新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
130Picks
地方銀13行で共通システム開発へ…コスト減目指し、昨秋には「勉強会」発足
読売新聞
|
西日本シティ銀行(福岡)や京都銀行など地方銀行13行が、顧客データや店舗運営を管理するシステムを共同開発することが分かった。コストを抑えて収益力を高めるのが狙いで、2024年にも運用を始める。 提携拡大するのは、西日本
3Picks
DMG森精機 ロボットシステム「MATRIS Light(マトリスライト)」を開発
製造現場ドットコム
|
DMG森精機は、自動化が必要な時に、必要な設備ですぐに使えるフレキシブルなロボットシステム「MATRIS Light(マトリスライト)」の販売を開始した。  このシステムは、手押し台車に人協働ロボットを搭載した自由に移動可能なロボットシステム。作業者1名で手押し台車を使用中の工作機械の前に配置するだけで、短時間でワークの搬入出を自動化することができる。使用しない時は移動させて、自動化が必要な...
8Picks
日本の大企業が将来価値を見抜けなかった「ペイディ」を米ペイパルが買収する狙い
ビジネスジャーナル
|
米決済サービス大手のペイパルが日本の電子決済分野のスタートアップ企業、ペイディを買収した。ペイディは個人の信用力を迅速に審査するシステムを開発し、一般的に「後払い決済(今買って後で代金を支払う決済方法、Buy Now Pay Later、BNPL)」と呼ばれる決済サービス需要を獲...
100Picks
「CASE」商機に照準、事業領域拡大狙う自動車部品各社の戦略
ニュースイッチ
|
CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)技術の進展を受け、自動車部品各社が事業領域を広げている。独シェフラーなどは自動運転技術を組み合わせた電気自動車(EV)プラットフォーム(車台)を一体開発する。台湾の鴻海精密工業はEV開発用のプラットフォームを提案。複数の部品メーカーと連携してEVの製造受託を狙う。データを活用した移動サービスなどで新規参入も見込まれており、新たな需要に対...
42Picks
オンラインセールスSaaSのベルフェイス、シリーズDで30億円を調達——コロナ禍で競合台頭、リテール金融シフトが吉
BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報
|
オンラインセールスに特化した Web のコミュニケーション・システム「bellFace」を開発するベルフェイスは21日、シリーズ D ラウンドで約30億円を資金調達したことを明らかにした。このラウンドには、シンガポール VC の Axiom Asia Private Capital、三井住友トラスト・インベストメント、第一生命のほか、既存投資家であるインキュベイトファンド(今日発表の新ファンドから
66Picks
スマホでロボットを遠隔操作し農作業に参加できるRaraaSをH2LとPwC財団が共同開発
TechCrunch Japan
|
「オーディオビジュアルに次ぐ新世代の感覚共有技術BodySharing®︎の研究開発」を進めるH2Lは、環境社会問題に取り組む団体への助成を行うPwC財団と共同で、スマートフォンで遠隔地のロボットを操作して農作業に参加できるシステムRaraaS(ララース:リモート・アグリカルチャー・ロボット・アズ・ア・サービス)を開発した。
12Picks
AIでレタスの生育を予測。長野県のレタス畑で本格運用開始
AIsmiley
|
長野県でレタスの生産・販売を行う有限会社トップリバーは日立ソリューションズ東日本と共同で「AIを活用したレタスの生育予測システム」を開発。実証結果を受けて本格運用を開始しました。
13Picks
ハエの力で実現する「究極の循環型社会」という未来 ゲスト:串間充崇(ムスカ ファウンダー/代表取締役)[音声配信]
WIRED.jp
|
イエバエの幼虫を利用して家畜のふんなどの有機廃棄物を肥料に生まれ変わらせ、その幼虫を飼料にする──。そんな循環型システムの研究開発で知られるムスカは、1週間で有機廃棄物を分解する超高効率なバイオマス・リサイクルシステムを生み出した。創業者の串間は「究極の循環型社会」をどのように思い描くのか。これまでの道のりとその先の未来について串間に訊く。
12Picks
オンボロ農機も「後付け」で自動運転化!スマート農業、頭角現す中国ベンチャー
自動運転ラボ
|
後付けで農機を自動運転化できる中国製の製品が、日本で展開されている。開発したのは、中国の農業技術スタートアップFJDynamics社。従来の農機でも同社のFJD農機自動操舵システムを取り付ければ、次世代農機として活躍する […] The post オンボロ農機も「後付け」で自動運転化!スマート農業、頭角現す中国ベンチャー first appeared on 自動運転ラボ.
59Picks
NASA、Joby製 eVTOL の飛行試験開始。新しい空の交通基準策定に向け情報収集
Engadget 日本版
|
Bradley Wentzel / Joby Aviation NASAがJoby Aviationが開発する電動垂直離着陸機(eVTOL)の飛行試験を開始しました。この試験は8月30日から9月10日にかけて行われこの試験機が安全に安定した飛行を行うかを確認し、各種データを収集します。 Jobyは2009年創業のeVTOL企業で、NASAのAdvanced Air Mobility(AAM)...
13Picks
システム担当者を6割削減 みずほ、障害多発に影響か
共同通信
|
みずほフィナンシャルグループ(FG)が、基幹システムの開発などを担当する人員を、システムの本格稼働後...
477Picks
トイレの個室に「使用時間」を表示 で、どうなったのか?
ITmedia ビジネスオンライン
|
首都圏のオフィスで、ある「実証実験」が行われた。トイレの個室に「他の個室の使用状況」と「滞在時間」を表示したところ、どういった効果があったのだろうか。システム開発を手掛けているバカン社の河野社長に話を聞いたところ。
88Picks
みずほシステム障害、経営陣「人為的な問題あった」…社員向け説明会で陳謝
読売新聞
|
みずほ銀行で今月相次いだシステム障害で、みずほの経営陣は25日、人為的な問題があったとの認識を明らかにした。同日開いたグループ社員向けの説明会でシステム担当役員が、「開発や保守・運用に改善の余地があった」と説明した。
195Picks
マネージャーが気持ちに余裕をもって部下と働き続ける方法
Diamond Online
|
日本初の保険会社として1879年に創業した東京海上グループ――東京海上日動火災保険株式会社は、その経営理念のひとつに「社員一人ひとりが創造性を発揮できる自由闊達な企業風土を築きます。」と謳っている。「People’s Business」と言われる保険サービス業だが、社員“一人ひとり”の人材が成長していくシステムはどのようなものか? 人事企画部人材開発室の桜井武寛氏と菊地謙太郎氏に話を聞いた。
15Picks
個の可能性を最大化するタレントマネジメントシステム | 人材・組織開発のコラム(特集) | リクルートマネジメントソリューションズ
人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズ
|
人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズが提供する特集、「個の可能性を最大化するタレントマネジメントシステム」です。リクルートマネジメントソリューションズは人材育成、組織開発から営...
14Picks
富士通が「巨額をかけた残念なシステム作り」から一線を引けるようになったワケ - 「アジャイル」を本気で導入するまで
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
ソフトウエア開発の分野で「アジャイル方式」と呼ばれる新しい開発手法が急速に広がっている。これまでは開発前にシステム全体の要件をきっ
20Picks
自分自身を“三つ首”に 現在・過去・未来の多頭システム MITが技術開発
ITmedia NEWS
|
自分自身の頭の左右に、未来と過去の自分の「顔」がある。阿修羅のような、キングギドラのような。
22Picks
りそな、京葉銀提携 生き残りへ地銀DX連合加速
産経ニュース
|
りそなホールディングスと京葉銀行(千葉市)は24日、デジタル分野を中心とする業務提携を発表した。京葉銀はりそなから銀行取引アプリなどの提供を受け顧客の利便性向上を図る。経営環境が厳しい地銀業界ではITで事業構造を改革するデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた〝連合〟を作り、アプリやシステムの開発を行う動きが広がっている。
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム