新着Pick
285Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
創作者(制作者)側からの観点です。アグリゲータを通した場合の楽曲販売値はだいたいこんな感じです。決済手数料は業者により違いますが、仮に手数料無しで、1楽曲を1か月で頑張って10万再生で、総再生数が仮に5000万再生だとするとだいたい¥0.5位が原盤制作者(アーティスト、メーカー側)の収益です。アーティストが原盤を持っていない場合は、此の1/100程度の分配です。10万再生はかなりのヒットチューンに近い値です。外部スタジオを使って録音、mixまでやると平均一曲20万以上はかかるので、矢張り創作制作側からは、プロモーションメディアと捉えた方が、後々シコリは無いですね。

楽曲の販売収益 = [月額利用料金(税抜) - 決済手数料] x 50%(残り50%は仲介アグリゲータ手数料) x [利用率]

*「利用率」 :対象楽曲の月間総再生回数 ÷
        登録全楽曲の月間総再生回数
*「再生」  :30秒間以上再生された楽曲

LINE MUSIC、早速使い倒してみましたが、「音楽ライフのベストパートナー」と言えるレベルではないです。残念ながら。iTunesライクの潔いイミテーションUIやサクサク作成&シェアできるプレイリストなど、非常に使い勝手は良いです。
ただ、ぼくのように洋楽をヘビーに聴きたい人からすると物足りない印象があるのも事実。三代目とか西野カナとかは別に聴きたくないかなーと。笑
良い意味でAWAとはかなりコンセプトが異なるサービスなので、しのぎを削ってサービスを磨きあって頂けると音楽好きとしては嬉しいところ。
http://npx.me/pg7r/28Au
さあて、どれが勝つんだか。複数共用はなさそうだしなあ
spotify、AWA、LINE MUSIC、AppleMusicと続く、定額制音楽サービスのリリースラッシュ。やっと、日本でも定額制音楽サービスがメジャーになっていく。
おーきたきた。とりあえず使ってみますか。
時間のみ制限した格安プラン、音質自動判別、再生した曲のキャッシュとスペック上は有用そうな機能がそろってますね。SonyのMusic unlimitedで実現されてた完全オフラインの再生までできるかどうかは書いてありませんが。
とりあえず試してみよう。
【追記】うーん、使ってみましたが、インターフェイス、プレイリストといった本質の部分でまだまだという感じですね。現時点ではSpotifyに寄せてきたAWAのほうが。
何か世代によって感想が別れている感じでおもしろいですね。
邦楽はAWAよりもあるけど古めの鉄板洋楽がほとんどないかもしれません。Deep Purpleはアルバム3枚くらい。Led zeppelinに至ってはゼロ。しかしiTuneとほぼ同じUIの意図はなんだろう
今のところ使い勝手が悪い。途中で止まる。