新着Pick
SPD3OA9VIRJI9OP9
銅精錬・加工
ALL

銅精錬・加工 業界

世界
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
非鉄金属
>
銅精錬・加工
銅鉱石から溶融・電解などによる精錬や、伸銅品などの一次加工製品の製造を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
車の電動化支える、パナソニックの青色レーザー新技術
ニュースイッチ
|
パナソニックは、銅の溶接や切断などの加工に最適な青色レーザーを高出力化できる技術を開発した。異なる波長のビームを集光する独自技術により、レーザーのパワー密度を高めた。自動車の電動化に伴い、導電性や熱伝導性に優れる銅は活用が広がる。青色波長は銅に対して光吸収率が高く加工精度が良い。今回の技術開発によりモーターやバッテリーの生産効率が向上する見通し。2020年度に自動車メーカー向けを中心に新技術...
10Picks
Desktop Metalが金属部品の3Dプリンター市販へ―クリーン環境で大量生産可能
TechCrunch Japan
|
 今日(米国時間4/25)、Desktop Metalは金属加工が可能な3Dプリンターの価格その他の情報を発表した。Desktop Metalのプリンターは鋼、アルミニウム、チタン、銅を含め、数百種類の金属素材を使用することが可能だ。このスタートアップの共同ファウンダー、CEOのRic… Read More
8Picks
成形性に優れるAl-Ca合金のヤング率が変化するメカニズムを解明
fabcross for エンジニア
|
東北大学と日本軽金属は2017年3月3日、加工・熱処理によってAl-Ca合金のヤング率が変化するメカニズムを解明したと発表した。Al-Ca合金のヤング率を制御できるようになり、Feを添加して強度を上げたAl-Ca合金を実用化する目途が立ったとしている。 鉄、ケイ素、銅、マグネシウム、マンガン、亜鉛などを加えたアルミ合金のヤング率は68~72GPa。対して、カルシウムを添加したAl-Ca合金に...
7Picks
マグネシウムが変えるか、日本のエネルギー問題
MONOist
|
「電気は貯められない」。現在のエネルギー政策は、この主張が大前提になっている。だが、東北大学未来科学技術共同センター教授の小濱泰昭氏は、この主張に真っ向から異議を唱える。太陽光でMg(マグネシウム)を精錬し、Mgを組み込んだ燃料電池に加工する……、こうして、電力を物質の形で蓄え、輸送し、新しいエネルギー循環を作り上げられるという。同氏は実際に機能するMg燃料電池も開発した。
5Picks
世界最高水準の青色半導体レーザー 島津製・阪大と開発
京都新聞
|
島津製作所は、大阪大と共同開発した世界最高水準の出力と輝度を持つ青色半導体レーザーを発売した。金や銅などの金属を加工する時間の短縮や消費電力の低減につながるという。
4Picks
「鋳物のデメリットが蒸留器ではメリットになった」ウイスキー蒸留器開発のストーリーが面白い
ニュースイッチ
|
老子製作所 銅錫合金鋳造製ポットスチル「ZEMON」 「鋳物のデメリットが蒸留器ではメリットになった」―。 銅錫合金鋳造製ウイスキー蒸留器ポットスチル「ZEMON」を開発した老子製作所(富山県高岡市)の元井秀治社長はこう語る。板金加工が当たり前の蒸留器をあえて鋳物で作った。珍しい取り組みだったが、出来上がった品は鋳物の特性の数々が利点となった。 ウイスキーの蒸留は原液から雑味となる硫黄成分を...
4Picks
このバイク、ポリゴンにしか見えなくて混乱真っ只中
ギズモード・ジャパン
|
Image:MARIOTRIMARCHIドゥカティ・モンスターのリアルな足回りとの対比に、コンフリクト起こしちゃう。鉄や銅、真鍮を使った家具が得意なデ・カステッリと、同じく金属加工もお得意なインダストリアル/プロダクトデザイナーマリオ・トルマルキがタッグを組みました。彼らが見つけたキャンバスは、バイクの車体を覆うカウル。おたがいに立体のマジシャンではありますが、思い切りすぎのアプローチですよね。空
4Picks
立体交差もできる! 銅の100倍電流を流せるカーボンナノチューブ材料で微細配線加工に成功
EE Times Japan
|
産業技術総合研究所と単層CNT融合新材料研究開発機構は、単層カーボンナノチューブと銅の複合材料による微細配線加工に成功したと発表した。高い信頼性が要求される車載用デバイスや大電力を扱うデバイスのバックエンド配線をはじめ、シリコン貫通ビアやインタポーザなどでの応用を目指す。
3Picks
EVで増える銅加工を容易に、古河電工がハイブリッドレーザー技術を製品化
MONOist
|
古河電工は2020年11月16日、青色ダイレクトダイオードレーザー(青色DDL)と近赤外(IR)ファイバーレーザーを組み合わせたBlue-IRハイブリッドレーザー「BRACE(ブレイス)」を2021年1月18日に発売すると発表した。
3Picks
三菱マテリアル、鉛フリーの黄銅「グローブラス」を開発 SDGsに貢献
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
三菱マテリアルの高機能製品カンパニーは、RoHS指令など鉛に関する各種規制に準拠する鉛フリー快削黄銅「エコブラス®(従来品)」シリーズに続き、従来品よりも経済性、導電性、熱間加工性を向上させた次世
3Picks
銅コーティング速度を6倍に、青色半導体レーザー複合加工機を共同開発
MONOist
|
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、従来比6倍の速さで銅コーティングができる青色半導体レーザー複合加工機を共同開発した。200Wレーザーを3台装着した600W級マルチビーム加工ヘッドを搭載している。
3Picks
参入ハードル高い航空機部品で、海外から受注を増やす秘訣
ニュースイッチ
|
グループの大和合金とともに銅合金の溶解鋳造から鍛造、熱処理、機械加工まで一貫で手がける三芳合金工業。特殊材料や多品種少量品、超短納期対応を得意とし、半導体や通信、自動車、エネルギーなど幅広い分野に供給している。中でも急速に売り上げを伸ばしているのが航空機分野。市場の大半を欧米勢が握っており、日本の中小企業にとって参入ハードルは極めて高い。同社はそこをどう乗り越えたのか。 地球を一周 4月中旬...
3Picks
高反射材の安定加工を可能にした、ファイバーレーザー加工機を発表
MONOist
|
ヤマザキマザックは、新型ファイバーレーザー加工機「OPTIPLEX NEXUS 3015 FIBER」を発表した。従来のモデルでは切削が難しかった、銅・真ちゅう・アルミなどの高反射材も安定して加工できる。
3Picks
【地域未来牽引企業】航空機部品で地歩固める
【地域未来牽引企業】航空機部品で地歩固める
|
グループの大和合金とともに銅合金の溶解鋳造から鍛造、熱処理、機械加工まで一貫で手がける三芳合金工業。特殊材料や多品...
銅精錬・加工 概要
世界
中華人民共和国
インド
アメリカ合衆国