新着Pick
SPD3KAWX0U5Q30KT
ソフトウェア(業務支援)
JPN

ソフトウェア(業務支援) 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
ソフトウェア開発
>
ソフトウェア(業務支援)
流通や調達、生産・在庫管理、文書管理など、企業の様々な業務を支援、管理するためのソフトウェアまたはサービスを開発、提供を行う企業群(会計やERPを除く)
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
NOW ROOMとyupがフリーランス支援で業務提携
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
5秒で家が見つかるアプリNOW ROOMを提供しているLiving Techと、フリーランス向けに報酬即日払いサービス「先払い」を提供しているyupは、業務提携契約の締結をしたと発表した。 今回の
9Picks
医薬品の研究開発を支援する鳥取大発スタートアップが伊藤忠商事と資本業務提携
TechCrunch Japan
|
最先端の染色体工学技術をバイオ関連企業に提供する鳥取大学発スタートアップ企業「chromocenter」(クロモセンター)は7月13日、伊藤忠商事からの出資受け入れと業務提携を発表した。 今回の資本・業務提携により、同社の染色体工学の技術ノウハウと伊藤忠の国内外ネットワークを融合。国内外のバイオ関連企業の創薬研究活動に貢献するため、オリジナルCHO細胞(Chinese Hamster ova...
1Pick
エプソン、スキャン作業の自動化・デジタル化で経理業務の生産性向上を支援
週刊BCN+
|
エプソンは7月14日、会計事務所・バックオフィス部門の「コネクテッド・オフィス」化戦略の一環として、ハードウェアプラットフォームを生かした紙資料のデジタル化作業の自動化により、経理業務の生産性向上支援を提案すると発表した。
4Picks
Google Chromeに挑戦するThe Browser Companyはブラウザー界のTeslaを目指す
TechCrunch Japan
|
シリコンバレーの著名な投資家数名が、Google Chromeの市場支配に挑戦しようとするソフトウェアスタートアップを支援している。 The Browser Companyというそのスタートアップを率いるJoshua Miller(ジョシュア・ミラー)氏は、オバマ政権のプロダクト担当ディレクターを務め、現在はJosh Kushner(ジョシュ・クシュナー)氏の投資企業であるThrive Ca...
3Picks
AIカメラなどで業務時間を91%削減、パナソニックの介護施設向け新サービス
MONOist
|
パナソニックは2020年7月13日、AIカメラや体動センサーを組み合わせたシステムをベースとする介護業務支援サービス「ライフレンズ」を同年7月から提供開始すると発表した。室内の状況を自動的に把握するシステムによって、介護施設における夜間見回りなどの業務効率化を目指す。
4Picks
パナソニック、介護業務支援サービスを提供開始 介護職員の負担を軽減
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
パナソニックは、介護施設における夜間巡視などの見守り業務の負担軽減を実現する新しい介護業務支援サービス「ライフレンズ」の提供を今月から開始すると発表した。 ライフレンズは、ベッド上の動きや拍動・呼
15Picks
「分かった中小企業のDXの本質」--BAISOKUの主張
ZDNet Japan
|
中小企業にもデジタル変革(DX)の波が押し寄せている。ただし、新しいビジネスの創出など大企業のDX化とは少し異なる。中小企業のIT化を支援するBAISOKUの吉沢和雄代表取締役は「利益を出せる仕組み」と説く。早く安く作るだけではなく、稼げる仕組みの業務システムにするということだ。
17Picks
ホリエモン、バーチャルヒューマンに 水嶋ヒロも手掛けた1SECが「ホリエロイド」プロデュース
PANORA
|
1SECは24日、堀江貴⽂イノベーション⼤学校(HIU)と共同で堀江貴⽂⽒のバーチャルヒューマンプロジェクト「ホリエ・ロイド・タカフミ」(ホリエロイド)の活動を開始したと発表した。6月中にバーチャルテクノロジーの認知と「AI×バーチャルヒューマン」による業務効率化⽀援を⽬的としたクラウドファンディング「ホリエロイドスタートダッシュキャンペーン」を開始する。 1SECは、2019年より⽔嶋ヒロのバー
10Picks
AIが配達ルートを計算するツール、日本郵政が試験導入 新人でもベテラン同様の業務効率に
ITmedia NEWS
|
日本郵政は、AIが荷物の配達ルートを自動生成する配達業務支援システムを郵便局に試験的に導入すると発表した。人手不足解消のため、従業員の負担軽減や経験の浅い配達員の支援を行う。
270Picks
コインチェック、株主総会支援事業に参入へ--ブロックチェーンで改ざんリスク排除
CNET Japan
|
仮想通貨取引所を運営するコインチェックは6月8日、SaaS型株主総会業務支援事業への検討を開始したと発表した。オンライン上で株主総会に出席し、議決権行使や質問ができる「バーチャル出席型」の株主総会向けサービスを2020年度中に提供予定。ブロックチェーンを活用し、議決権行使の改ざんリスクを排除するシステムの実装も検討する。
22Picks
【レポート】スタートアップのマーケティングと財務戦略
note(ノート)
|
マネーフォワードシンカとラクスルは、スタートアップ企業のファイナンス及びマーケティング戦略について総合的にサポートすることを目的に、業務提携を開始しました! マネーフォワードシンカとラクスルが業務提携を開始スタートアップ企業の「ファイナンス×マーケティング」を二社で総合的に支援 成長企業向けにフィナンシャル・アドバイザリーサーcorp.mf-synca.jp 今回は、その記念イベントのレポー...
12Picks
組み込みソフトウェアとIIoTプラットフォームを連携、企業のIIoT化を促進
MONOist
|
ユビキタスAIコーポレーションは、PTCジャパンが運営する「PTC IoT/ARパートナープログラム」に加盟し、IIoT分野で協業する。両社の組み込みソフトウェアとIIoTプラットフォームが連携し、企業のIIoT化を支援する。
51Picks
ケップル、スタートアップの株主総会開催を効率化する「株主総会クラウド」をβローンチ——召集通知、委任状回収のオンライン完結が可能に
THE BRIDGE
|
ケップルは1日、スタートアップをはじめとする非上場企業の株主総会開催において、召集通知、委任状回収、開催履歴をオンライン完結できる SaaS「株主総会クラウド」をβローンチした。これまで郵送方式や紙ベースで行われてきた株主総会まわりのバックオフィス業務の効率運用を支援する。 スタートアップを含む非上場企業の株主総会では、株主の多くの出席を伴った総会が開かれることは稀で、実際には創業者を中心と...
13Picks
【全文無料】イチオシのビジネス書評をペライチでお届けします
note(ノート)
|
この記事を読んで、もし「応援したい」と思っていただけた方… 差し入れ感覚でポチっとしてもらえると嬉しいです。 投げ銭は全額コンテンツに使わせていただきます。 書評ブログ「BIZPERA(ビズペラ)」を書いています まずは簡単に自己紹介。 前職では外資系コンサルティング会社でITやら営業戦略・業務改革周辺を担当していました。 現在は経営大学院に勤務しながら、MBAを受講している修行中の身です。...
19Picks
LayerXが、電子契約・銀行API・クラウド会計と組む理由 -DXとSaaSとブロックチェーン-
note(ノート)
|
どうも、すべての経済活動を、デジタル化したい福島です。 弁護士ドットコムとLayerXが業務提携株式会社LayerXのプレスリリース(2020年5月13日 15時40分)弁護士ドットコムとLayerXが業務提携prtimes.jp LayerXとGMOあおぞらネット銀行が次世代金融サービスの検討に係る基本合意書を締結。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて急速に進む企業・行政機関のDX支援を目...
24Picks
コロナうつにならないために 従業員のメンタルケア、“不安とうまく付き合う”サポートが鍵
ITmedia ビジネスオンライン
|
新型コロナによるテレワーク体制で、業務やコミュニケーションに悩みを抱えやすくなっており、メンタルケアに対する関心が高まっている。法人向けサービス「emol work」ではAIが“セルフケア”を支援。自分や他人を否定しない考え方が役に立ちそうだ。
10Picks
中2から株式投資・高3でビジコン入賞!インプットの鬼・廣川 航のこれまで
U-29.com | ユニークドットコム
|
様々な経歴を持つ方々が集まり、これまでのキャリアや将来の展望などを語り合うU-29 Career Lounge。第53回目のゲストはXTech株式会社・廣川航さんです。 大学在学中は学業と並行し、複数のITベンチャー企業や投資ファンド、監査法人子会社のベンチャー支援会社にてリサーチ業務を経験。 在学中の2018年8月からXTechに参画し、現在はM&Aの事業を立ち上げを行っています。 なんと...
12Picks
AI契約書レビューのGVA TECHが契約書管理サービスのHubbleと提携、オンラインでの契約締結までを一気通貫で
TechCrunch Japan
|
企業向けのAI契約書レビュー支援サービス「AI-CON Pro」(アイコン・プロ)を開発・提供するGVA TECH(ジーヴァテック)は5月18日、契約書の管理・共有サービスを開発・提供するHubble(ハブル)との提携を発表した。両社の提携により、契約書の内容確認(レビュー)はもちろん、交渉内容や契約書のバージョン管理、電子サインによる締結までの契約書審査業務のフローをオンラインでワンストッ...
11Picks
サッカー選手の「頭の中」をAIで言語化 J1鳥栖が独自システム開発へ
西日本スポーツ
|
J1鳥栖は8日、人工知能(AI)を活用した試合分析のシステム開発を進めると発表した。フェンシング日本代表などにAIを活用した業務支援を...
ソフトウェア(業務支援) 概要
世界
日本
マレーシア
タイ
インドネシア