ライブコメントを表示

ライブコメント
コメントを非表示
VIDEO
2022年3月28日 公開

100兆円市場を獲りにきた「ニッチ食品」のオンラインスーパー

エスニック食品を扱うオンラインスーパーが、いま米国で急激に伸びています。その名も「Weee!」。多人種国家である米国で暮らす人々の細やかなニーズに対応した品揃えと低価格を実現し、磨き込まれたUIで今、急成長の注目企業です。米国で暮らす日本人の3人もスーパーの品揃えに不満があるようで、「Weee!」の伸びしろに大きな可能性を感じているようです。(声の出演:鳩山玲人、後藤直義、洪由姫/デザイン:國弘朋佳/編集:伊藤大地、小川貴大/アシスタント:王芸杉/プロデューサー:安岡大輔、小西健太郎)
出演者:
Pick に失敗しました
人気 Picker
米国の食品市場は100兆円規模ですが、EC化比率はまだまだ。
ここを狙うのがWeee!です。

多人種国家のアメリカで暮らす様々な人種の人たちが「欲しいけど売ってない」商品を安く購入できる、しかもUIが超つかいやすいとあって、急成長しているそうです。
米国で暮らしている日本人のRay, Nao, Yooheeにとってもスーパーの品揃えは不満が多いみたいで、おしゃべりが盛り上がっています。
テキサス時代、肉を買うときに家内は「paper thin」とお願いしてブッチャーに切ってもらってましたが、人によって全然違うと嘆いていました。人の多様性が食品の多様性につながる一方、少量多品種サプライチェーン問題が出てくるので、その辺りで一歩先に進んでいるんでしょうね。
オンラインスーパーのWeee!
ここ一年で大型調達を2回もして急成長中です。
Weee!は単なる食材のデリバリーサービスではなく、エスニックというジャンルに絞っているのがユニーク。それだけ米国に住む人種は多様化しているということ。各国の食材を安価で提供しているのは利用者にとってはうれしいことでしょう。ただ、大手がすぐに真似してきそうです。UI/UXで勝てるのか、少し気にかかるところではあります。
なかなかいいんです!サブスクで会員費を払わないのも魅力!
「食」はどうしても、味覚がなれているのか自文化への愛着があるなと思います。

アメリカに留学していたときも日本人と家でご飯を食べるときは、日本食スーパーのニジヤに買い出しに行ってみたいなことをしていました。日本人には日本製の食がよくあうんですよね。

ECだけで考えるなら、頻度は少ないので日本食スーパーでも良いのかなと思ったのですが、グルーポン的な安く買えるようになってお得感が出せるとより躍進していくでしょうね。

UI/UXはもちろん、安く仕入れるような物流もおさえられていくと拡大は間違いないなと思います。人種のるつぼである、アメリカならではのサービスだなと思いました。
冒頭のWeeeeは、ハルクホーガンのモノマネなのに、誰もわかってくれない

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ