新着Pick
SPD3DTQS950EWN6A
重電(電力設備)
JPN

重電(電力設備) 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
重工業機械製造
>
重電(電力設備)
発電機、変圧器などの電力設備を総合的に製造している企業群。変圧器、配電盤等の製品を単体で製造している企業は本業界から除き、配電・制御器業界に含め、原子力発電所を製造している企業は本業界から除き、重電(原子力発電)に含める
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
18Picks
日立、スイスの送配電事業買収へ=8000億円規模、米GE追う
時事通信社
|
 日立製作所が、スイスの重電大手ABBから送配電など電力設備事業を買収する方向で最終調整に入ったことが、12日分かった。買収額は8000億円規模に達する可能性があり、日立が手掛けるM&A(合併・...
23Picks
未稼働太陽光:年間1兆円の売電収入はどうなるか? 予定通りに全量買取りか、制度改正して消費者負担増抑制か?
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
再生エネルギーの固定価格買取制度において、買取価格は段階的に引き下げられているが、当初の高い料金設定で認定を受けた太陽光発電施設の4割強がいまだ稼働していない。一方で太陽光パネルの価格は急激に下がっている。このままでは再エネ業者だけが潤い、電力会社や一般消費者の負担が大幅に増えてしまう。この状況を是正すべく経産省が動き出した。
25Picks
機械受注7―9月は10年ぶり高水準、先行き受注も増加見通し
Reuters
|
[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日発表した機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、足元9月は反動減が大きかったものの、7-9月は前期比0.9%増と5四半期連続増加し、10年ぶりの高水準となった。先行き10-12月の受注見通しも同3.6%増と高めとなっており、貿易摩擦など先行き不透明感が増していても、今のところ企業の投資意欲への影響はさほどうかがえない。
12Picks
ローソン/店舗を活用した電力小売事業へ参入
流通ニュース
|
MCリテールエナジーは、電力需要予測システムと店舗設備遠隔制御システムを活用し、小売電気事業者としてローソン店舗におけるバーチャルパワープラント(VPP)事業に参入すると発表した。 <事業概要> バーチャルパワープラント […]
17Picks
NTTが電力会社などに外販目指すAI、効率化できる作業とは?
ニュースイッチ
|
NTT西日本は、通信設備の構築・保守など屋外作業の手配業務を効率化する人工知能(AI)システムを開発した。NTT西の子会社が運用実績を上げており、2019年度以降にNTT東日本傘下の構築・保守部隊を含めNTTグループへ横展開を目指す。作業者が現場へ移動する際、無駄な時間を削減できる。電力会社の保守点検や、家庭などに出向く家電修理など、通信以外の業界への外販も視野に入れる。 NTT西日本が開発...
21Picks
太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
SOLAR JOURNAL
|
「未稼働案件の買取価格」減額 再エネ賦課金の国民負担を抑制 経産省は、10月15日の「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」で、太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)の一部を見直す方向性を示した。過去に認定した設備のうち、未稼働の案件の買取価格を引き下げる方針だ。 国が、一度認定したものを覆す、という異例の措置を講じることになる。強い反発を招くことは必至だが、背景には、...
51Picks
機械受注、8月は前月比6.8%増 4カ月ぶり判断引き上げ
Reuters
|
[東京 10日 ロイター] - 内閣府が10日に発表した8月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は前月比6.8%増の9815億円となった。受注額のプラスが2カ月続いたことを踏まえ、内閣府は今年4月以来4カ月ぶりに現状判断を引き上げた。
19Picks
米国で進む「エネルギー・クラウド4.0」とは何か? 押さえるべき4つのポイント
ビジネス+IT
|
先の北海道胆振東部地震による大規模停電は、特定の発電所に電力を依存することの脆弱性を浮き彫りにした。日本でも北海道と本州を繋ぐ連系設備強化の必要性が叫ばれているが、米国では「エネルギー・クラウド4.0」と名づけられ蓄電および州間の電力連系が積極的に進められている。ピーク時電力不足を補うとともに、災害時への対応や再生利用可能エネルギーのさらなる普及という究極の目的のキードライバーとなる「エネル...
28Picks
機械受注7月は前月比+11%で2年半ぶり大幅増、外需も回復
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - 内閣府が13日に発表した7月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は前月比11.0%増と3カ月ぶりに増加、予想(ロイター予測5.7%増)も上回り、2016年1月以来の大幅増となった。受注額は9186億円。前年比は13.9%増だった。
14Picks
データセンターの廃熱で暮らす街。ノルウェーの「スパーク」する都市計画
IDEAS FOR GOOD
|
パソコンやスマートフォンを使っているとき、端末が熱くなって心配した経験はないだろうか。データの処理には発熱が伴う。これは手元にある端末だけではなく、インターネットを介したデータセンターでも日々行われていることだ。 データセンターではデータ処理の規模が大きくなり、発生する熱量も膨大なため、冷却のために多くの電力が使用されている。少しでも熱を抑えるため、施設は寒冷地域に設置されることが多い。 北...
10Picks
水力発電よりも低コストで実現できる「コンクリートバッテリー」とは?
GIGAZINE
|
電力エネルギーは電線などの配電設備によって、各家庭に送られていますが、電力需要が高まると電力が供給できなくなるリスクがあります。そこで、日本などの多くの国では揚水式水力発電で高所と低所に貯水池(ダ
15Picks
シーメンス、分散電源の国内展開強化/タービン提案に力
電気新聞ウェブサイト
|
エネルギー事業戦略を説明する藤田社長 独シーメンスは、日本市場で再生可能エネルギーをはじめとする分散型電源への対応を強化する。新設が活発化するバイオマス発電所向けには高効率な2車室再熱式蒸気タービンを提案。製鉄や製紙といった産業は自家発電設備の更新需要が高まると見て、3万~5万キロワットの中型ガスタービンを拡販する。電力会社向けには更新時期を捉え、高効率と出力変動への柔軟な対応を両立する「H...
22Picks
機械受注5月は反動減小幅に 4期連続増の公算大、設備投資に勢い
Reuters
|
[東京 11日 ロイター] - 内閣府が11日に発表した5月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比3.7%減の9079億円となった。4月に10.1%の大幅増となった反動が出たが、減少は小幅にとどまり、事前予測ほど落ち込まなかった。4四半期連続増が期待できる結果となり、企業が設備投資にようやく積極的な姿勢となってきたことを裏付ける内容となった。
18Picks
テスラがカリフォルニアに建設予定の蓄電施設は史上最大規模
Engadget 日本版
|
[Engadget US版より(原文へ)] テスラがオーストラリアに建設した巨大なエネルギー貯蔵施設は、近い将来、相対的に小さく見えるかも知れません。パシフィック・ガス・アンド・エレクトリックは、カリフォルニア州公共事業委員会に新しい4つのエネルギー貯蔵プロジェクトの提案書を提出しましたが、そのひとつに、4時間にわたって182.5メガワットの電力を供給できるモスランディング変電所の蓄電施設が...
26Picks
【エネルギー基本計画閣議決定】日立、東芝 風力発電へのシフト鮮明 原発頭打ちで
産経ニュース
|
政府が3日に閣議決定したエネルギー基本計画で、再生可能エネルギーが「主力電源」と位置付けられたことは、風力発電システムなどの受注強化に取り組む重電メーカーにとって追い風となる。国内原発の新増設が停滞して電力・エネルギー事業の収益が頭打ちとなる中、事業拡大の“起爆剤”として再生エネに重点的に経営資源を配分する動きが強まりそうだ。
67Picks
訂正:機械受注、4月は予測大幅超でリーマン前に肉薄 4期連続増が視野 
Reuters
|
[東京 11日 ロイター] - 内閣府が11日に発表した4月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比10.1%増の9431億円となった。事前予測を大幅に上回り、受注額はリーマン・ショック前の2008年6月の水準にほぼ並ぶまでに回復した。内閣府は、機械受注の判断を「持ち直している」に上方修正した。
286Picks
原発ゼロを進めるドイツで深刻な「電力不足」が発生
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
寒い国であるドイツでは、夏よりも冬に電力需要が増える。太陽光の発電施設は多く、普段は太陽が照ると電気が余りがちだが、冬は陽があまり差さないので、ほとんど役に立たない。さらに不都合なことに、冬は凪が多いので風力発電まで止まってしまうことがある。
38Picks
1回転で家庭1日分を発電! 世界最大の巨大な洋上風力タービンから、欧州の再生可能エネルギー事情が見えた
WIRED.jp
|
スコットランドのアバディーン沖に、世界最大の洋上風力発電施設が完成した。2018年夏が終わるまでに残りの10基が設置され、稼働する予定になっている。たった1回転で1世帯が1日に使う電力を生み出すという巨大なタービンからは、洋上風力発電の最新技術だけでなく、その発電出力が17年に25パーセント増となった欧州の再生可能エネルギー事情が見えてくる。
重電(電力設備) 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
インドネシア
インド