新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本が中国や北朝鮮のようなエリート教育をやる理由を知りたいと思い、ずっと温めていた企画をNPで実現。三者三様の潜在能力を誇る10代アスリートが、ストイックに、前向きに、五輪を目指す姿がすごかった。
余談だけど、禁欲とパフォーマンスて殆ど関係ないと思いますね
ナショナルトレーニングセンターの良いところは自分の競技以外に他競技のトップ選手がゴロゴロいるところ。やっぱりスポーツは良いな〜
2002年ワールドカップでブラジルが優勝したとき、ワールドカップ期間中の40日間禁欲令が出されていた。体力を消耗するから。

記事にある通り「何のためにここにいるのか」が勝つためなのであれば、多少の犠牲があっても良いとは思う。
「エリートアカデミーというやり方が一番いいなんて思っていません。親元で、愛情をたっぷり受けながら練習するほうがいい子だっています。それぞれが自分に適した環境を選べばいい。単にひとつの選択肢です」
この言葉は中高生という時期に選手を預かる、コーチの責任の重さと覚悟を感じる。
結果を出すトップアスリートには、競技力だけでなく、人間性も重要。その意味で、選手を育てるコーチ陣がどのように選ばれているのかも興味があります。
こういう環境に身を置いてたことは絶対良い経験になるとおもう。

スポーツの側面に特化したものではあるけど、素敵な教育論。子供を正否で育てるのではなく、ある石に基づいて育ててる。可能性もバリエーションもわかった上で、選択する。方向付ける。てのは素敵。
結局、選択するのは自分。その上で、こういったシステムが機能するといいなぁ
最高の身体能力を有する若者にフェンシング。そういう戦略的センス、好きです。


ターゲットセグメントは選ぶべし。鉄則ですね。