ライブコメントを表示

ライブコメント
コメントを非表示
VIDEO
2021年9月7日 公開

【放映権料が高騰中】スリル満点の巨大メディア、現る

シリコンバレーに住むジャーナリストNaoとyoohee、"セレブ投資家"Rayが、USのテック&カルチャーを約3分でおしゃべりする『伝書鳩TV』。今日の3人の話題は『Thrill One Sports & Entertainment』。今、アメリカで大人気のエクストリームスポーツを配信する巨大メディアです。ソーシャルのフォロワーは4000万人を超える超人気メディアの話題に、実はスケーターのRayの興奮は止まりません。(声の出演:鳩山玲人、後藤直義、洪由姫/デザイン:國弘朋佳/編集:伊藤大地、小川貴大/ディレクター:有水冴子、栁橋泉紀、栗原良介/プロデューサー:安岡大輔、小西健太郎)
出演者:
Pick に失敗しました
人気 Picker
東京五輪で、スポーツとしても大きく認知されたスケボー。このスケーボーシーンを盛り上げてきた、知られざるメディアカンパニーたちを本日は伝書鳩でピックアップ。

実はTikTokなどでも、めちゃくちゃな高さからジャンブしたり、スケボーやBMW、モトクロスでド派手なジャンプパフォーマンスをするコンテンツは超人気で、わたしも時々、つい見入ってしまいます。。。。

ニッチで、熱烈なファンがいるスポーツが、メインストリーム化して、大きなビジネスになる流れがよくわかって、とてお面白いです。
今日の伝書鳩TVは、エクストリームスポーツの3団体が統合して誕生した巨大メディア『Thrill One Sports & Entertainment』です。

モトクロスやスケボー、めちゃくちゃする過激コンテンツが集まってるメディアグループで、放映権料が高騰しているそうです。

東京五輪でスケボーが正式競技に採用された背景には、彼らの存在があったとか。実はスケーターのRayの興奮が終始止まりません。
過激は金になる!まさにタイトルのその通り、片目をつむりたくなる曲芸をする人たちに釘付けに。まさに、ここまで「惹きつけるコンテンツ」というものもなかなかないのかもしれません。

こんな世界もあるのだなと、Rayに教えてもらしました!
リスキーコンテンツの会社も入っているということでViceに近しい感じかと思ったら、投資家つながりがあった。
一方で、過激すぎるコンテンツは、ブランディングや裾野を広げていく中で、リスクがある。スケボーとかBMXは、やる内容としてリスキーななかで安全をどう担保していくかに対して、リスキーコンテンツはリスクのベクトルが逆で増やしていく方向だと思う。ここが上手く組み合うか、がポイントかと思った。
ある種のエクストリームスポーツ愛好家のバイブルだった「格闘技通信」を思い出しながら見ました。
イベントと放映権料がビジネスの肝というわけで、いわゆる「メディア」と「興行」の垣根が溶けているところがいいですね。
スリリングなコンテンツを束ねたThrill One。スリリングに成長しそうです。それぞれはニッチだけど、束ねることによって大きなパワーが生まれる。うまい。
エクストリームスポーツを競技化した3つの団体がくっついてできたThrill One Sports&Entertainments。
しかもRaine GroupやCauseway Media Companyといった、Viceなどの成功も導いた投資グループがついてるのが面白いと。そういうメディアビジネスの成功方程式に最近興味ある。

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ