ライブコメントを表示

ライブコメント
コメントを非表示
VIDEO
2022年4月21日 公開

【予言】メタバースで結婚?5年後、リアルなデートは消滅する

USのテック&カルチャーの最新トレンドから近未来を予測する『伝書鳩TV』。今日は、「出会い」と「デート」の行方についてです。Facebookがデート機能を搭載し、Tinderを開発したMatch Groupは韓国のある技術会社を買収。更にAppleにも動きが。Web3.0時代のデートの未来を覗き見します。(毎週木曜の朝に最新エピソードを更新) (声の出演:鳩山玲人、後藤直義、洪由姫、けんしん(小3)楽しみ (Voiced by https://CoeFont.cloud)/デザイン:國弘朋佳/編集:伊藤大地/ディレクター:有水冴子/プロデューサー:安岡大輔、小西健太郎)
出演者:
Pick に失敗しました
人気 Picker
米国でライブ配信型マッチングアプリを運営していますが、バーチャルに出会うのは、FaceTimeを日常的に使うZ世代では当たり前となっています。バーチャルに出会うメリットは主に下記3つです。

1. バーチャルの世界で時間をかけてお相手を知ることができ、性格、雰囲気、社交性などがよく分かります。
2. 自宅で出会えます。一度会うためだけに外に出る必要もなく、コロナ禍も安心・安全
3. 遠隔の人もお相手候補になり、マッチの幅が広がります

これからもさらに新しい技術を取り入れて、より沢山の幸せなご縁をもたらしたいです!
私が言うのもおかしいですが、リアルなデートが消滅することはないですね笑
ただメタバースでのデートや出会いが増加することはすでに事実として過ぎ去った現象です。メタバースで出会って結婚した人たちも事実いますし、女子高生の間で荒野行動が大ヒットして、出会い目的のプレイヤーが増えたのはもう4年も前のことです。
また、ジェンダー的な話でいうと、新たな性を自覚する人が現れる、というのはあるんじゃないかなと思います。見た目であったり性別であったりを超越した性や価値観のあり方は間違いなく発生し、言葉や定義が発明されていくかと。
私の同僚の子どもは、目の前にいるおじさんもパパと呼び、メタバースの美少女アバターのこともパパと呼ぶ、見た目も性別も違うのに、メタバース上の人格も同じ人間として理解、認識しています。
我々世代では多くの人が到底理解できない価値観でも、新しい世代のメタバースネイティブが、世界を次のステージに塗り替えていくでしょう。
これまで100話を配信してきて、個人的に思う伝書鳩TVの提供価値は「2,3歩先の未来を覗き見できる」ことだと思います。
そこで新シーズンは、おなじみの4人による「予言」を打ち出すことにしました。

どこよりも早い情報をとにかくハイテンポで詰め込んだこれまでに比べて、テンポは維持しつつ、よりわかりやすく理解しやすいようにコンテクストを丁寧に織り込む形に仕上がってます。

新シーズンはYoutubeにも配信していきます。
ユーザーの皆さんからのFBお待ちしてます!
ぽっぽーのバージョンアップ。戻ってきましたー、ぱちぱちぱち!
第一回目はデートがこれからどう変わるか?
アップデートバージョンでは、予言の背景や、文化の違いなどもふんだんに盛り込めるように、私たちの日常のお話も入れていきたいと思っています!
メタバースでは「ルックス無関係」の「意味のある」関係を築ける可能性が高まる。
これはちょっと希望がもてる。
ただ現実に出会ったときの「幻滅リスク4割」というのがリアリティありますね。

絶対に現実では会わないことを前提にした新たなカテゴリー(?)の関係が増えるとして、
それが現実の他の人間関係にどのように影響を及ぼすのか、興味深いところ…。

意味不明で「ぶちっ」と感あるのに笑える番組の終わり方、相変わらずセンスいい。
新しいバージョンの伝書鳩は、より生の取材を入れ込みながら、面白くしていきたいと思っています!
湾岸戦争のとき「これからの戦争は人間対人間ではなく、機械が遠方から攻撃する戦争になる」などとドヤ顔で語った者もいたが、今ウクライナで起きているのは、第二次大戦と同様の人間が人間を接近して攻撃し合う原始的な戦いである。テクノロジーが進化することと人間の本能に関わる行動が変わることとは必ずしも一致しない。

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ