新着Pick
540Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社のエンジニア向けサービスCodeIQと堀江さんが奇跡のコラボレーション!
"新しい言語が登場したらとりあえず触ってみる。仕事で使うかどうかなんて関係ない。新しい世界が目の前に広がっているのに、そこに手を出さないのは、もったいないじゃないですか。
たかだか新しい言語や技術を覚えるのに、人生賭けちゃうほどの重大な決断は要らないんですよ。
"かぁ。良いこと言うなぁ。非エンジニアのぼくらが、エンジニアから学ぶべきところは本当に多い。
「堀江貴文からの挑戦状!」もあるらしいので、エンジニアの方はぜひ挑戦してみてください!
なんつっても自分でなんでも作れちゃうのは強いわ
堀江さんの言動を見てると、文系とか理系とかそういうくくりってホント意味無いなぁと思わされる。
僕もhtml5とか、jQueryとかで、コード書けるけど、Gruntもイマイチ良くわからないし、
cssをbootstrap、javascriptをAngular.jsとかでプログラムする様な人を見ると矢張りweb止まりで、プログラマーには、到底成れないなーと。思うこの頃です。

追記、phpとrubyは何とかついていけそうなので、50歳過ぎて勉強始めました。
新しいことを学ぶのは難しそうだけど、基礎ができているとすごく簡単。例えば、プログラミング言語はパソコンを制御するもので、言語は違えどすべて基本は同じ。ハードにせよ電磁気学。数学と物理学を早い段階で身につけておくと後が楽。
デカい世界が見て、創っていきたいエンジニアの皆さん、是非うちへ!
彼らこそが本物のスーパーエンジニアってところでしょうか。

言語の壁なんかはあってないようなものなので、考え方の世界が身につけばどってことないでしょう。

Apple、Google、Microsoft、IBM、Oracleなどのテック企業ってのは如何に偉大か、っていうのをよく実感します。コーディングコーディング言いますが、コンパイラが変換した機械語を受け取って実行するのはOSです。そのOSを作るのが彼らです。我々が書いたようなコードがそのまま動くわけじゃないんです。

個人的な話ですが、やりたいことはすべてコーディングできますが、センスがないのを自覚したので大学に戻ったら「PGとしての能力もそれなりにある」学生として別の道を探そうと思っています。天才には敵わない。笑
良いエンジニアかどうか、私は見極める時には「興味の持ち方」を気にします。普段から新しい技術とか、仕事に直接関係の無いものに触れているエンジニアは強い。そういう人は仕事においても気にするポイントが違う。興味があるから領域を越えた目線を見せてくれます。まあ堀江氏が求めるような超絶エンジニアのレベルとは少し違いますけどね笑
「モノゴトへの多次元的、多層的な関心」は、エンジニアに限らずあらゆる仕事をする人にとって大切なことなのではないかと思います。

どんな世界でも、その人のアウトプットの圧倒的な美しさでその圧倒的な凄さが分かりますよね。
すごい人たちのアンテナの高さはヤバい。なぜ?という興味関心が圧倒的に高い。