on|off
VIDEO
2021年9月20日 公開

【金融緩和】竹中平蔵 vs 小幡績

テーマは「金融緩和」。賛成の立場である「竹中平蔵」さんに対し、「小幡績」さんは財政破綻の危険性をどう訴えるのか? 「アベノミクスの評価」や「日本の借金問題」などを分析し、金融・財政についてお互いの持論を主張します。 長年議論され続けてきたこのテーマ。コロナの影響を受けてどう考えるべきなのか?激しい議論から導き出す加藤浩次の考えとは? そこから日本の経済政策の正しい選択を探ります。 ※ライブ配信は無料、オンデマンドはプレミアム会員のみご視聴できます。
出演者:
小幡 績 / 加藤浩次 Official / 竹中 平蔵
Pick に失敗しました
人気 Picker
自然利子率がマイナスになっている可能性が高い。そうした状況を放置すれば、まさにサマーズがいうように長期停滞になる。それを阻止するためには、金融緩和と投資機会拡大(規制改革)が必要。だから世界が、多少の弊害を覚悟のうえ金融緩和に向かった。
財政健全化の議論も必要だが、財政も金融もあくまで経済を良くするための手段。ましてや、金融政策と財政政策をごっちゃに議論してはいけない。
小幡さんとは主張が異なるので、アベノミクスのころは私もよく討論番組で共演の機会がありました。
主張は異なりますが、ユニークでいい方です。
小幡先生の近著『アフターバブル』面白かったです。

「実生活において利用価値がないものほどバブルになりやすい」「希少性が高すぎるとバブルにならない」などハッとさせられる内容が多かったです。

竹中先生も、大御所なのに衆人環視の平場に出てくる姿勢がカッコいいと思います。

楽しみです。
すごく勉強になりました。必見ですね。

所得税の話もなるほどでした。知らなかった。

オリジナル番組ラインナップ

音声番組ラインナップ