新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
地熱開発で注目される地熱増産システムとは?
電力中央研究所
|
地球工学研究所 海江田 秀志 2021年4月28日
84Picks
平井大臣 マイナカードで「ワクチン接種記録見られるように」
TBS NEWS
|
平井デジタル改革担当大臣は、マイナンバーカードを持っていれば、オンラインサイトを通じて新型コロナワクチンをはじめとする自分の予防接種記録が見られるようになると明らかにしました。 「(オンラインサイトの)マイナポータルから今回のコロナのワクチンのみならず、かつて打ったいろいろな予防接種のデータも見られるようにする」(平井卓也 デジタル改革相)  システム開発はすでに進んでおり、近く実現できると...
1Pick
JR東日本ビルテックと西菱電機、緊急時の情報共有を支援するシステムを開発
ZDNet Japan
|
JR東日本ビルテックと西菱電機は、緊急時の的確な情報共有を目的に、緊急連絡や報告を支援する「緊急連絡・報告システム」を開発。JR東日本ビルテックの管理施設において、同システムの試験導入を予定している。
2Picks
エクストリーム、21年3月期は営業利益49%減の7億円 受託開発とライツ事業が減収減益 『ラングリッサー』の収益低下
Social Game Info
|
エクストリーム<6033>は、5月13日、2021年3月期の連結決算を発表し、売上高62億3000万円(前の期比13.0%減)、営業利益7億0300万円(同49.0%減)、経常利益7億5000万円(同42.1%減)、最終利益4億9100万円(同49.1%減)だった。ソリューション事業が伸びたものの、受託開発とライツ事業が苦戦した。・売上高:62億3000万円(前の期比13.0%減)・営業利益...
5Picks
Proxima Technologyが単眼・ステレオカメラ対応の深層学習を用いた高精度visual SLAM技術「DVF SLAM」開発
TechCrunch Japan
|
製造業を中心に様々なAIシステム開発を手がけるProxima Technologyは5月13日、深層学習を用いた独自のvisual SLAM(visual Simultaneous Localization and Mapping)技術「DVF SLAM」(Deep Visual Fast SLAM)を提供開始したと発表した。
1Pick
30個以上の個人開発を失敗。そこから自分のサービスで生きていけるようになるまでの話。
note(ノート)
|
自分でサービスをつくって自由に生きていきたい、そう思ってフリーランスになってから10年、気がつけば受託開発に追われる日々。たしかに売上は順調に伸びていくものの、物足りない日常が過ぎ去っていく。 「...このまま受託開発をずっと続けるのか?...いや、やっぱり自分でサービスをつくって生活できるようになりたい」 心の声に従うまま、受託を完全にやめることを決意。思い切った決断でしたが、新しい仕事も...
5Picks
「LINEの個人情報保護問題」で問われるデータ保管の透明性確保 LINE WORKSは万全か?
ITmedia エンタープライズ
|
LINEのユーザー情報が中国のシステム開発委託企業で閲覧可能だった問題は、ユーザーはもちろん、SaaS提供企業の間で大きな波紋を呼んだ。サービスデータの透明性確保が重要になる中、「エンタープライズ向けLINE」とも呼べるLINE WORKSはどのような取り組みを進めているのか。提供元のワークスモバイルジャパン社長が語った。
8Picks
「自動運転×物流」のJDロジスティクス、香港で上場へ スマート物流システムを開発
自動運転ラボ
|
中国EC大手JDドットコム(京東集団)の系列企業としてスマート物流システム開発を手掛けるJDロジスティクスが、2021年5月中にも上場するようだ。同社は自動運転技術を活用した配送車両・ロボットの開発でも知られる。中国メデ […]
1Pick
アイアクト、ビジネスチャット内でシステム障害の対応ができるソリューションを開発!
AIsmiley
|
アイアクトの提供するAIチャットボット「Cogmo Attend」がアシストのサービスと連携!ビジネスチャットでシステム障害の対応を行うソリューションを開発し、企業のPoCを完了させました。
21Picks
マスク氏の「年末までに自動運転を実現」という発言は「エンジニアリングの現実とは一致しない」とテスラ社員
TechCrunch Japan
|
Teslaの社員がカリフォルニア州の規制当局に語った内容をまとめた文書によると、同社のイーロン・マスク氏が公言している完全自動運転システムの開発状況は「エンジニアリングの現実」とは一致していないという。
4Picks
中国外食チェーンの厨房を省人化、自動配膳ロボットシステムを改良
MONOist
|
パナソニックは、中国の外食チェーン海底撈との合弁会社である北京瀛海知能自動化科技が、配膳ロボット「新おかず配膳システム」を開発したと発表した。従来のRFIDによる管理システムを踏襲しつつ、生産性を改善している。
3Picks
赤ちゃんの体調不良をIoTで兆候把握、コロナ禍だからこそ保育施設でデータ活用を!
ニュースイッチ
|
グローバルブリッヂホールディングスは、乳児の体調不良の兆候をIoT(モノのインターネット)で捉えるシステムを開発した。おむつに付けたセンサーが午睡中の乳児の腹部の皮膚温度を断続的に計測。データの解析結果を、翌日以降の体調不良の可能性として保育士の端末に警告する仕組み。施設側と保護者の双方にとって早めの対処が可能になる利点がある。 同社は首都圏および関西圏で認可保育園を運営する。14日発表し、...
17Picks
三井化学が挑む化学業界の新たなAI活用法の中身
ニュースイッチ
|
三井化学は2021年度から素材の新規用途探索に人工知能(AI)を活用する。どんな物性の素材がどんな用途で使われているかをAIに学習させ、人には思い付かない用途をAIが提案する。化学業界にとって新たなAI活用方法となる。研究開発や生産技術に加え、素材の営業もAIで効率化することで全社のデジタル変革(DX)を加速する。 AIを用いた素材の新規用途探索システムには、IBMのAI「ワトソン」の機能の...
142Picks
大成建設とソフトバンクが「細胞培養」システム開発…5G活用、東京-大阪で遠隔操作も
読売新聞
|
ゼネコン大手の大成建設と携帯電話大手のソフトバンクが、遠隔操作で細胞培養を進めることができる新システムを開発した。大成建設のロボットアーム技術と、ソフトバンクが提供する高速・大容量通信規格「5G」を活用した。人手不足に
125Picks
電力会社に依存しない、「ソーラーカーポートEV充電ステーション」商用化へ
ニュースイッチ
|
ニプロン(兵庫県尼崎市、酒井節雄社長)は、太陽光発電で電気自動車(EV)や蓄電システムを充電するシステム「ソーラーカーポートEV充電ステーション」の開発を進める。同社の太陽光発電自家消費システム「PV Oasis(オアシス)」がベースで、2020年11月から本社・夢工場内で技術実証を繰り返しており、その結果を基に21年内の商品化を目指す。 PV Oasisは太陽光発電、蓄電池、充電器を直流接...
14Picks
独フォルクスワーゲン、自動運転用のチップを自社開発に切り替える計画
Engadget 日本版
|
Andrew Tarantola/Engadget 独フォルクスワーゲングループのCEOヘルベルト・ディース氏が、自動運転システム用のソフトウェアだけでなく必要なチップやハードウェアを含めてすべて独自開発する計画を発表しました。 ディース氏はドイツ紙Handelsblattに、将来の自動車の高い要求に応えるパフォーマンスを発揮するためには、ソフトウェアとハードウェアを共に開発する必要があると...
11Picks
ホンダが初「オンデマンド交通」実証、予約の時間や場所にタクシーを配車
ニュースイッチ
|
ホンダは、予約・配車システムを用いた乗り合い型のオンデマンド交通の実証実験を、宇都宮市と共同で5月13日に始める。利用者が予約した時間や場所に、タクシーなどを配車する。子会社のホンダモビリティソリューションズ(東京都港区)が開発した同システムの有効性を検証する。期間は9月17日まで。 ホンダが自治体と連携し、同システムを用いたオンデマンド交通の実証実験を実施するのは初。利用者は専用のアプリケ...
102Picks
ファーウェイの自動運転システムを体験してみた!人間の介入なしで複雑な状況に対応
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
4月中旬、ファーウェイが開発した自動運転システム「ADS」を上海の公道で体験することができた。以下はそのレポートである。高…
205Picks
日本のソフトウェア開発はなぜ世界から落伍したのか。中国人エンジニアの見方
中華IT最新事情
|
日本のソフトウェア開発はなぜ落伍したのか。中国のエンジニアの間でも話題になることが増えている。未来樹Aは、その理由をエンジニアの視点で解説をしている。委託開発が多い。システム開発の目的がイノベーションではなく、生産性の効率向上に留まっている。政府、地方自治体の案件が上位企業に集中するため、ベンチャーが育たないという理由を挙げている。 中国でも話題になっているCOCOAの件 日本でも話題になっ...
11Picks
自然と技術を融合させた「ロボ植物」が現実に? シンガポール
AFP
|
【4月25日 AFP】シンガポールの研究チームが植物と交信するハイテクシステムを開発した。
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム