新着Pick
302Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
近未来、人間は今現在なら遊んでいると言われている仕事をしているはずです。ロボットに現在の仕事を奪われたからです
ロボットが人間の職を奪うなんて、近視眼的な発想は無くしてほしい。ロボットに出来ることはロボットがやって、人間にしかできないことに人間はフォーカスをあてるのが、人類の発展のために非常に重要だと思う。
いわゆるアシモフのロボット三原則。この頃はシンギュラリティなんてものは観念されていなかったけれども、それを牽制するために設けられた倫理規定みたいなもの。
ただ、アシモフの願いも虚しく、ロボット研究が飛躍的に進んだのはDARPAをはじめ軍事的な投資のおかげでもある。兵器としてのロボット。核と同じように、バランスオブパワーの均衡を保つ存在としてロボットが用いられる未来は近い。
他の方がコメントされている通り、ラッダイト運動のような非生産的な歴史を繰り返してはいけない。テクノロジーの進化に伴って新たに生まれる仕事にシフトしていくのみです。
それにしても冗談でも「生活保護をうけりゃいいじゃん」とか言うのは本当にやめて欲しい。生活保護を受けて暮らす人の気持ちを一切無視した暴言です。まぁ、上流階級クラスタなNPで生活保護を受けたことのある人なんてぼくくらいのもんかもしれないけど。
人工知能の活用ということでいえば、社会への変革は既に十分起きてますよね。先日のNPの記事で、Googleの検索エンジン・広告システムを支えているのは人工知能だと理解しました。

私が気になっているのは、今後の人工知能・ロボットの軍事利用です。核兵器の開発と同じかそれ以上のインパクトがあると思います。国際的な枠組みが必須だと思います。
AI、自動運転自動車、ドローンなど生活の一部としてロボットとの関係性が近づく中でいかにしてロボットと共存するかは今後の大きな課題。法整備も含め変えていかなくてはならないところは多い。
未来はたぶん僕らの想像を越えてくる。
そう理解した上で、これからどういうキャリアを積んでいくべきかを考えよう。
AIとロボットが人類の経済活動の拡大に寄与することは確か。そして恐らくNPユーザーの多くは恩恵を受ける側。
ただ、同時にそれが格差の拡大に繋がることも同じくらい確かだと思う。
だから止めるべき、という議論には決してなりませんが、それなりに富の再分配の負担は大きくなることは認識すべき。
使い方、向き合い方の問題。