新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
唯一、ライフネット生命が「新卒採用関係者の意識調査」という新卒の採用担当者へのアンケートを行っています。その中では、キラキラネームかどうかは「採用の意思決定には関係ない」という回答が8割超を占めています。このアンケート調査の情報は非常に貴重なのですが、一方で気を付けなければいけないこともあります。このアンケートのようなインターネット調査では代表性を確保することが難しいので、このようなセンシティブな質問に躊躇なく回答できるような企業文化の採用担当者ばかりが回答している可能性があるということです。また、この質問に回答しなかった人がどれくらいいるのかということ(脱落サンプル)などの問題もあります。
http://www.lifenet-seimei.co.jp/newsrelease/2013/4568.html
色んな研究結果があるのですね。
私は「名は体を表す」だと思っています。そして、何かで読みましたが、名前がオーソドックスであれば、本能的に他より目立とうと努力するが、名前が奇抜であれば、それだけで注目を浴びるので潜在的にあまり努力しようとしない と書いてありました。イチロー選手の活躍なども勘案しても、これは結構本質をついているなぁと思ったので、私の中では今のところ正解としています。

そして何より、子供への想いを託してあげるのが一番だと思います。子供から「何で○○って名前にしたの?」と聞れた時の答えが、その後のその子の心の支えの一つになれば理想的だと考えます。「お父さんお母さんがそうやって思って赤ちゃんの私につけてくれたんだぁ。」といつでも思い出せる、持ち運べる『最高のエール』を送ってあげると考えるといいのではないでしょうか。
本人達に許可を取ったので書くと、自分の知人には1977年7月7日生まれの男性と女性がいる。一人は「世文(セブン)」一人は「七重(ナナエ)」。
前者はなぜこんなに読みやすいのに「キラキラ感」があるんだろう(笑)。後者は「見ようによってはキラキラ」だけど、なんか趣深い感じがする。
「ネーミングのコンセプト」はほぼ一緒なのに・・。
元オアシスのリアム・ギャラガーはジョン・レノンにちなんで子どもにレノン(それ、ファーストネームなのか)と名付けています。イギリス版キラキラネームなのかも知れません。
くだらねー議論。暇人だな
とりあえず、「正しく読んで(呼んで)もらえない」のはジワジワと心にダメージ。
学校でも銀行でも病院でも役所でも。
私はやはり「読み間違いが少ない」名前にしてあげたいです。
日本でもキラキラネームと親の学歴や所得は相関がありそう。
昨年のベストオブキラキラネームがサイト&アプリの「無料 赤ちゃん名づけ」から発表されてます。
1位 黄熊 ぷう
2位 今鹿 なうしか
3位 皇帝 しーざー、ふらんつ など
4位 姫愛 きゅあ、てぃあら など
5位 苺愛 いちあ、べりーあ など
6位 男 あだむ
7位 希星 きらら、きてぃ など
8位 姫星 きらら、きてぃ など
9位 火星 まあず、じゅぴたー
10位 琉絆空 るきあ
キラキラ感がまぶしいなぁ。
アルゼンチンではあまりに「メッシ」が増えたので(メッシは苗字で、リオネルが名前のはずなのですが。。。)メッシ禁止令がでました。
最近だとカニエ・ウエストと、これまたお騒がせセレブのキム・カーダシアンの子供に「ノース」と名前をつけ「ノース・ウエスト」とこれも物議を呼びましたね。
キラキラネームも度合いの問題ですよね。一番の問題は読めないことでしょう。ただ、僕の名前の「こうへい」は外国人には読みにくいらしく、koheiなので「コーヒー」と呼ばれることが多いです。。。
子どもの名前を付ける時、かなり悩みましたし、今までで最も責任のある仕事だったと思っています。「名は体を表す」という言葉もありますが、成長してきて、名前の大切さを実感しています。
名前の音が聞き取りやすいかどうかは、意外と重要です。妹が2人いるのですが、下の子は漢字に対して珍しい読み方をしているわけではないのですが、必ずといっていいほど聞き返されています。

自分の名前を意識する瞬間というのは、名簿や名刺、履歴書など字面として自分を表す場合と、自己紹介など人前で口に出してフルネームを言う時。名前が全てとは言いませんが、やはり今まで交流のなかった人との最初の接点は、名前だし、多少なりとその人を表現するものとして認識される。国や宗教を問わず、言霊が信じられているのも、それに通ずるものがあるのではないでしょうか。