• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【1500億円上場】宇宙企業の敏腕社長は陰のルールメイカーか

NewsPicks編集部
215
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 中居 広起
    NewsPicks 記者

    本文には書いていない内容として、企業が開発した製品やサービスを政府が継続して購入する「アンカーテナンシー」についてどう思うか岡田社長に聞きました。

    アンカーテナンシーは、NASAがロケット打ち上げの大型契約をスペースXと結んだことで、同社が急成長したという成功事例が知られています。日本でもアンカーテナンシーの活用が議論されています。

    一方、岡田社長はアンカーテナンシーには懐疑的な意見でした。岡田社長は「政府が顧客になることもあり得るが、民間企業ならちゃんと民間のお客さんを捕まえに行くべきだ」との考えだそうです。

    そして、民間の需要は国内には少ない。だから必然的にグローバルに出ていかざるを得ない。「世界同時展開しないと、政府におんぶにだっこになってしまう」というのは、確かにその通りだと思いました。

    QPS研究所といった政府の受注だけで黒字化しそうな企業は別として、宇宙ビジネスをやるなら、やはり最初からグローバルを狙わないといけないんだな、と改めて気付かされました。


  • 清水 勝彦
    badge
    慶應ビジネススクール 教授

    興味を持って読んだんですが、これだけだと「顧客」は誰なのかわかりませんでした。残念。

    ちなみに、数年前のKBSの卒業生はドリームインキュベータをへて「宇宙エバンジャリスト」という名刺を持っていました。彼は今何をしてるんだろう?


  • 斎藤 宏敏
    IT系 再雇用中

    デブリの最終処分についてCopilotに聞いてみたら、基本、大気圏への再突入で燃え尽き消滅するらしいですが、環境面でまだまだ調査研究が必要なようです。
     ↓(Copilotより)
    再突入するデブリの多くは、大気圏で燃焼し消滅しますが、その過程で発生する金属粒子が成層圏に残り、そこで化学反応を引き起こすことがあります。これらの反応は、オゾン層の状態や地球の気候に影響を与える可能性があり、環境への影響を考慮する必要があります。ただし、これらの影響はまだ完全には理解されておらず、さらなる研究が必要です。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか