新着Pick
SPD3U96O8X8JKPNX
ネット広告(メディアレップ)
MYS

ネット広告(メディアレップ) 業界

マレーシア
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
広告・イベント
>
ネット広告(メディアレップ)
インターネット広告媒体より広告枠を仕入れ、主にネット広告代理店(一部直接広告主)への売却を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
522Picks
アップルがiPhone、iPadで広告非表示機能を開始か次世代サファリに実装?
Market Hack
|
アップル(ティッカーシンボル:AAPL)が将来、iPhoneやiPadから広告を排除する機能を次世代サファリ・ブラウザーに実装するという観測が出ています。 これはアドセンスに代表されるネット広告に収入を依存してきたウェブメディア企業にとって大きな痛手になると思います...
395Picks
サイバーエージェント、第1四半期の営業益は35%減の53億円 Abemaへの先行投資に加えゲームとネット広告の減益響く
Social Game Info
|
サイバーエージェント<4751>は、本日(1月30日)、第1四半期(18年10月~12月)の連結決算を発表し、売上高1108億円(前年同期比13.2%増)、営業利益53億円(同35.2%減)、経常利益51億円(同33.7%減)、最終利益9億円(同61.2%減)だった。Abemaへの先行投資に加えて、ゲーム事業とネット広告事業における減益が響いた。 セグメント別の状況は以下のとおり。①メディア...
365Picks
VOYAGE GROUPとCCIが経営統合 電通傘下に
ITmedia ビジネスオンライン
|
VOYAGE GROUPと電通100%子会社のメディアレップ、サイバー・コミュニケーションズが経営統合
225Picks
「本当は教えたくない!」ネット広告メディアガイド600媒体を全部まとめました。 アイミツレポート: アイミツレポート
アイミツレポート
|
「本当は教えたくない!」ネット広告メディアガイド600媒体を全部まとめました。 アイミツレポート
164Picks
アマゾンはネット広告の巨人になり得るか  グーグルとフェイスブックに次ぐ第3位の広告媒体へ
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
世界最大のインターネット広告市場である米国では、依然として米グーグルと米フェイスブックによる複占が続いている。しかし、今後数年のうちに、eコマースの巨人である米アマゾン・ドットコムが、この2社を脅かしながら、広告市場で勢力を伸ばすと、米ウォールストリート・ジャーナルが伝えている。
122Picks
企業広告、17年にはモバイル向けがPC向け上回る見通し=調査会社
Reuters
|
[ 20日 ロイター] - 仏広告大手ピュブリシス<PUBP.PA>傘下の調査会社ゼニスオプティメディアは20日、企業のインターネット上の広告(ネット広告)費について、2017年にはモバイル端末向けがパソコン(PC)向けを初めて上回ると予想し、時期を従来予想より1年前倒しした。
47Picks
米新聞業界がグーグル・FBの「寡占」に対抗 ネット広告めぐり団体交渉へ
産経ニュース
|
【ニューヨーク=松浦肇】米国の新聞社とインターネット企業の間に亀裂が入り始めている。北米の新聞社2千社が加盟する米ニュース・メディア・アライアンス(NMA)は、米アルファベット傘下の検索最大手グーグルと米ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)最大手のフェイスブックに対し、ネット広告料の価格決定や利用者データの提供をめぐって、業界として団体交渉する方針を決定した。
38Picks
行動ターゲティング広告は、メディアに4%の増収しかもたらさない(平和博)
Yahoo!ニュース 個人
|
クッキーを使った行動ターゲティング広告はメディアにわずか4%の増収しかもたらさない――。プライバシーへの懸念が指摘されるクッキーとネット広告のビジネスをめぐり、そんな研究結果が明らかにされた。
32Picks
インタースペース(2122)過去最高益の理由-営業利益は上場時比2.6倍。アドテクの先に見ているもの
Longine Free
|
株式会社インタースペース 代表取締役社長 河端伸一郎 × Longine IR 株式会社インタースペースの河端伸一郎 代表取締役社長に当社の成長ドライバーである事業モデル、ストアフロントアフィリエイト事業や米国ネット広告市場の潮流分析をもとに日本のネット広告業界の未来について伺いました。 Longine IRから投資家に伝えたい3つのポイント インタースペースの2014年9月期の営業利益は最高益更新見込み。利益水準は2006年上場比で2.6倍になります。 当社の業績好調さの背景はインターネット広告事業のひとつであるアフィリエイト事業の堅調な成長とメディア運営事業の収益化に成功したというこ...
31Picks
レポート作成工数を月6,000時間削減!CA、API未提供メディアの実績データ自動収集システムを開発
MarkeZine
|
サイバーエージェントは、ネット広告事業において、RPA(Robotic Process Automation)を活用したAPI未提供メディアの実績データ自動収集システムを開発した。 これまでAPI未...
23Picks
ウェブ広告の常識を変える「ネイティブ広告」とは?6種類のネイティブ広告解説とステマにならない使い方。
ガイアックスソーシャルメディアラボのブログ
|
ネイティブ広告はウェブ広告の救世主となるか? ネット広告の躍進の裏で、沈む主要4媒体 ■まずはこちらの画像をご覧ください。 こちらは毎年電通が発表している「日本の広告費」というデータの一部です(単位は億円)。 2005年~2013年の8年間で、新聞や雑誌はほぼ半分に落ちています。唯一成長を続けているのはネット広告だけですが、既存の媒体と違って広告枠に制限のないネット広告はいくらでも配信することが可能なため、需要と供給のバランスが取れず、製作単価は落ち続けています。 そんな中、これまでのインターネット広告とは違う形の「ネイティブ広告」が、救世主となるべく現れました。インターネットの普及に伴い、広告のありかたに変化が訪れていると考えられますね。そこで今回は、このネイティブ広告とは何なのかについて解説してみようと思います。 ■目次 ウェブ広告の常識を変える≪ネイティブ広告≫とは? 1. 広告の常識を変えるネイティブ広告とは? 2. ネイティブ広告の6つの種類 3. ネイティブ広告・6つの評価軸 4. ネイティブ広告の明示性について 5. なぜネイティブ広告が生まれたのか? 6. ネイティブ広告の未来 7. ネイティブ広告に騙されたと感じるか? 1. 広告の常識を変えるネイティブ広告とは? 定義 まず、そもそもネイティブ広告とはどういった広告なのかの定義を説明したいところですが、実は普遍的に合意された定義はまだ存在していません。 そのためハッキリ「こういうものである」と言い切れないのですが、ひとまず現在一般的に解釈されている捉え方を提示しておきます。 ネイティブ広告とは? 「ネイティブ広告」とは、記事と広告を自然に溶け込ませ、ユーザーにストレスを与えず情報を届ける広告のこと。 ネイティブとは「自然」を意味しています。要するに、メディアを閲覧しているユーザーが「これ広告じゃないの?」という違和感を抱かせないように視認させるタイプの広告を、ネイティブ広告と呼ぶと理解してください。 現在ネイティブ広告には、6種類のタイプと6つの評価軸が定められています。次項で具体的に解説していきましょう! ※なお、解説にはこちらのスライドシェアを参考にさせていただきました。 IABネイティブアド・プレイブック概要 from AdTech-Lab@Digital Advertising Consortium Inc. 2. ネイティブ広告の6つの種類 インフィード型 もっともポピュラーなタイプのネイティブ広告がこのインフィード型。 通常のメディアとソーシャルメディアに分けて、実例を出してみましょう。 メディア:GIZMODE(ギズモード) メディア:BuzzFeed(バズフィード) ソーシャルメディア:Facebook ソーシャルメディア:Twitter どのネイティブ広告もメディア内の通常コンテンツと同じ軸に存在し、まるでそのメディアのコンテンツであるかのように配置されているのが特徴です。同じ軸とはいえ「広告」「プロモーション」「PR」などと記載することで、これは広告なんですよとアピールはしていますね。 しかし、モノによっては注意しないと見逃してしまい、コンテンツと間違ってクリックしてしまうこともしばしば。ソーシャルメディアの場合は即商品購入ページに飛ばされたりすることもありますが、遷移先が読み物としてちゃんと作られているものも多く、一概に広告だからといって不快感を持つわけでもなさそうです。 ぺイドサーチ型 これはリスティング広告といった方が伝わりやすいかもしれません。検索結果に連動して自動的に表示されるタイプの広告ですね。 Yahoo! Google 日常的に検索エンジンを使用する方なら頻繁に目にするんじゃないでしょうか。一見通常の検索結果のように見えますが、小さく「広告」であったり「スポンサード」と記載されていますね。 レコメンドウィジェット型 Outbrain ブログパーツに埋め込まれる形で配信される形式のネイティブ広告。通常コンテンツのフィードではなく、あくまでウィジェット内にあるのが特徴ですね。とはいえ表示領域としてはフィード内と大差ないので、通常コンテンツと違和感無く並んでいるように見えます。 プロモートリスティング型 食べログ 検索エンジンに表示されるリスティング広告に近い形式のネイティブ広告。サイト内の検索結果に応じてシームレスに表示されるようデザインされています。表示内容もサイト上で提供される商品やサービスと同じような見た目であるため、一見違いはないように見えますね。 ネイティブ要素を持つインアド型(IABスタンダード)) Above the Law デザインに親和性はなく、サイトコンテンツの内容と親和性が高いのが特徴のネイティブ広告。通常コンテンツとは切り離された広告枠に表示されるため、GoogleAdsenseの表示形式に近いとされています。 カスタム型(その他) LINE スポンサードスタンプ 上記のどれにも属さず、そのメディア固有もしくはプラットフォームに対する依存度が高いため、グループ分けが困難なものを指します。 上記のLINEスポンサードスタンプの他に、日本上陸間近のSpotifyカスタムプレイリストや、Tumblrがこれに該当すると言われていますが、これらが厳密にネイティブ広告であるかは議論が分かれます。 3. ネイティブ広告・6つの評価軸 さて、ここからは広告主やメディア運営者向けの専門的な内容になります。 広告主は以下の6つのポイントを検討しながら、配信されるネイティブ広告を選択および評価する必要があります。 ※あくまで広告主の目的に合っているかどうかを判断するためのフレームワークで、その広告が「ネイティブ広告であるか」どうかを判断するものではありません。 形式 ・広告の掲載される形態がメディア本体の記事と同じデザインとなっているか。(デザインの親和性) 機能 ・ネイティブ広告は、設置されるページの他の要素と同じように機能するか。(コンテンツ・機能の親和性) 統合 ・ネイティブ広告は周りのコンテンツと同じように挙動するか。(リンクをクリックしたときの挙動など) バイイングとターゲティング ・ネイティブ広告の掲載位置は、特定のページ、セクション、サイトになっているか。 計測指標 ・解析はクリック、コンバージョンだけでなく、エンゲージメント(シェア、閲覧時間など)という観点で計測されているか。 明示性 ・広告であることが明記されていて、ユーザにわかりやすく伝わるか。 4. ネイティブ広告の明示性について 最も重要なのが「明示性」について。 「広告」とは、いかなるタイプであってもそれが広告であることを明示する必要があり、ユーザーに認識されなければなりません。仮にネイティブ広告が従来のプロモーションメッセージを持たないものであっても、広告であるならば明示が必要です。うわべだけを装った似非ネイティブ広告はステルスマーケティングになりかねません。 ネイティブ広告がステマにならないためには 以前に芸能人が自身のブログでステマ行為をして問題になったことがあります。これは、何らかの企業や組織などから報酬を得ていることを明示せず、一般利用者であることを装ってその企業や組織の製品に高い評価の宣伝をしたことが問題になったわけですが、この場合メディア運営者側はこの行為に関わっていないため責任は問われないでしょう。 しかしネイティブ広告の場合は、広告主やそのメディア自身が広告を製作します。 つまり、「PR」や「広告」と謳わずにネイティブ広告を配信するステマ行為は、自分の首を絞めることに他ならないんですね。それだけに製作には慎重にならざるを得ませんし、自浄作用が働くのがネイティブ広告という媒体なのかもしれません。 5. なぜネイティブ広告が生まれたのか? コンテンツと広告の線引き 本来「広告」と「記事・情報・コンテンツ」は異なる場所にあり、組織も異なっているというのが基本構造でした。 新聞や雑誌で例えるとわかりやすいかと思いますが、記事コンテンツは出版社が製作していますが、広告は別の会社から依頼されていますよね(自社広告など例外はあります)。 これは本来紙であってもネットであっても関係なく、「広告は広告である」ことが一目でわかる体裁になっているものです。しかしネイティブ広告は、基本的にフィードやコンテンツと同じフォーマットで提供されるため、モノによっては読者が容易に見分けることができなくなってるんですね。 従来の広告のありかたを覆す形の「ネイティブ広告」は、なぜ生まれたのでしょうか? ネイティブ広告を掲載するメディア、広告を制作する広告主ともに、ネイティブ広告を利用する理由があります。それぞれの立場に立って考えてみましょう。 スマホ時代の広告のありかた・メディア編 みなさんはネットサーフィンをしていて、バナー広告をうっとうしく思いませんか?私は正直ウザいと思っています。 そう、基本的に広告は読者にとってありがたいものではありません。ブラウザやアプリによってはアドブロック機能が用意されており、そもそも広告を表示させないように設定している人も多いんじゃないでしょうか? メディア存続のために広告収入が必要? 広告を載せる価値があるからそのメディアに広告が掲載されるわけであって、宣伝効果がなければどこもそのメディアに広告を載せようとは思いません。広告収入に頼る以上、より読者に受け入れられる広告手法を取り入れなければ存続できないんですね。ネイティブ広告はそういった意味で頼みの綱となる可能性を秘めています。 ※広告収入に一切頼らないメディアとして有名な「ほぼ日刊イトイ新聞」。こちらは存続のために必要な収入をすべて「物販」で賄っている稀有なサイトです。 [caption id=attachment_25877 align=aligncenter width=450] ほぼ日刊イトイ新聞[/caption] 広告もスマホやタブレットでの閲覧を見据えなければならない 現在はパソコンからではなく、スマートフォンやタブレットから閲覧している人が増えてきています。特にスマートフォンのサイトでは表示画面が小さくなるため、広告を置けるスペースに限界があります。 しかしネイティブ広告は、タイプによっては一般的な広告枠ではなくフィードやタイムライン上に表示されるため、スマホから閲覧する際にも広告効果を発揮しやすいんですね。 広告の種類を選択するに当たり、「何の媒体から見られているか」も重要になってくるでしょう。 スマホ時代の広告のありかた・広告主編 広告を読者がクリックしてくれない、そもそも見てすらいないという状況は、当然ながら広告を制作する側にとっても由々しき問題です。広告主が販売しているブランドや商品をすでに知っている人は、検索エンジンを利用したリスティング広告や自社サイトを訪問してくれた人に対するリターゲッティング広告が、販促の役目を担ってくれます。 しかし、ブランドや商品を「知らない」段階の人を振り向かせることはできません。知ってもらうために、興味を持ってもらうために広告を配信しているわけですから。それを見てもらえていないというのは致命的なわけですね。 そこで有用なのが「ネイティブ広告」。記事コンテンツに限りなく近い形で配信されるネイティブ広告は、自社の製品やブランドを知ってもらうために読者がスムーズに入り込める可能性を残しているでしょう。 6. ネイティブ広告の未来 よりネイティブ(自然)な広告となるには もはや広告主や企業・メディアが、一方的に押し付けるように伝える手法の広告は機能しなくなってきています。少しの手間と情報リテラシーがあれば、読者は自分で有用な情報やコンテンツ・ブランドについて集めることができますし、無理に画面に表示させるだけのウェブ広告は誰も見ていません。何ならアドブロックされます。 それが加速するこれからの時代、「読者にとって有益な記事広告を企業や広告主・メディア側がつくる」というコンテンツマーケティングが非常に重要になってくることが考えられます。 ※コンテンツマーケティングについては、こちらのスライドシェアがわかりやすくてオススメです。 コンテンツマーケティングとは何か? その本当のところ What is exactly content marketing? from MKTGENGINE 7. ネイティブ広告に騙されたと感じるか? 最後に、ネイティブ広告に関して興味深い調査結果がありますのでご紹介します。 ジャストシステムによるスマホ広告印象調査 [caption id=attachment_25815 align=aligncenter width=500] ネイティブ広告で騙された気分に? ジャストシステムがスマホ広告印象調査[/caption] これはスマートフォンを普段利用している10~60歳代の男女1297人に対し、理想的な広告のサイズや「ネイティブ広告」などの広告手法について聞いたものです。65.5%(849人)の人がネイティブ広告そのものを知らないという結果がすべてを物語っていますね。まだ定義すら決まっていない広告概念だけに、致し方ない面はありますが。 ユーザーがネイティブに接することのできる広告づくりへ さらに、ネイティブ広告をクリックしたことのある448人に対して「騙された気分になるか」を聞いた結果、46.9%が「あてはまる」、30.4%が「ややあてはまる」と回答したそうです。つまり合計77.3%がネイティブ広告に関して否定的な印象をもっていることがわかります。 広告主やメディア側が助け舟のようにすがりつくネイティブ広告は、一転ユーザー側の大多数が騙された気分になっているという現状があります。コンテンツと従来の広告の境目をなくした「ネイティブ広告」が今後根付いていくには、ユーザー心理に基づく広告記事を制作しなければならないでしょう。 「読者にとって有益な記事広告を企業や広告主・メディア側がつくる」というコンテンツマーケティングを重視し、いかにユーザー目線に立てるかが、今後ネイティブ広告が受け入れられるかどうかの判断軸になるのではないでしょうか。 (執筆/渕上 聖也) 以上、『ウェブ広告の常識を変える「ネイティブ広告」とは?6種類のネイティブ広告解説とステマにならない使い方』でした。 あわせて読みたい最近の話題 ・2014年最大のトレンド・バイラルメディアのすべて。今話題のバイラルメディアを徹底分析【前編】 ・変容するバイラルメディアのかたち~生き残るバイラルメディアの条件【後編】
17Picks
「このままでは音楽業界の二の舞」広告ブロックにメディアが歯をむく
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
iOS 9の公開前後から、話題が絶えない「広告ブロック」の問題だが、ついに、当事者であるメディア業界と広告業界が動き出した。 世界120カ国3000社を超す新聞社などが加盟する「世界新聞・ニュース発行者協会(WAN-IFRA、旧世界新聞協会)」とオンラインメディアの業界団体「デジタル・コンテント・ネクスト(DCN)」が24日、共同で対策プロジェクトを立ち上げたことを発表。 ネット広告の業界団...
15Picks
【シンガポール】フリークアウト、地場ネット広告会社を買収[媒体]
NNAアジア経済ニュース
|
【シンガポール】フリークアウト、地場ネット広告会社を買収[媒体] 広告事業などを展開するフリークアウト・ホールディングス(HD、東京都港区)は17日、シンガポールの同業ザ・スタジオ・バイ・コントロールシフト(CtrlShift、スタジオCS)を買収すると発表した。買...
15Picks
【一挙公開】スマホ・サービスのマーケティング & プロモーションを徹底議論(全11回)
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
|
テレビCM・ネット広告、大企業からスタートアップまで多様なマーケティングの経験を有する登壇者が討論する、スマホ・サービスのマーケティング論。プロモーション的観点だけでなく、ネーミングや採用ブランディングの重要性、BtoBとBtoC、宣伝媒体まで議論は多岐に渡ります。マーケティングを考えるとき、いかに多角的な視点が必要なのかがわかるセッションです。ぜひご覧ください。
14Picks
ニュースメディアの危機か、広告主が気にするネットの「禁句リスト」
Forbes JAPAN
|
米国のニュースメディアが、ネット広告の「禁句リスト」に振り回されている。どういうことかというと、近年、ネット広告の伸長は著しいが、世間のネットリテラシーの向上にともない、広告主も、「サイトの中身と広告はまったく別」というスタンスをとれなくな・・・
13Picks
今のネット広告の問題は2つの方向から起きている。
note(ノート)
|
ネット広告はほんとこのまま行くとゴミばかり(いやすでにゴミばかりとも考えられるが)と言われるが、実際には広告だけの問題ではなく、広告枠が掲載されるメディア側の問題もある。つまり今のネット広告には、メディア側の質による問題と、広告側による質の問題、その両側面がある。 今のネット広告の問題(その1):メディア側の質が低いからブランドに対するブランド毀損が起きるという側面 概してネットはメディア構...
12Picks
「広告ブロック」時代に、メディアは何ができるのか?
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
ネット広告の表示を遮断するソフト「広告ブロック」の影響についての調査結果が、波紋を呼んでいる。 アイルランドの調査会社「ページフェア」とアドビが10日に公開した調査結果によると、「広告ブロック」の世界的な利用者は、この1年で4割増の約2億人になり、それによって失われている広告収入は約220億ドル(約2.7兆円)にのぼるという。 ユーザー側の需要の高まりはよくわかるデータだが、メディアや広告主...
11Picks
ネット広告費、4年連続で二桁成長 電通調べ
産経ニュース
|
電通が22日に発表した「日本の広告費」によると、平成29年の総広告費は前年比1.6%増の6兆3907億円となり、6年連続でプラスとなった。企業収益の拡大や円安株高などが景気を押し上げる中、ネット広告の好調が全体を押し上げる結果となった。媒体別広告費では、ネット広告が15.2%増の1兆5094億円となり、最大の伸び幅を記録。4年連続で2桁成長となった。
10Picks
フェイスブックは私たちの「何」を搾取したのか? ――2.GDPRと「ネット広告の死」 - さよなら、インターネット――GDPRはネットとデータをどう変えるのか
Diamond Online
|
2018年5月25日、ついに施行された「GDPR(一般データ保護規則)」で、「ネット広告の死」がやってくる? メディア論の泰斗・武邑光裕氏が読み解くGDPRがビジネスに及ぼす影響とは?
ネット広告(メディアレップ) 概要
マレーシア
インドネシア
インド