテリーの不具合等があったけど、乗ってて快適なB787。
ボーイングが保有している飛行試験機が中部国際空港に無償譲渡され、改良後公開されるらしい。
日本に譲られるのは、なんか、ちょっとうれしい!
名古屋が熱い!2017年にレゴランドが出来るし、787も見れる…いくしかない!
時価総額
10.3 兆円

業績

中部国際空港株式会社(ちゅうぶこくさいくうこう、英語: CENTRAL JAPAN INTERNATIONAL AIRPORT COMPANY, LIMITED、CJIAC)は、1998年5月1日に商法上の株式会社として国土交通大臣・愛知県・岐阜県・三重県・名古屋市と民間企業などの出資により中部国際空港の設置および管理を目的として設立された会社である。主に中部国際空港の運営や管理を行う。 ウィキペディア