ライブコメントを表示

ライブコメント
コメントを非表示
VIDEO
2021年4月30日 公開

【大転換】ケチャップ老舗がサブスクを始めた「意外」な理由

シリコンバレーに住むジャーナリストNaoとyoohee、"セレブ投資家"Rayが、USのテック&カルチャーを約120秒でおしゃべりする『伝書鳩TV』。今日の3人の話題はなんと「ケチャップのサブスク」。一見、馬鹿馬鹿しいですが、そこには大規模小売店への依存から脱却を図る、ナショナルブランドならではの事情があるようです。(毎週火曜・金曜の朝に最新エピソードを更新) (声の出演:鳩山玲人、後藤直義、洪由姫/デザイン:國弘朋佳/編集:伊藤大地/ディレクター:有水冴子、栁橋泉紀、栗原良介/プロデューサー:安岡大輔、小西健太郎)
出演者:
Pick に失敗しました
人気 Picker
アメリカでバーガー屋に行くと、ケチャップの小袋を5-6個も、テイクアウトの袋に入れてくれます。

コロナとテイクアウト急増により、ケチャップ不足が米国で大ニュースになりました。テイクアウト急増に対して、小分けのパケット(小袋)が枯渇。最大手のハインツが、世界の生産量を25%もあげるという発表をだしました。

ほぼギャグネタではありますが、面白いのは、ここにかこつけてハインツがケチャップのD2Cを始めたこと。消費財や食品の多くは、これまで大手流通を介していた。それがダイレクト今スーマービジネスになるかも、というのは面白い流れです。
このサブスクの値段はイギリスから始まったので10ポンド、日本円で1500円くらい、それに送料がかかります。

「学生必須パッケージ」として、別のバンドル製品も出てきたりしていて、どれだけケチャップが好きなのかと(笑)

文化が変われば、もちろん売れる商品も、売り方も変わる、そんなことを感じるハインツ回です!
今日は3人にケチャップを着てもらいました笑
#ぽっぽー
ケチャップのD2Cサブスクの配送料はどうなっているのでしょう。配送料の方が高かったりして。老舗がはじめたということは、このサービスを受けたい人が多くいるということ。

欧米のケチャップは、日本の醤油と同じポジションとは知らなかった。日本で醤油のD2Cサブスクニーズはあるかもしれません。品薄になればという前提で。
こういった食品サブスクはIoTが絡むと更に便利になります。コーヒーマシンのIoT化でコーヒーの使用量や抽出メニュー、音声での評価によって配送頻度やメニューを最適化させるなど。冷蔵庫にカメラが付いて最適補充されるのもそう遠くないと思います。
へぇ~欧米はケチャップ不足で大変な状況だったのですね。

ケチャップのサブスクを開始した老舗HEINZ、D2Cのお話です。

”飲食店のオーナーはマクドナルドへ行って食事をし、提供されたケチャップを持ち帰って自分のお店で利用する”ほど、ケチャップが足りないとのことです。

確かに調味料や日用品は日々使い続けますが、キッコーマンやキューピー、花王などサブスクリプションのサービスは提供していませんね。

Amazonの定期おトク便があるため参入が難しいのでしょうか。

また、HEINZはケチャップ不足の状況に押されて始めたサービスのため、供給が追いついたらサービスを止めてしまうのでしょうか。

いろいろ思考のネタになる、ゆるくも深いお話でした。

▼日経:コロナ禍、今度はケチャップ不足 米国で小分け需要
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB112100R10C21A4000000/

▼まとめ
・コロナ後ケチャップ市場が伸び、ケチャップの小袋が不足している
・要因は「テイクアウト」が増え、自宅で食す時間が増えたため
・欧米でケチャップと言ったら日本の醤油
・HEINZは1869年創業の老舗、UKの子会社がイギリスでサブスク
・欧米はロックダウンでケチャップが買えない中、コロナの影響でスーパーが空っぽでも必ず自宅にケチャップが届く
・マスリテールの依存度が高い中、D2Cに転換

ぽっぽ、毎回楽しみです~
分かる一方で、Amazon定期便(アメリカだとSubscribe & Save)のほうが、別に特定ブランドに限らずあるという点でよいのでは、と感じる。
消費者は、特定商品で特定ブランドへの選好(Preferrence)はあるが、それも多少移ろう。そしてその特定商品だけを買うわけではない。だから今まではスーパーなど、そして今後はAmazonなど、商品の種類やブランドの種類の取り扱いが幅広いところをチャネルとして利用する。その観点でD2Cに移るのは難しいと個人的には感じる。
あと本論とは違うが、ボトル利用への規制は興味深い。一方、小袋のプラごみは…とも思う。

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ