ライブコメントを表示

ライブコメント
コメントを非表示
VIDEO
2021年7月6日 公開

微量の血液で「がん」を発見するテクノロジーは本物か

シリコンバレーに住むジャーナリストNaoとyoohee、"セレブ投資家"Rayが、USのテック&カルチャーを約3分でおしゃべりする『伝書鳩TV』。 今日の3人の話題は、血液検査で「がん」を早期発見できる夢のテクノロジーを開発したという企業、GRAIL。巨大な詐欺事件を起こしたあの「セラノス」の影で生きてきたという彼らの技術は、今度こそ人類を救うのでしょうか。(毎週火曜・金曜の朝に最新エピソードを更新) (声の出演:鳩山玲人、後藤直義、洪由姫/デザイン:國弘朋佳/編集:伊藤大地/ディレクター:有水冴子、栁橋泉紀、栗原良介/プロデューサー:安岡大輔、小西健太郎)
Pick に失敗しました
人気 Picker
いまシリコンバレーのど真ん中にある、いくつかの血液ベンチャーが、ものすごい注目をされています。このグレイルは、ビルゲイツやジェフベゾスが出資してきた、ガンを早期発見するバイオスタートアップの星です。昨年末に、古巣のイルミナという会社が、創業5年にして約8000億円で買収すると発表しました。

仕組みは、がん細胞特有のDNAの断片を、機械学習によってトレーニングしたアルゴリズムで、見つけ出すというもの。10万人の臨床試験を続けてきており、先月に初めてプロダクトを市場に投入しました。

日本語でほとんどニュースになってませんが、一見の価値あります。
父をがんで亡くし、母もがんの手術をしている身からすると、「命に関わる事テクノロジーだから魔法みたい語ることはしない」は響きます。

ちなみに、何か違和感があり、検査や生検をしたが何も無く、でも心配で別の所、また別の所で検査したら、がんがあった!というのが母のケースです。
定期的な検査と、違和感あればほっとかないが大切。

宿敵の「がん」の早期発見、治療のテクノロジー、さらに発展し多くの悲しみがなくなりますように。
幹細胞治療でも注目されているマイクロRNA入りのエクソソームはガン幹細胞からも放出されており転移先の環境整備のために使われているようでこの辺を血液中から検出できればガン発症前に対策することも可能だ
この技術がもっと気軽に使えるようになったら素晴らしい!
そうしたら、価格も下がってきますよね。
血液からがん診断する企業は他にも出てきていますが、
何が頭一歩抜けるための技術なのが、深く理解したいです。
今後の進展に期待ですね!
たった1滴の血液から、様々な癌の可能性を超早期に検知する。
今日の #伝書鳩tv では、そんなテクノロジーのお話。

Naoが「魔法みたいだけど、伝書鳩TVはそんな推し方しない」って言ってたの、かっこよい。
いま、ライフサイエンス投資がめちゃくちゃ熱いそうです。
画期的なテクノロジーで、日本にいつ入ってくるのかが、とても気になります。癌家系の身としては、他人事ではなく、ホームページ拝見したところ、$949 (約10万円)がリストプライスとあります。アメリカは国民保険がなく、各々が入っている保険サービスにより自己負担額が違いますので、自己負担額を明記出来ないようですが、100%保険適応外の場合、10万円ということなのでしょう。

ホームページ情報では、癌死亡の71%は定期的な早期発見テストができていない事が要因らしく、早期発見により現在の癌の5年生存率を4倍以上にする事が出来るそうです。この画期的なテストが日本で受けられる日が待ち遠しいですね。
絆創膏で骨髄バンク登録できる「HELP, I WANT TO SAVE A LIFE」がありますが、血液でがんを発見できるようになるのであれば、今後、同じようなサービスが提供できる日も近いのではないかと思います。
https://vimeo.com/68379182

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ