新着Pick
SPD3L00WBAYZRRF6
移動体通信
JPN

移動体通信 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
通信インフラ
>
移動体通信
携帯電話とPHSに付随する電気通信サービスを行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
携帯料金引き下げの裏で大手キャリアが進める「乗り換え防止策」の実態
Diamond Online
|
菅政権の方針に従い、大手キャリアはオンライン専用の料金プランを新設。同時に「格安SIM」と呼ばれる仮想移動体通信事業者(MVNO)に対する卸価格の引き下げも進み、料金水準が大きく引き下げられている。政権の狙い通りに事が進んでいるかにみえるが、思わぬところで面従腹背の動きが起きていた。自由化されたはずの端末(スマホ本体)販売で、大手キャリアは影響力を強く行使し、乗り換えを阻む要因となっている。
169Picks
格安スマホ、低容量で対抗プラン続々も、忍び寄る大手の触手
産経ニュース
|
格安スマートフォン事業を手掛ける仮想移動体通信事業者(MVNO)の料金値下げが相次いでいる。携帯大手がデータ容量20ギガバイトのオンライン専用プランを新たに立ち上げたほか、MVNOが得意とする10ギガバイト以下の小容量帯でもMVNOと同水準の割安プランで触手を伸ばしているからだ。MVNOは対抗する構えを崩さないが、資本で太刀打ちできない実情に悲鳴が上がっている。
44Picks
日本通信社長「販売店と一体となり、いかに販売コストを下げるか」MVNOの生存戦略
ニュースイッチ
|
音声定額で法人顧客も獲得 「MVNOの代表としてドコモに対抗します」―。仮想移動体通信事業者(MVNO)専業の日本通信は、NTTドコモが2021年3月に投入予定の新プラン「アハモ」への対抗プランを10日に始めた。携帯通信大手の料金引き下げ攻防が当面続くとみられる中、日本通信の戦略や市場動向を福田尚久社長に聞いた。 ―新プラン投入の経緯は。 「ドコモが無料通話をつけるか分からなかったため、当初...
61Picks
格安SIMの契約数が初の純減へ、その中心人物とは?
ニュースイッチ
|
MM総研(東京都港区)は、格安スマートフォンと呼ばれる格安SIMの市場動向を発表した。9月末の契約数は前年同月比9・4%増の1536万回線だったが、2021年3月末に同13・4%減の1300万回線と、初の純減になると予測した。 MM総研は契約数減少の要因として、楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)参入と、KDDIによる「UQモバイル」事業の統合で、契約者がMNOに吸収されるためと分析した...
11Picks
熊谷組とNEC、ローカル5Gを活用した無人化施工の実証実験
ZDNet Japan
|
熊谷組とNECは、自然災害現場などの工事現場におけるネットワーク対応型無人化施工を想定した実証実験を実施した。その成果として、無人化施工VR(仮想現実)技術、360度映像および4K、2K映像の伝送をローカル5G(第5世代移動体通信システム)上で検証し、大容量・低遅延・多次元的な通信がリアルタイムに実施できることを確認できた。
218Picks
価格差縮まり悩める格安スマホ携帯料金値下げで優位性危うく
産経ニュース
|
政府が携帯電話大手の料金値下げ圧力を強める中、格安スマートフォン事業を運営する仮想移動体通信事業者(MVNO)が窮地に立たされている。価格に注目が集まることでMVNOが意識されるメリットは期待できるが、大手が大幅な値下げをすれば価格差が縮まり、料金が安いというMVNOの優位性が失われるからだ。各社は独自の生き残り策を打ち出すが、経営が立ちゆかなくなれば中長期的な市場競争を阻害する結果にもなり...
15Picks
サービス開始1年が経過した楽天モバイルを分析する--ビジネス編
ZDNet Japan
|
楽天モバイルが第4の移動体通信事業者として鳴り物入りで参入してから1年が経過し、同社のビジネスやテクノロジーの現状を分析する。今回はビジネス編をお届けする。
65Picks
KDDIが今、「UQモバイル」を完全に取り込む思惑
東洋経済オンライン
|
KDDIが放つ勝負手は吉と出るか――。携帯電話業界2位の同社は10月1日、傘下のUQコミュニケーションズが手がけるMVNO(仮想移動体通信事業者)のUQモバイルを吸収統合する。これでKDDIは、主力のauとUQモバイルの2…
440Picks
格安スマホ急拡大、市場に150社超 乗り換え抵抗感薄れ、若いユーザーも増加
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
携帯大手から回線を借りて通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)の“格安スマートフォン”市場が急拡大している。基本的な通信料金が大幅に安くなるのに加え、最近では端末も充実し、販売店も増加。通話定額制や一部のデータ通信が無料になるなどサービスも高度化し、大手から乗り換える人も目立ってきた。今年に入り、流通大手のイオングループが本格参入したほか、今夏には対話アプリ最大手のLINEも...
384Picks
総務省のキーマンが語る、MVNOを推進する理由
NewsPicks編集部
|
──総務省がMVNOを推進している背景を教えてください。 富岡:今の通信業界は、MNO(Mobile Network Operator=移動体回線網を自社で保有し通信サービスを提供する事業者)の...
348Picks
【SPEEDA総研特別編】バリューチェーンからざっくり業界を理解する~移動体通信関連業界、日本編~
コンピュータや多数の端末との間でデータをやりとりする「キャリア」とも呼ばれる第一種通信事業者。移動体通信を中心としたバリューチェーンを示すと、下記の図のようになる。 端末へのコントロール力を持ち...
340Picks
大躍進のMVNO、2017年も破竹の勢いは続くのか (1) 2016年にブレイクした理由
マイナビニュース
|
「格安SIM」などの名称で認知度が高まっているMVNO(仮想移動体通信事業者)だが、2016年は総務省による、スマートフォン実質0円販売の事実上禁止措置などの影響を受けて利用者が急拡大した。勢いに乗って攻めの戦略を次々と打ち出すMVNO。2017年はその先を見据えた取り組みが問われる。
313Picks
"謎の"中国企業「ファーウェイ」とは何者なのか—— 存在感強める売上8兆円企業の姿
www.businessinsider.jp
|
格安スマホと呼ばれる仮想移動体通信事業者(MVNO)の躍進を背景に、SIMフリースマホの市場が急拡大している。中でも大きくシェアを伸ばしているのが...
282Picks
グーグルのMVNOが"平和すぎる"業界を壊す
東洋経済オンライン
|
グーグルがアメリカで参入するMVNO(仮想移動体通信事業社)。これに対し夏野剛氏は「業界全体で競争を巻き起こすものになる」と期待を寄せる。
268Picks
格安スマホと二刀流の「楽天モバイル」、ドコモが批判する理由
ニュースイッチ
|
携帯電話回線を借りて格安スマートフォン事業を展開する仮想移動体通信事業者(MVNO)と、自社回線を持つ移動体通信事業者(MNO)を両立する形となった楽天モバイルに対し、NTTドコモや有識者から批判が出ている。ドコモは、2020年春の第5世代通信(5G)商用化と同時期にMVNOへも5Gを提供する。5G情報も事前提供するが、ドコモ回線でMVNOを展開する楽天モバイルのMNOに、ドコモの5G情報が...
242Picks
日本郵便、格安スマホ参入=来年度にも−収益拡大へ事業多様化
時事ドットコム
|
 日本郵政グループの日本郵便が、格安スマートフォン事業への参入を検討していることが28日、明らかになった。携帯大手から通信回線を借り受け、自社ブランドの端末やサービスを低価格で提供する仮想移動体通信事
205Picks
米フェイスブック、インドで無料ネット接続アプリ提供
Reuters
|
[ムンバイ 10日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>はインド移動体通信大手リライアンス・コミュニケーションズ<RLCM.NS>と提携し、同国で複数のネットサービスを無料で利用できる携帯電話用アプリを提供する。
198Picks
【LINEツートップ(2)】LINEモバイルは単体で黒字を狙う
NewsPicks編集部
|
──前回、LINEの日本のユーザー数と、スマホの普及はほぼイコールという話がありましたが、今回、MVNO(仮想移動体通信事業者)として、LINEモバイルを始めることにしたのも、スマホ人口をもっと...
169Picks
いま、なぜディープテックが注目されるのか
Diamond Online
|
「ディープテック」という言葉をご存じだろうか。もしかしたら、初めて耳にする方も多いかもしれない。直訳すると「最先端の研究成果」であるが、この言葉には、人工知能(AI)やロボット、通信、半導体、宇宙・航空工学や地上の移動体、ゲノム、ライフサイエンス、素材化学など、いま最も注目される研究領域の意味合いが含まれている。実は、欧米を中心にこのディープテックが脚光を浴びている。東芝の研究者からグローバ...
151Picks
夏野剛の未来予測(中)「2020年、MVNO全盛時代がやってくる」
NewsPicks編集部
|
──前回は、2020年に向けてのハードウェアの進化について聞きましたが、今回は通信業界について質問させてください。今、MVNO(仮想移動体通信事業者)に注目が集まっています。MVNOは通信業界を...
移動体通信 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア