新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
【誤解あるある】システム開発の品質とスピードはトレードオフなのか?
NewsPicks Brand Design
|
 システム開発をマネジメントする際に、4つ要素がある。 案件によって条件は違えども、どれも大切だが、リソースが逼迫しているとする。 であれば、そのうちどれを削り、どこを死守するべきか、あなたは答...
5Picks
MITがIoTデバイス向けのコンパクトなAIシステムを開発!
マッシュメディア
|
一般的なIoTデバイスは処理能力が低く、メモリがスマホの1000分の1未満のマイクロコントローラーで稼働している。そのため、パターン認識タスクなどをローカルで実行することがむつかしく、収集されたデータはクラウドに送信され
1Pick
省エネを考慮した開発を支援、システムレベル熱流体シミュレーションソフト
MONOist
|
サイバネットシステムは、システムレベル熱流体シミュレーションソフトウェア「Flownex」を発売した。上流段階でシステム全体の最適化を図れ、環境問題や省エネルギー対策を考慮した循環システムの開発を支援する。
3Picks
自動運転開発に有用!センサーフュージョン対応の「VR空間」登場
自動運転ラボ
|
システム開発の株式会社理経(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:猪坂哲)は2020年11月24日までに、日本ナショナルインスツルメンツ(本社:東京都港区/代表取締役:コラーナ・マンディップシング)=日本NI=が取り扱う高 […]
5Picks
サイバーダインと自律制御システム研が「夢」に繋がる計画を発表
ニュースイッチ
|
装着型ロボットスーツ「HAL」を手がけるサイバーダインと、飛行ロボット(ドローン)開発を手がける自律制御システム研究所が、それぞれ2020年4―9月期決算の発表に併せて中長期の事業方針を示した。両社ともに足元の業績は低水準だが、市場環境の一変により業績が急拡大する“夢”を秘める。両社の夢の実現度を分析した。(編集委員・嶋田歩) サイバーダイン/ロボットスーツ「HAL」 医療機器承認・一般向け...
7Picks
横断歩道をAI監視!日本無線がセンサー新技術
ニュースイッチ
|
日本無線(東京都中野区、小洗健社長)は、人工知能(AI)を用いた画像認識技術とレーダーを組み合わせた横断歩道監視センサーを開発した。「大人」や「子ども」「自転車に乗っている」など横断者ごとの属性を分類し、位置や移動速度を計測する。同センサー技術を活用した防犯対策や各種施設内の24時間監視向けの製品群を2021年から展開する。第1弾として高速道路向け逆走探知システムを製品化する予定。5年間で売...
8Picks
韓国ヒュンダイ、英イネオスと水素自動車関連のMOU締結
コリア・エレクトロニクス
|
韓国のヒュンダイ自動車(現代自動車)が水素自動車普及のための生態系を広げている。 同社は23日、英国の総合化学企業であるイネオスグループ(INEOS、以下イネオス)とグローバル水素システム拡大 のため協力する。水素生産、供給、貯蔵はもちろん、水素電気自動車の開発、燃料電池システムの活用にいたる統合水素バリューチェーンを構築し、水素関連の公共・民間分野の事業拡大を図ることにより、水素社会の実現を早め
6Picks
Lunewaveが自動運転用レーダーナビシステムの商品化へ前進、約7.3億円調達
TechCrunch Japan
|
自動運転車のための画期的なレーダー技術を開発するアリゾナのスタートアップLunewave(ルーンウェーブ)は、このシステムの商品化に向けた準備を整える中、700万ドル(約7億3000万円)の資金調達を行った。 今回の資金はProeza Ventures、Blue 9 Capital、Tsingyuan Ventures、Intact Venturesからの投資であると同社は話している。 この...
55Picks
飲食店の無断キャンセル 1位は「場所確保」、2位に急浮上したのは?
ITmedia ビジネスオンライン
|
経済産業省によると無断キャンセルによる年間損害額は2000億円。飲食店向け予約・顧客管理システムの開発・提供等を行うTableCheckが、キャンセル理由を調査したところ、コロナ禍の影響で「体調不良」が急増していることが分かった。
126Picks
米ウーバー、自動運転技術部門の売却でオーロラと協議=関係筋
Reuters
|
[13日 ロイター] - 米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは、自動運転技術の開発部門「アドバンスト・テクノロジーズ・グループ(ATG)」を自動運転のシステム開発を手掛けるオーロラに売却するため協議を行っている。関係者がロイターに明らかにした。
11Picks
ファナックがロボットの動きを簡単に設定できる機能開発、教示工数はどこまで減る?
ニュースイッチ
|
ファナックは生産現場でのロボットの動きを簡単に設定できる機能を開発した。自動化のため工作機械とロボットを組み合わせるシステム「CNC―QSSR」の機能を拡充するもので、新たにパソコン上でロボットの経路を自動生成する「QSSRオートパス」を開発した。12月末に提供を開始する。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で工場の人員低減や、IoT(モノのインターネット)を活用した自動化ニーズが増している。...
2Picks
マスク着用でも顔認証が可能な「JCV顔認証SDK」 iOS/iPadOS14をサポート
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ソフトバンクの子会社、日本コンピュータビジョン(以下、JCV)は、高精度なAI顔認証エンジンを既存のシステムやアプリケーションに実装ができるJCV顔認証ソフトウェア開発キット(SDK)を提供し、A
12Picks
PwCあらた、AIを活用した「イチゴ生産のイノベーションモデル」を受託
植物工場・農業ビジネスオンライン
|
PwCあらた有限責任監査法人は、栃木県より「AIいちご生産イノベーションモデル創出事業」を受託した。新品種「とちあいか(栃木i37号)」について、2倍の収穫量と需要期の出荷量増大を目指すシステムを向こう5年間で開発することを目標とする。
12Picks
後付け自動運転システムを開発する中国のスタートアップPony.aiが276億円の資金調達、評価額5476億円に
TechCrunch Japan
|
中国のスタートアップ、Pony.aiが自動運転車ビジネスに参入したのは比較的新しいが、2億6700万ドル(約276億円)のベンチャー資金の調達に成功して53億ドル(約5472億円)の会社評価額を達成した。 今回のラウンドはカナダの教員年金基金を運用するTIPがリードした。画期的なテクノロジーを持つ後期スタートアップの成長を助けることを主な目的としている。ラウンドには中国のFidelity C...
94Picks
ファミマ、無人決済店舗を来春開店へ 小さな商圏への出店狙う
ITmedia ビジネスオンライン
|
ファミリーマートは11月4日、無人決済店舗のシステムを開発するTOUCH TO GO(東京都・港区)と業務提携したと発表した。2021年春頃に、ファミリーマートの無人決済店舗1号店を開店する予定だ。店舗の運営コストや従業員の作業負荷の軽減と、新たな店舗形態による商圏の小さな場所への出店を狙う。
12Picks
個人農家向け栽培管理アプリ「アグリハブ」がJA全農「Z-GIS」向けサービス開始
TechCrunch Japan
|
個人農家向け農作業管理アプリ「アグリハブ」(Android版・iOS版)の開発を行うAgrihub(アグリハブ)は10月30日、全国農業協同組合連合会(JA全農)提供の営農管理システム「Z-GIS」(ゼット・ジーアイエス)へ向けたサービスを開始した。 同サービスでは、同時リリースの「アグリハブWEB版」起動用URLと圃場情報を含むExcelファイルを、アグリハブから出力しZ-GISに取り込む...
13Picks
Oculus創業者の軍事テック企業が開発中、「戦争用OS」が実現する世界
WIRED.jp
|
「Oculus Rift」の生みの親として知られるパーマー・ラッキーの軍事テック企業、アンドゥリル。米国とメキシコの国境を監視する“スマートボーダー”のシステムで知られる同社が新たに取り組んでいるのが、「戦争用OS」の開発だ。あらゆる軍事機器をネットワーク化して人工知能(AI)に情報収集や意志決定の一部を任せるというシステムは、米軍の戦い方をどう変えていくのか。
13Picks
国産手術支援ロボット「hinotori」がIoTプラットフォームと連携、AI解析が可能に
MONOist
|
オプティムは、メディカロイドの手術支援ロボットシステム「hinotori サージカルロボットシステム」の運用支援などを行うネットワークサポートシステムのプラットフォームである「Medicaroid Intelligent Network System(MINS)」を、メディカロイド、シスメックスと共同開発したと発表した。
17Picks
今求められる「テクニカルディレクターの役割」とDX成功への鍵
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
DXが急速に進む中、IoTサービスやサブスクリプションモデルといった新しい顧客接点を開発していくためには、システム・データ構築と顧客体験開発の連携が重要となります。プロモーション領域においても「...
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム