ライブコメントを表示

ライブコメント
コメントを非表示
VIDEO
2022年3月24日 公開

アマゾン新社屋も採用した「脱炭素コンクリート」が日本上陸

シリコンバレーに住むジャーナリストNaoとyoohee、"セレブ投資家"Rayが、USのテック&カルチャーを約3分でおしゃべりする『伝書鳩TV』。今日の3人の話題は脱炭素のネック、コンクリートに目をつけたグリーン銘柄、Carbon Cureです。実は世界では「毎月ひとつニューヨークシティが生まれている」って知っていましたか?(毎週月曜・木曜の朝に最新エピソードを更新) (声の出演:鳩山玲人、後藤直義、洪由姫/デザイン:國弘朋佳/編集:伊藤大地、小川貴大/ディレクター:有水冴子、栁橋泉紀、栗原良介/プロデューサー:安岡大輔、小西健太郎)
出演者:
Pick に失敗しました
人気 Picker
そもそもコンクリートがCO2を出しているということじたい知らなかったです。無知でした。
コンクリートを使うことはやめられそうもない。であればそれを否定せず、そのなかにCO2を注入して閉じ込めてしまおう、という発想がすばらしいですね。

いつもながら、なじみの薄い話題でも本音まじりの軽やかなトークによって、大切な情報を短い時間で伝えきる、というコミュニケーションが最高です!
北海道の會澤高圧コンクリートがライセンス契約を締結しているんですね( https://www.carboncure.net/ )。日本では国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構「NEDO」の支援プロジェクトになっていて、鹿島、デンカ、竹中工務店などが実施しています。

「グリーンイノベーション基金事業/CO₂を用いたコンクリート等製造技術開発プロジェクト」
https://www.nedo.go.jp/content/100941838.pdf
「グリーンイノベーション基金事業/CO2を用いたコンクリート等製造技術開発プロジェクト」に係る実施体制の決定について
https://www.nedo.go.jp/koubo/EV3_100241.html
鹿島建設の“カーボンニュートラル”コンクリート「CO2-SUICOM」とは
https://newspicks.com/news/6224066
ロシアのウクライナ侵攻でエネルギー争奪戦が起こり、気候変動問題から関心が薄れがちな今日この頃。コンクリートに二酸化炭素を注入して閉じ込めちゃうという発想いいですね。周りを見渡す限りどこもかしこもコンクリでできているので、利用範囲が広そうです。
carboncureのコンクリートを使えば、ビル自体に炭素貯留できるようにため、クレジット化して取引できるようにすれば、脱炭素コンクリートの使用が加速度的に増えると思います。
炭素貯留できるのは、農林地や海洋だけではなく、全建物が対象になると、CO2削減効果が大きいので、とても有用な技術ですね。
色々と勉強になりました!
コンクリートが世界の5%の二酸化炭素も出してるんですね!
そこに対して対策してるスタートアップ確かに地味かもしれないのですがとても意味ありますね
確かに、ブランディングができればESGの寵児になりそう。それをきっかけにスケールとコスト競争力をつければ、本流になるかもしれませんね。
一年半前くらいに取材したんですが、低炭素コンクリつくる拠点が4倍くらいに増えてました。

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ