新着Pick
SPD393CQV4CC00D9
半導体・液晶製造装置(前工程)
ALL

半導体・液晶製造装置(前工程) 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
半導体関連製造
>
半導体・液晶製造装置(前工程)
半導体及び液晶、太陽電池の製造に使用される装置及びその検査装置の内、前工程で使用される装置を製造する企業群。前工程とは、リソグラフィ技術を中心とした微細加工工程
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
韓国2位の半導体装置メーカー、TELが寡占するメタルCVD装置を開発か
コリア・エレクトロニクス
|
韓国2位の半導体装置メーカーであるウォニックIPS(Wonik IPS)が、前工程核心装備を国産化したとの報道が出た。東京エレクトロン(TEL)が寡占していた「金属(メタル)CVD」機器を独自開発したという。 (参考記事:「[特集]サムスンとも深い関係、ウォニックIPS社とは?業界2位の半導体装置大手」) 韓国の専門メディアであるetnewsは29日、業界情報を基に、「ウォニックIPSは、新規メタ
7Picks
鉱工業生産9月は前月比+4.0%、自動車など増産で4カ月連続増=経産省
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - 経済産業省が30日公表した9月の鉱工業生産指数(速報)は91.6と前月比で4.0%上昇し、4カ月連続のプラスとなった。自動車や掘削機械、半導体製造装置などの増産が寄与した。ロイターの事前予測調査では同3.2%上昇と予想されており、これを上回った。2015年基準では、前月比で2番目の大幅な上昇率だった。
1Pick
2020年9月鉱工業生産
大和総研
|
◆2020年9月の生産指数は前月比+4.0%と4ヶ月連続で上昇し、市場予想を上回った。8月は回復ペースが減速していたが、9月は再加速し、7-9月期は前期比+8.8%と2四半期ぶりの上昇となった。9月の動きを業種別に見ると、自動車工業は国内外の需要回復を背景に4ヶ月連続で上昇しており、生産指数の回復のけん引役となっている。生産用機械工業は海外の半導体製造装置への需要増などを追い風に3ヶ月ぶりの...
30Picks
半導体巡り米中の「縄張り」争いが激化-日欧も囲い込み図る
Bloomberg.com
|
8月のとても暑い日だった。オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングが約1600万ドル(約17億円)をかけて台湾南部の台南に建設したトレーニングセンターの開所式が行われ、当局の高官や業界幹部が集まった。
10Picks
半導体製造装置立ち上げをMRで遠隔支援、ASMLがコロナ禍で強化
MONOist
|
SEMI(国際半導体製造装置材料協会)は2020年8月25日、「第6回 SEMI Japanウェビナー」を開催。「How ASML cope with COVID-19, and ASML EUV industrialization update」をテーマにASMLジャパン 代表取締役社長の藤原祥二郎氏とASMLジャパン テクニカルマーケティングディレクターの森崎健史氏が登壇し、コロナ禍にお...
23Picks
世界の半導体製造装置販売額、2021年に過去最高額700億ドルと予測
MONOist
|
SEMIが、世界半導体製造装置の年央市場予測を発表した。半導体製造装置の世界販売額は、2020年に632億ドルに達し、2021年には過去最高となる700億ドルに達する見込みだ。
123Picks
ニコン、今期750億円の営業赤字に カメラ苦戦続く
Reuters
|
[東京 6日 ロイター] - ニコン<7731.T>は6日、2021年3月期の連結業績が750億円の営業赤字(前年は67億円の黒字)になりそうだと発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、カメラ事業が引き続き苦戦。半導体製造装置も、海外取引先に搬入するための技術者を派遣できないなどの理由で中期経営計画の想定を下回る。
13Picks
TEL、SCREENなどの日系半導体装置各社、中国市場向け売上・受注が拡大
LIMO
|
日系半導体製造装置メーカー各社の2020年4~6月期決算は、新型コロナウイルスや米中対立などのマクロ環境の不透明さにもかかわらず、総じて堅調に推移した。「Work from Home」に関連したデータセンターやパソコン向け半導体需要などが市場を牽引したことが大きかった。スマートフォンの需要減に伴うメモリー投資の一部先送り、自動車・産業機器市場の低迷を受けたパワーデバイスをはじめとする200m...
14Picks
半導体産業はコロナに負けない! 製造装置市場の動向を読み解く
EE Times Japan
|
コロナ禍にあっても半導体産業は強いようだ。特に半導体の微細化は止まるどころか、むしろ加速しているようにすら見える。今回は、製造装置市場の動向を、過去も含めて読み解いてみたい。
14Picks
2020年度の日本製半導体製造装置販売額は前年度比7%増の予測 - SEAJ
マイナビニュース
|
日本半導体製造装置協会(SEAJ)は7月2日、2020年度~2022年度における半導体製造装置の需要動向予測(2020年7月更新版)を発表した。それによると、2020年度は新型コロナの影響がありながらも前年度比7%増の成長が期待されるとしている。
15Picks
コロナ禍ものともせず!儲かる半導体関連業界
東洋経済オンライン
|
新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、世界経済の減速が続く中、実は勢いを維持しているのが半導体製造装置業界である。2019年度に業界を悩ませたメモリ市況低迷が一段落し、主要各社は増収増益見込みだ。米中貿易…
11Picks
罰金10億の改正外為法を初適用 不正輸出「企業意識低い」と警鐘
共同通信
|
罰金10億の改正外為法を初適用 警視庁公安部が5月に立件した生物兵器製造に転用可能な噴霧乾燥装置の不正輸出事件で、3年前に罰金の上限...
25Picks
追い風吹く半導体製造装置に死角はあるか
東洋経済オンライン
|
新型コロナウイルスの感染拡大で、主要製造業の業績下振れが相次ぐ中、日本企業が強みを持つ半導体製造装置が足元で顕著な回復を見せている。半導体製造装置で国内最大手の東京エレクトロンが4月30日に発表した202…
29Picks
鉱工業生産3月は前月比3.7%減、判断「低下している」に下方修正
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - 経済産業省が30日発表した3月鉱工業生産指数速報は前月比マイナス3.7%の95.8となり、2カ月連続で低下した。新型コロナウイルスによる世界的な需要減で、自動車・鉄鋼・半導体製造装置など幅広い業種での減産が響いた。
209Picks
ロームが大方針転換、半導体で自前主義脱却の理由
ニュースイッチ
|
ロームは垂直統合型のビジネスモデルを転換し、半導体受託製造(ファウンドリー)や半導体後工程請負業(OSAT)などへの外注比率を2021年めどに約30%(現状は8%程度)まで高める。市況や顧客からの受注量急増といった変化への対応力強化と固定費の抑制が目的。企業名などは明らかにしていないが、台湾や中国本土などのファウンドリー4社、OSAT11社とすでに協議を始めている。 ロームはウエハー製造から...
27Picks
“アフター・コロナ”の半導体産業を占う ~ムーアの法則は止まるのか
EE Times Japan
|
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響は各方面に及んでいる。もちろん半導体業界も例外ではない。最先端の微細化など次世代の技術開発ができない、製造装置が入手できない――。半導体産業では、これが現在の最大の問題である。本稿では、なぜそうなのか、今後どうなるのかを考察する。
214Picks
この5年で最も勢いがある製造業は半導体製造装置だった!
ニュースイッチ
|
5年前からの我が国製造業を振り返ってみると、景気後退局面から始まり、アベノミクス、消費税率引上げなど色々なことがあったが、どんな製品が下支えしていたのだろうか。経済ニュースでは自動車やスマートフォン部品のことが、よく話題にあがる。たしかにこれらも主役だったが、実は半導体製造装置の存在感が意外にも大きいことを御存知だろうか? 下の図は、鉱工業生産指数を用いて、5年前の2012年度平均の水準を1...
179Picks
思わぬ壁にぶつかる「次世代の半導体製造技術」
Bloomberg Businessweek
|
半導体製造の進歩が物理的限界という壁にぶつかり、製造コストの上昇が危惧されるなか、半導体業界のリーダーたちはASMLという名のオランダ企業に大きな信頼を寄せている。 ASMLは10年近く前から、...
126Picks
工作機械「納期1年」も。背景に深刻な部品不足あり
ニュースイッチ
|
工作機械や半導体製造装置などの生産設備の需要が空前の活況にある。日本工作機械工業会によると2017年の工作機械の受注額は過去最高を更新する見通しだ。想定を上回る需要の急増は、精密な位置決めに使われる直動案内機器など要素部品の調達が追いつかず、一部では「部品が手に入らず、工作機械の納期が1年と言われた」(業界関係者)との声も聞かれる。工作機械と部品メーカー双方の対応を追った。 「全体的に直動案...
126Picks
有機ELパネル業界の隠れた独占企業
日経ビジネスオンライン
|
有機ELパネルの製造で隠れた独占企業が新潟にある。パネルの高精細化に不可欠な製造装置を手がけるキヤノントッキだ。20年前から装置開発に取り組んできた。長い我慢の時期を乗り越えた心境を津上晃寿会長兼CEOに聞いた。
半導体・液晶製造装置(前工程) 概要
世界
シンガポール