新着Pick
291Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
甲子園の盛り上がりようをみれば日本でもいくらでもやりようはあるとおもうけど
甲子園は、いろいろと商業化に向けたハードルがあるものの、大学スポーツは戦略次第で日本でもまだまだ成長できそう。金子達仁さんが昔から指摘しているように「スポーツ=体育」という文化を変えない限り、アマスポーツ界とビジネスの距離は縮まらないのかもしれません。
永塚さんに「アメリカスポーツの壮大な世界を描いてほしい」とお願いしたら、僕の想像を遥かに上回る世界が広がっていました。日本のスポーツ界へのアンチテーゼが裏テーマのこの企画。スケールの大きなアメリカを見ることで、利権にとらわれている日本スポーツのくだらない旧来的価値観を少しでも打破していければと思っています。
凄いよ。なにが凄いって選手の搾取っぷりが凄い。有力選手は当然奨学金で引っ張ってくるんだけど、食事の提供はルール違反なんだよね。だから強豪校の有力選手でも腹が減ってまともにプレイできないなんてことも。もちろん怪我してプレイできなくなったら奨学金は撤回、卒業すら出来ずに終わることも。大学はアマチュアスポーツという美名の下、タダの選手をコキ使って年数千億円規模のビジネスをやってるのです。有力大学のコーチ年俸は数百万ドルとプロ並みかそれ以上。笑が止まらないのです。大学バスケットの全国大会、通称March Madness、優勝チームがバスケットのネットを切り取る伝統があるのだが、それに使うハシゴにまでスポンサーがついてる。
選手たちが報酬をもらわないアマチュアスポーツに、これだけのお金が動くの違和感がある
そしてESPNが儲かる。スポーツはライブ感や大きい画面が重要だから、YouTubeとかとかち合わない(Netflixとか買収したそう…調べてないが)。
選手はそこで目立つことと引き換えにプロへの道を得る感じなのだろう。
1936年12月12日の朝日新聞ではオリンピックに1億円(当時の外国人観光客の落とした金額に相当)寄付したとでています。前年にようやく巨人軍誕生した時代で、朝日は大学中等野球大会25年の歴史もありました。時代を超えてその国の経済規模、人口配置によりスポーツ興行も異なるでしょうし、いずれ中国があらゆる規模でスポーツ大国、興業大国になるでしょう。
最近思うのは、アメリカはビジネスがうまいから人気があるんじゃなくて、それプラス草の根活動の組織体制もしっかりしてるからこんなにも市場規模が大きくなったんだということ。日本のスポーツの問題は組織体制とかガバナンスが大きいと思う。
アメリカのアメフト、バスケのカレッジリーグの人気は日本では想像できないほどです。日本でも高校野球が甲子園一極集中にならない様に、強豪校のリーグ戦にすればかなり盛り上がると思う。文科省が絶対に許可しないと思いますが。
うちの母校KGといえばアメフト部だった。OB会はもちろん、保護者会もめちゃくちゃしっかりしてるイメージだし、他部とは集客レベルが圧倒的違った。ライスボウルに出ようものなら、東京中のKG出身者も駆けつけてますね。今年の正月に観に行ったけど、凄い熱気でした。