新着Pick
SPD3DTQS950EWN6A
重電(電力設備)
JPN

重電(電力設備) 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
重工業機械製造
>
重電(電力設備)
発電機、変圧器などの電力設備を総合的に製造している企業群。変圧器、配電盤等の製品を単体で製造している企業は本業界から除き、配電・制御器業界に含め、原子力発電所を製造している企業は本業界から除き、重電(原子力発電)に含める
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
18Picks
東芝がGEと洋上風力発電で提携観測、キーマンが語る「再エネ投資で実を取る謙虚戦略」
ダイヤモンド・オンライン
|
石炭火力、原子力、洋上風力、バーチャルパワープラント(VPP)……電力会社による巨額の設備投資と、それにひも付く長期の設備メンテナンスを長く請け負ってきた重電メーカーの電力部門は、グリーンバブルでどう変わるのか。米ゼネラル・エレクトリックと洋上風力での提携観測も出る東芝で、長く電力関連ビジネスを率いてきた畠澤守代表執行役専務(東芝エネルギーシステムズ社長)に、乱気流にのみ込まれる電力業界での...
10Picks
電力の“地産地消”の普及に取り組むNTT西、複数自治体と組んで実証へ
ニュースイッチ
|
NTT西日本は2021年度上期に、自社の通信ビル内に設置した蓄電池を利用し、地域の電力需給を調整する実証実験を始める。太陽光パネルで発電した電力を他の施設や家庭に供給したり、夜間にためた電力を昼間に利用したりする。NTT西が管轄する地域の複数の自治体と組んで展開。NTTグループの既存設備を有効活用しながら再生可能エネルギーの活用を促し、電力の“地産地消モデル”を普及させる狙いだ。 NTT西の...
27Picks
機械受注、10-12月は予想外の伸びでコロナ前水準回復 1-3月再び減少へ
Reuters
|
[東京 17日 ロイター] - 内閣府が17日に発表した12月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、事前の減少予想に反して前月比5.2%増の8996億円となった。3カ月連続の増加。ロイターの事前予測調査では6.2%減と予想されていたが、これを大きく上回った。この結果、10━12月期は前期比2桁増と高い伸びとなった一方、1━3月は再び減少する見通しとなった。
14Picks
日立が設備・サービスごとの再生可能エネルギー使用状況をスマートメーターとブロックチェーンで見える化
TechCrunch Japan
|
暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン技術に関連する国内外のニュースから、過去1週間分について重要かつこれはという話題をピックアップしていく。今回は2021年1月17日~1月23日の情報から。 日立製作所(日立)は1月22日、再生可能エネルギー由来の電力で稼働する建物・設備やサービスなどの電力使用状況を、スマートメーターとブロックチェーン技術を活用し見える化するシステムの開発を発表した。 ま...
13Picks
緊急事態宣言、寒さによって“電力不足”が深刻に 東電が異例の要請も - ABEMA TIMES
BLOGOS - 最新記事
|
緊急事態宣言、そして寒波のニュースの裏で、実は“電力不足”が進行しつつある。背景には巣ごもりと暖房による電力需要増、さらには冬季であることによる自然再生エネルギーの不調があるという。 東京電力は石油や鉄鋼、化学メーカーなど、自家発電設備を持つ企業に対し電力の融通を要請。梶山経済産業大臣は「寒さの影響で全国的にも電力需給状況が大変厳しい状況にある。停電等に繋がらないように対応してまいりたい」と...
29Picks
機械受注10月は予想大幅に上回る2桁増、判断「下げ止まり」
Reuters
|
[東京 9日 ロイター] - 内閣府が9日に発表した10月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は前月比17.1%増となり、事前予想(同2.8%増)を大幅に上回る回復をみせた。受注額はの8425億円と、今年3以来の水準を回復。前年比でも、で昨年11月以来の増加に転じた。
11Picks
使用済み核燃料、中間貯蔵施設の共同利用を検討 電事連
朝日新聞デジタル
|
原子力発電所の使用済み核燃料を一時保管する青森県むつ市の中間貯蔵施設について、大手電力会社でつくる電気事業連合会が、原発を持つ各社で共同利用する案を検討していることがわかった。施設の有効活用に加え、…
15Picks
EV購入者に最大80万円の補助金支給へ…現行の2倍、再エネ電力への変更が条件
読売新聞
|
政府は電気自動車(EV)の購入者に対し、現行の2倍となる最大80万円の補助金を支給する制度を2021年度に導入する方針を決めた。自宅やオフィスの電気契約を再生可能エネルギー由来の電力に切り替え、EVへの充電設備を整える
21Picks
9月機械受注、前月比4.4%減 基調判断「下げ止まり」を維持
共同通信
|
9月機械受注、前月比4.4%減 内閣府が12日発表した9月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を...
84Picks
機械受注、8月は予想外の2カ月連続増 外需はコロナ前水準に
Reuters
|
[東京 12日 ロイター] - 内閣府が12日に発表した8月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比0.2%増となった。2カ月連続の増加。ロイターの事前予測調査では前月比1.0%減で、予想外の増加となった。外需も大幅増となり、コロナ前の水準に回復した。
32Picks
電力、想定外の国民負担1.6兆円 「容量市場」、将来の設備能力確保へ新制度
朝日新聞デジタル
|
国が2024年度に始める電力市場の新制度で、最大1・6兆円の国民負担が生じることになった。7月にあった新市場の入札結果が今月公表され、価格が当初想定の1・5倍に膨らんだ。国側は「想像していなかった」…
24Picks
7月の機械受注額6.3%増 7513億円、2カ月ぶりプラス
共同通信
|
7月の機械受注額6.3%増 内閣府が10日発表した7月の機械受注統計(季節調整値)は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を...
504Picks
ビットポイント、仮想通貨の流出を報告──約35億円相当
CoinDesk Japan
|
仮想通貨取引所のビットポイントジャパン(東京港区)から約35億円相当の仮想通貨が流出した。同社が7月12日、発表した。同社親会社のリミックスポイントの株価は同日、15%以上下落した。 ビットポイントは12日午前、仮想通貨の取引や送受金など全てのサービスを停止した。同社は、電力小売り事業や宿泊施設の開発や運営などを手がけるリミックスポイントの子会社。 ビットポイントは2017年9月に金融庁から...
28Picks
カザフスタンが暗号資産マイニングのメッカに──家庭18万軒分の電力使う新施設が登場
CoinDesk Japan
|
暗号資産のマイニング(採掘)施設を運営するEnegixが9月に、小型発電所の出力に匹敵する180メガワット(MW)のデータセンターをカザフスタンに開設することが分かった。 同社販売統括のドミトリー・イワノフ(Dmitriy Ivanov)氏によると、ロシアとの国境に近いエキバストス(Ekibastuz)にある施設は、最大5万台のマイニング機器が設置可能だという。 最新鋭のマイニング機器──Bitm
35Picks
テスラ、世界最大の蓄電施設を着工 増強すればシスコ全世帯に6時間供給可能
Forbes JAPAN
|
米テスラと米電力・ガス大手PG&Eは、カリフォルニア州モスランディングで大規模な蓄電施設を着工した。完成すれば世界最大の蓄電設備となる見通しで、来年の稼働開始をめざしている。施設には、テスラのリチウムイオン蓄電システム「Megapa・・・
351Picks
豪に世界最大の蓄電設備設置へ 米テスラ、停電を防止
共同通信 47NEWS
|
豪に世界最大の蓄電設備設置へ 【シドニー共同】オーストラリア南部サウスオーストラリア州のウェザリル州首相は7日、米電気自動車メーカー「テスラ」が電力の安定供給を目的にリチウムイオン電池を用いた容量10万キロワットの蓄電設備を同州に...
296Picks
太陽光バブルって何?
アゴラ 言論プラットフォーム
|
今あちこちの電力会社で、太陽光発電の接続申し込みを受けつけないという騒ぎが広がっています。これは2012年から始まった固定価格買い取り制度によって、大量に発電設備が設置されたことが原因です。おかげで、2年間につくられた太陽光発電設備の総発電量は約7000万キロワッ...
288Picks
原発ゼロを進めるドイツで深刻な「電力不足」が発生
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
寒い国であるドイツでは、夏よりも冬に電力需要が増える。太陽光の発電施設は多く、普段は太陽が照ると電気が余りがちだが、冬は陽があまり差さないので、ほとんど役に立たない。さらに不都合なことに、冬は凪が多いので風力発電まで止まってしまうことがある。
263Picks
雨や曇りでも太陽光エネルギーを活用するなら、宇宙から送ればいい:「宇宙太陽光発電」の研究開発が進行中
WIRED.jp
|
宇宙空間に太陽光発電の施設を設置し、地球に電力を送り込む──。そんなSFの世界のような技術の研究開発が進められている。地上での小規模な実験が成功し、米国政府による新たな大型調査プロジェクトも進行中だ。中国も宇宙に世界初の太陽光発電ステーションを建設する方針を打ち出すなか、いちばん乗りを競うレースが始まりつつある。
21Picks
6月機械受注7.6%減、反転の勢い続かず 7-9月期もマイナス続く
Reuters
|
[東京 19日 ロイター] - 内閣府が19日に発表した6月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比7.6%減となった。ロイターの事前予測調査同2.0%増を大きく下回り、減少となった。プラスに反転した5月の勢いは続かなかった。
重電(電力設備) 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
インドネシア
インド