新着Pick
SPD32Q8QMLSW2ICG
固定通信
JPN

固定通信 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
通信インフラ
>
固定通信
電話回線、ADSL回線、光ファイバー回線のユーザーへの提供、またはプロバイダへの卸売りを行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
66Picks
ソフトバンク 光回線で断続的に通信障害
NHKニュース
|
【NHK】光回線を使ったソフトバンクの固定通信のサービスが、利用しづらくなる通信障害が東日本の一部の地域で、30日から断続的に起き…
16Picks
解約期間「3ヶ月以上」にせよ。総務省が固定通信各社に要請へ
ニュースイッチ
|
総務省は消費者が契約中の固定通信契約を解約する際、違約金が不要で解約できる期間(更新月)を3カ月以上確保するよう、固定通信事業者に改善を求める方針を示した。消費者が通信会社を乗り換えやすいようにし、市場競争を促進する狙い。早ければ今秋に改善を要請するとみられる。通信各社は違約金収入の減少やシステム改修費用の発生などで収益が圧迫されるリスクが高まりそうだ。 通信市場の競争環境などを議論する有識...
214Picks
ソフトバンクが通信4社を合併、「Yモバイル」ブランドは存続へ
Reuters
|
[東京 23日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>は23日、携帯電話事業を手掛けるソフトバンクモバイルとブロードバンドサービスを展開するソフトバンクBB、固定通信事業のソフトバンクテレコム、「Yモバイル」ブランドで携帯電話事業を展開するワイモバイルの4社を4月1日付で合併させると発表した。
51Picks
固定と「セット割引」可能に=総務省が容認−ドコモ携帯
時事ドットコム
|
 総務省は8日の有識者会合で、NTT東日本・西日本の固定通信の光回線と、NTTドコモの携帯電話の「セット割引」を事実上、容認する報告書案をまとめ、承認した。KDDIとソフトバンクは固定通信と携帯のセッ
28Picks
「無線が固定通信よりも早い時代が来る」--ソフトバンク、銀座でLTE-Advancedをデモ
CNET Japan
|
ソフトバンクモバイルは6月14日、第4世代移動通信システムのデモンストレーションを記者向けに公開した。
15Picks
サービスはすでに融合、1社体制に戻す必要ない=NTT幹部
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - NTT<9432.T>は27日、都内で定時株主総会を開いた。地域通信と長距離通信とに分かれている現在の固定通信系のグループ体制について、坂本英一取締役はすでにサービスは融合しており、1社体制に戻す必要はないとの認識を示した。
7Picks
総務省が固定通信「囲い込み」にメス、3割は10年以上同じ事業者を使い続ける
ニュースイッチ
|
総務省が、光回線をはじめとする固定通信市場の競争促進に力を注ぐ姿勢を鮮明にしている。利用者を過度に囲い込む事例があるなどと指摘し、有識者会議の今後の論点として示した。通信業界の競争環境をめぐっては、2019年10月施行の改正電気通信事業法で携帯端末代金と通信料の完全分離が義務付けられるなど、直近は主にモバイル市場が話題とされてきた。議論が固定市場に“飛び火”したとも言える状況で、着地点に注目...
6Picks
「ソフトバンク」のIPOの情報の総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、 他の移動/固定通信事業者との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想
Diamond Online
|
ソフトバンクのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「...
5Picks
KDDI2年連続最高営業益、ドコモセット割「大きな影響ない」
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - KDDI<9433.T>が30日発表した2014年4─12月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年比9.7%増の5850億円となり、4─12月期として2年連続で過去最高となった。携帯電話サービス「au」のスマートフォン(スマホ)と固定通信サービスとのセット割引が好調で、契約者が増加。スマホ比率上昇によるデータ通信収入の増加が音声収入の減少を補い、収益を押し上げた。
5Picks
NTTコム、タイでモバイルデータ通信サービスを提供開始
ChinaPress
|
報道関係者各位 ニュースリリース 2015/04/23 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役社長 有馬彰 NTTコミュニケーションズがタイでMVNOサービスの提供を開始 ~タイ国内初、固定通信からモバイルデータ通信まで 企業向けワンストップICTソリューションを実現~ NTTコミュニケーションズ(略称:NTTCom)は、現地法人のNTTCommunications(Th...
4Picks
NTTのドコモ買収で、携帯電話回線とWi-Fiの融合なるか? 夏野剛氏「あとは料金制度やビジネスプランの問題だ」 - ABEMA TIMES
BLOGOS - 最新記事
|
9月29日の記者会見で、NTTドコモの完全子会社化について「移動通信業や固定通信事業などNTTグループが持つ通信事業などの連携を強め、競争力を強化する」と述べたNTTの澤田社長。・【映像】"楽天5G"月額2980円の衝撃 値段は大手の半額以下"格安路線"実力は? 元NTTドコモ執行役員で慶應義塾大学特別招聘教授の夏野剛氏は「遅いぐらいだと思う。この10年、特にスマホが出てきて以降、携帯キャリ...
4Picks
ドコモ子会社化 携帯と固定回線を融合 基盤整備急ぎ国際競争力強化へ
産経ニュース
|
NTTがNTTドコモを完全子会社化するのは、第5世代(5G)移動通信システムの運用が始まり、あらゆるモノが通信でつながるデジタル社会を迎えるにあたり、これまでのように固定通信とモバイル通信を分けて考えるのではなく、融合したサービスとして取り組む必要性が生じていることが背景にある。GAFAなど巨大IT企業が覇権争いを行う激動のデジタル分野で日本企業は後れをとっており、基盤整備を急ぐことで国際競...
4Picks
先着10万人に「Rakuten UN-LIMIT」と同時利用で「楽天ひかり」が1年間無料のキャンペーン
ケータイ Watch
|
楽天モバイルは、FTTH(宅内向け光回線)とISP(ネット接続プロバイダー)をセットで提供する固定通信サービス「楽天ひかり」と携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT」の利用で楽天ひかりが1年間無料となるキャンペーンを開始した。
4Picks
新生ソフトバンクモバイルが誕生した3つの理由--4社合併で攻勢へ
CNET Japan
|
ソフトバンクは1月23日、ソフトバンクモバイルを存続会社としてグループ4社を合併することを発表した。移動体通信だけでなく固定通信の2社をも合併させたのには、どのような理由があるのだろうか。
3Picks
菅総理「値下げ」発言にドコモ新社長はサブブランドで対応?(石川温)
Engadget 日本版
|
既報の通り、NTTがNTTドコモを完全子会社化する。このタイミングで完全子会社化する理由は主に2つだ。 一つは5G、さらには6Gに向けてNTTグループの国際競争力を強化する狙いがある。5G時代には固定通信やモバイルなど、通信手段はシームレスになろうとしている。NTTドコモがモバイルでの5Gに注力する一方、NTTはローカル5Gをターゲットにしている。同じ5Gなんだから、別会社でやることなく、完...
1Pick
NTT東日本に聞く、ローカル5Gの取り組み 地方創生に向け産学連携で自治体をサポート
ITmedia Mobile
|
ローカル5Gにはさまざまな事業者が参入しているが、現在のところ規模の面で最大手といえるのはNTT東日本ではないだろうか。固定通信のイメージが強いNTT東日本だが、実はWi-Fiを用いた無線通信は以前から手掛けている。同社にとってローカル5Gは、企業のネットワークのエンドポイントとして利用する無線通信ソリューションの1つに位置付けられる。
3Picks
固定事業者が規制外になったオーストリア(情総研レポート)
ITpro総合
|
日本をはじめ世界中で、モバイルによる高速ブロードバンドアクセスが普及しつつある。消費者にとって固定通信とモバイル通信は代替可能になる。規制当局が固定だけを規制対象とし続けることは正しいのだろうか。アクセス市場の規制が撤廃されたオーストリアを例に、固定・モバイル融合市場の規制について考察する。
3Picks
Netflixの製品最高責任者に聞く、au提携の狙い:週刊モバイル通信 石野純也
Engadget 日本版
|
KDDIが、Netflixのベーシックプランがコミコミになった新通信プラン「auフラットプラン25 Netflixパック」を発表しました。料金は5分までの通話定額となるスーパーカケホを選んだ場合、月額7500円。固定通信のセット割引である「auスマートバリュー」や1年間限定の「スマホ応援割」を加えると、1年目の料金は月額5500円になります。▲Netflixなどがコミコミになった新プランを発...
固定通信 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ