on|off
VIDEO
2021年11月24日 公開

「MOTHER」と糸井重里

平成という時代が始まり、消費税が開始され、海外ではベルリンの壁が崩壊。まさに激動の一年であった1989年に発売されたのが、RPG「MOTHER」だ。当時、中世風の世界観が主流であったRPGの中で、MOTHERの舞台は現代~近未来。その斬新さや、個性的な登場人物の「コトバ」に魅了されたという人も多いはずだ。MOTHERシリーズが、私たちに投げかけた事とは何だったのか?生みの親である糸井重里のアイデアの源は何か、そして今という時代をどう切り取り、何を見据えているのか?落合陽一が、糸井重里の活動の全てに迫る。※ライブコメントからの【質問】に答えます。
出演者:
落合 陽一 / 糸井 重里
Pick に失敗しました
人気 Picker
今夜のWeeklyOchiaiのゲストは糸井重里さん。落合さんと糸井さんが何を話すのか。今からとても楽しみです!

今回のサムネも素敵ですね!!
小学生くらいの時にMOTHER 3をやっていました。詳細なストーリーとか全く覚えていないけど、愛着があった記憶だけはあります。

糸井さんのほぼ日の學校を最近見まくっているので、糸井さんのこれまでやられてきたこととか知れてよかったです!

ぼくもノーカラーで生きていきたいなあ!
MOTHERの音楽はムーンライダースの鈴木慶一さんだったんですよね。
ゲームはやったことがないのですが、アルバム聴いたら音がやっぱりムーンライダース!ゲーム上でどう表現されているのか…プレイしたくなりました。
https://music.apple.com/jp/album/pollyanna-i-believe-in-you-newly-recorded-ver/1550214334?i=1550214335&l=en

このインタビューも、よかったです。
https://www.1101.com/mother_project/entry/archives/MOTHER_music/12.html
とても面白かったです。今回まで恐縮ながら糸井重里を存じ上げなかったのですが、「〇〇が楽しい」「〇〇が面白い」という表現を多用しお話しされている点が印象的でした。

僕も糸井さんのように「〇〇が楽しい」と言って自分の仕事を語れるような人間になりたいです。
MOTHER2のオマージュ、その観点から今日視聴する方はとても多いのではないのかなと思います。愉しみですね。
「ノーカラーの時代」
「ノーカラーの働きを。」
いいことばですね。

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ