新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
バッテリー駆動のAGVから電力もらい長持ち!有線ドローンが在庫を管理する
ニュースイッチ
|
ブルーイノベーション(東京都文京区、熊田貴之社長、03・6801・8781)は、飛行ロボット(ドローン)を活用した在庫管理システムで、独ドックス・イノベーション(カッセル市)と業務提携した。同社が開発した、有線ドローンと無人搬送車(AGV)を組み合わせた完全自動棚卸しシステムを、ブルーイノベーションが日本企業の物流倉庫向けにカスタマイズし展開する。2021年度に30社以上からの受注を目指す。...
549Picks
【深層】コロナの新システム「ハーシス」が、残念すぎる
NewsPicks編集部
|
新型コロナの患者の発生状況を把握するために開発された国の新システム「HER-SYS(ハーシス)」。稼働から3カ月半以上経つ今も、解析には役立てられていません。なぜなのか。残念すぎる現状を取材しました。
5Picks
AI実用化の本道 走りながらガードレールの点検効率化 教師データは?
財経新聞
|
凸版印刷は、イクシス(川崎市)およびケー・エフ・シー(大阪市)と共同開発した人工知能(AI)を使い、ガードレール支柱の腐食を走行しながら点検できるシステムを発表した。
43Picks
災害時のツイート、AIが仕分け 自治体ごとに「孤立」「避難所」など
西日本新聞
|
緊急対応をサポート災害時に会員制交流サイト(SNS)へ次々と投稿される現地情報を、人工知能(AI)を使って仕分けできるシステムが開発された。熊本県南部を襲った7月の豪雨の投稿を実際に解析し、被災自治体ごとに「救助・孤立」などと分類、情...
15Picks
水産養殖のスタートアップは魚の自動給餌機開発にAWSをどう活用したのか
MONOist
|
AWSが2020年9月8日~30日にかけて開催中のオンラインのユーザーイベント「AWS Summit Online」で、水産養殖向けテクノロジーを開発するスタートアップのウミトロンが事例紹介講演を行った。AWSの各種サービスを活用して同社開発の自動給餌機「UMITRON CELL」に機械学習システムやIoT機能を搭載した事例を紹介する。
6Picks
パナソニック、非接触の次は密回避--密集を避けるためのシステム構築へ
CNET Japan
|
新型コロナ感染拡大を受け、注目の高まる「密回避」について、パナソニック ライフソリューションズ社は、LPS(ローカルポジショニング システム)や各種データを活用したアラート、混雑の可視化などができる「密回避ソリューション」を紹介した。
75Picks
イーロン・マスク氏が「テスラ車が搭載するHEPAフィルターを使った高性能家庭用空調システムをいつか開発する」と発言
TechCrunch Japan
|
Elon Musk(イーロン・マスク)氏は以前、Tesla(テスラ)車が誇る「生物兵器防衛モード」を自慢していたが、これは高効率HEPA空気濾過のおかげもあって、悲惨な状況に直面しても車内に高品質な空気を提供できるよう設計されている。マスク氏はTwitterで、いつか家庭用の空調システムに同様の空気濾過システムを提供したいと投稿した。 テスラは主に自動車メーカーだが、SolarCityの買収...
38Picks
スタンフォード大、霧の向こうにあるモノを見る技術を開発!
マッシュメディア
|
スタンフォード大学の研究チームは、アルゴリズムを使用して光の粒子の動きを再構築。霧越しのオブジェクトを検出するシステムを開発した。 効率的なアルゴリズムは、わずかな光子からもオブジェクトを検出できて、その形状だけで
61Picks
ソフトバンクら、景観を損なわない「“見えない”看板アンテナ」を開発--5G基地局用
CNET Japan
|
ソフトバンク、三協立山、日本アンテナの3社は9月10日、コンビニエンスストアなどの商業施設や駅、駐車場などに、容易に設置できる第5世代移動通信システム(5G)の基地局用「“見えない”看板アンテナ」を共同で開発したと発表した。
129Picks
「痛み」を感じ取れる人工皮膚の試作品が完成。より人間的なロボットの実現も可能に?
Engadget 日本版
|
RMIT University 豪メルボルンのRMIT大学の研究チームが、痛みに反応する人工皮膚を開発しました。この人工皮膚は圧力や熱、冷たさが痛みの閾値に達すると瞬時に反応を返すようにできています。 これは将来、たとえばスマート義手や義足から感覚を得られるようにしたり、よりインテリジェントなロボットのためのフィードバックシステムを開発するための重要な一歩だと、研究を率いるRMIT大学のMa...
13Picks
本社機能を仮想現実空間に移転 自動翻訳会社のロゼッタ
共同通信
|
本社機能を仮想現実空間に移転 人工知能(AI)を活用した自動翻訳システムの開発を手掛けるロゼッタ(東京)は7日、本社機能を10月1...
85Picks
AIしくじり物語 なぜ、AIは「偏見」を抱くのか
ITmedia ビジネスオンライン
|
AIを活用したい企業にとって怖いのは、従来のシステム開発や運用とは異なるリスクを抱えている点だ。大手企業であっても足をすくわれてしまうケースも珍しくない。過去の失敗例から、注意点を考えてみよう。
109Picks
ドローンが医薬品の在庫管理、迅速な対応も可能に
ニュースイッチ
|
ブルーイノベーション(東京都文京区、熊田貴之社長、03・6801・8781)はHTG(大阪市中央区)と共同で、飛行ロボット(ドローン)や無人搬送車(AGV)を活用した医薬品倉庫向け在庫管理システムの開発に乗り出す。2021年度の製品化を計画し、2022年度に医薬品メーカーの倉庫向けなど500件での導入を目指す。 同システムでは、医薬品の品番や種類を、ドローンからの撮影画像やICタグで確認。日...
11Picks
特許「センサーで屋内の高齢者の行動を監視するAI」が公開(米Totemic Labs, Inc社)
アイブン
|
関連記事: 高齢者の生活を守れるか。異常行動を検知するAI(AI×社会)【論文】 高齢者も安心できる環境を構築! アメリカのTotemic Labs, Inc.はユーザーの行動を管理するAIシステムを開発しました。 高齢化社会において、ご年配の方が増えてきており、1人で実家に過ごしているケースも多くなってきました。特に遠方に住んでいて気軽に行けない場合、ご家族の方は心配になり、見守りセンサー等を身
10Picks
離着陸まで完全自動のセスナ機、そのテスト飛行に同乗して見えてきたこと
WIRED.jp
|
離着陸も含め完全に自動運転で飛ぶ飛行機の開発が進められている。米国のスタートアップのXウィングが開発中の無人飛行システムは、いかに乗員が何もしなくて済む「退屈なフライト」を実現しようとしているのか。その試験飛行に同乗した『WIRED』US版のレポート。
12Picks
【登大遊】「みんなすぐに諦め過ぎ」約2週間で『シン・テレワークシステム』を開発した天才プログラマーの“粘り力” - エンジニアtype
エンジニアtype - 技術者のキャリアを考えるWebマガジン
|
無償かつユーザー登録不要で利用できるシンクライアント型VPN『シン・テレワークシステム』をわずか2週間でリリースした天才プログラマー・登大遊さん。自分の思い通りに開発を進めるための“粘り力”についてお話を伺った。
10Picks
字幕に感情が乗る!番組の臨場感伝えるAIシステムが面白い
ニュースイッチ
|
大日本印刷とNHKテクノロジーズ(東京都渋谷区)は24日、発言内容や感情に合う字体で字幕を自動生成する「感情表現字幕システム」の試作品を開発したと発表した。人工知能(AI)が録画や生放送の音声と映像を解析して、発話者の感情に最適な字体を12種類から選んで字幕を自動生成する。2021年度に放送会社や制作会社への提供を目指す。 制作側の負荷を高めることなく、字幕が必要な人や音を出すことができない...
10Picks
DNPとNHK、AIを活用し臨場感がより伝わる「感情表現字幕システム」を開発
CNET Japan
|
大日本印刷(DNP)とNHKテクノロジーズは8月24日、映像と音声をAI(人工知能)で解析し、内容や感情に合わせた最適なイメージのフォントで字幕を表示する「感情表現字幕システム」のプロトタイプを、共同で開発したと発表した。録画やライブ(生放送)の音声を解析し、リアルタイムで字幕を自動的に付与するというもの。
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム